1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【社員紹介】より幅広いソリューションへ! 上流から施策を考える仕事へのキャリアアップ

ヴァリューズのデータプロモーション局では、積極的に採用活動を行っています。
現在どのような人が働いているかについて、紹介していきます。

今回は、提案・運用・マネジメントひいては新人教育までこなし、アシスタントマネージャーとしてご活躍されている利根川さんにお話を伺いました。


自己紹介と現在の職務内容を教えてください。

ー利根川:データプロモーション局でお客様のプロモーションのコンサルティングをしており、提案・ヒアリング・運用まで幅広く対応しています。

また、自分のチームを持っているので、社員教育や研修も担当したり、他部署に対してのデータプロモーション局のナレッジ展開も行っています。


コンサルティング会社を選んだのは、よりマーケティングの上流に関わりたかったから

会社内でのミーティング、みんなからは”とねさん”と親しまれています。


前職は広告代理店とのことですが、なぜコンサルティング会社へ転職を決めたのでしょうか?

ー利根川:まず、キャリアアップをしたかったことが大きいですね。

前職は広告代理店で運用やマーケティングに携わっていましたが、どうしても広告代理店という立ち位置からの参画になってしまうので、広告以外の提案ができない部分にもどかしさを感じていました。

あとは、自分のスキルアップの視点から、お客さんにもっと大きな価値を提供できるように、広告以外の様々な手法の提案ができるようになりたかったです。

そのため、マーケティングの上流工程に携われるように、マーケティングのコンサルティング会社へ転職することを決めました。


マーケティングコンサルティングの会社は複数あると思いますが、なぜヴァリューズを選んだのでしょうか?

ー利根川:決め手は独自の消費者行動ログデータを保有していることですね。

代理店時代も様々なデータ周りのツールを使用していましたが、使用回数や期間などに制約があって、正直なところあまり使いこなせていませんでした。なので、手元に大量のデータがある環境で仕事ができることが大きな魅力でした。


クライアントに提供できる価値という観点では、代理店とヴァリューズに違いを感じていますか?

ー利根川:会社の中にデータを使って課題解決をする部署があるので、広告だけでなく、他の手法も柔軟に取り入れた提案ができるようになったことですね。

一つの会社の中にいくつもの手法があるということが非常に大きいと思っています。たとえば、アンケートや分析ツールの提供も、他社と共同でやるとなるとどうしても意思疎通に時間がかかりますし、利害も生まれてきます。

最初から前提条件を共有して、全員で目線をそろえて提案に臨めることはお客さんに価値を提供するという点で非常に有効だと感じています。


ソリューションの広さでお客さんに「やってもらって良かった」と言ってもらう機会がより増えた。

チームのメンバーとも楽しくおしゃべり。メンバーも気軽にとねさんに相談できます。


仕事をしていてモチベーションが上がるときはどんな時でしょうか?

クライアントさんから、やってもらってよかったと言って貰えたときはモチベーションが上がりますね。この気持ちは前職時代から変わらず持ち続けている気持ちです。

転職をして、モチベーションが上がる機会がより一層増えたと思います。

提供できるソリューションが増えたので、無理やり広告に繋げるのではなく、本当にクライアントの役に立つにはという視点で仕事ができています。


他にモチベーションが上がる機会はありますか?

自分のチームを持つようになってからは、チームメンバーの成長を感じる瞬間に仕事をしていてよかったなと感じます。自分のチームのメンバーが自分で考えて、自走できているところを見ると、そういった環境を維持できるように頑張ろうと思いますね。


また、レベルが高い人と働けているというところもモチベーションの源泉になりますね。

ヴァリューズにいる人には、思考力というか、考える力が強い人が多いなと思っています。

そのせいか、自分の業務に留まらず、目の前の案件に対して横断的に活発に議論が起きています。現状少数精鋭でやっているからなのか、メンバー同士の距離が近くなって、熱量も大きくなっているのではないでしょうか。

そういったレベルの高い人達の中で、とても楽しく働けています。



社内にあるバーでは、社員同士でリラックスしています。お客さんと飲むこともしばしば


今後の目標などはありますか?

ー利根川:個人の面とマネジメントの面で2つ目標があります。

個人のスキルとしては、ヴァリューズやお客さんのデータをどう活かすかを考えられるようになりたいと思っています。そのためにも、まずはプロモーションの分野でヴァリューズのデータを活かしたプロダクトを作ったり、データに基づいた新たな解決手法を考案していきたいです。

もう一つの目標はマネジメントの分野です。現在は採用や教育・研修を行っているので、これらを通じて強いチームを作っていくことが今の目標です。


一緒に働くとしたらどんな人がいいですか?

ー利根川:主体者意識が強い人と一緒に働きたいです。言われたからではなく、自分がやりたいから仕事をしていて、かつ、そのための推進力を持っている人と一緒に働きたいと思います。

誰かがやりたいことがあれば、互いに協力する環境もヴァリューズは整っています!

マーケティングの上流から関われるヴァリューズで、一緒に働いてみたい方はぜひお話しましょう!

株式会社ヴァリューズ's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more