1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

50人を超えるスタートアップの組織化の進め方。OKR運用法ー第2回バカン合宿レポート その3

バカン合宿レポート その3では、「OKR」についてお伝えします。今後、サービス領域の拡大や地域事業展開が加速していく中で、メンバー全員が同じベクトルに向かっていくために、合宿では部門ごとの「OKR」をじっくり議論しました。

この記事は、第2回バカン合宿レポートその3です。バカン合宿の全記事は以下の目次からお読みいただけます。(ご興味ある記事だけお読みいただくだけでもお役立ていただけるよう記事を書いています。)

バカン合宿の記事は

<第1回バカン 合宿>

バカン合宿で、徹底して取り組んだ3つのこと【その1】急成長期に差しかかっている私たちが投資家さんに褒めていただけた理由とは

バカン合宿で、徹底して取り組んだ3つのこと【その2】スタートアップの合宿を成功させるために必要な準備

バカン合宿で、徹底して取り組んだ3つのこと【その3】バカン社員全員が参加する「カスタマーサクセス」とは



<第2回バカン 合宿>

50名を越えても「バカンの良さは圧倒的な心理的安全性」と新メンバーから言われる理由ー第2回バカン合宿レポート 【その1】


第4期目バカン 急成長期に差し掛かったスタートアップ、メンバー全員で真剣討論!事業を指数関数的に成長させるためにどちらの方向に舵を切るのかー第2回バカン合宿レポート【その2】


50人を超えるスタートアップの組織化の進め方。OKR運用法ー第2回バカン合宿レポート【その3】⇦この記事はここです!

そもそもOKRとは、目標の設定・管理方法の一つで、Objective and Key Results(目的と主要な結果)の略称で、GoogleやFacebook、日本のスタートアップや大手企業でも取り入れられている手法です。

(図は https://www.kaonavi.jp/dictionary/okr/より引用させていただきました)

特徴は、高い頻度のコミュニケーション(設定、追跡、再評価)。また、ゴールは全ての従業員が同じ方向を向き、明確な優先順位を持ち、一定のペースで計画を進行すること。バカンでもこれらを念頭に置きながら、全社一丸となって高い目標の達成とMISSIONの実現を目指すために、各チームやメンバーとの連携を見える化し、現時点におけるセクションごとのOKRについて考えました。

まず各セクションごとに会社全体のベクトルに沿った自分たちの目標を徹底的に議論したあと、それを全体に向けてアウトプットしました。

ただ目標を掲げるだけではなく、達成度がどれくらい見込めるのか、その達成度にした理由は何か(達成を妨げる要因は何か)、そしてその要因に対する対応策まで書き出しました。

代表取締役の河野剛進は、このワークを始めるにあたり以下の点を強調していました。

「『目標(O)を達成できたか否か』を評価の対象にすると、達成できそうな低い目標を掲げるという方向に進んでいきがちになる。OKRでは目標の6-7割くらいが達成できそうかな?という高い目標を掲げる。そして、その高い目標を達成するために何をどのように進めていくか決定し行動する。そうしているうちに、無理だと思っていた目標をクリアしていけるようになる。目標を達成することだけに固執せず、高い目標をクリアしていくための手法がOKRです」

OKRのワークを通して、インターン生として感じたのは、私がやっている業務もちゃんと会社につながっているんだということでした。樹形図のように、自分たちの業務から辿っていくと最終的に会社全体のObjectiveにつながっていることが可視化できるので、これからのモチベーションになりました。

他にも、「バカンの場合はみんなのやりたい事がもともと同じベクトルに向いている組織だと思うので、あとは認識合わせと具体化・言語化のいい議論になったと思う。インターンとしては、社員の皆さんがどういう事をやりたいのか、ワクワクするのかを知るいい機会になった。」という、バカンメンバーが抱いている展望を具体的に聞くことができた貴重な時間だったという感想もありました。

人数が増えてきたエンジニアチームを率いるTECH LEADの田巻は

「合宿でOKRをエンジニアみんなで話せたのはとても良い機会だった。ずっと、『やらなくちゃ』と先延ばしにしてきたような業務について、具体的にいつまでに何をどのように進めるかを全員で時間をかけて議論し、共有できた。」

と合宿の意義を感じていました。


また、前職でOKRを組織運用に取り入れた経験をもつメンバーは

「バカンのメンバーは全員、頭がキレる人たちばかり。前職でOKRを取り入れようとして話し合ったことがある。でも、Objective もKey Resultsもはっきりと決めることができずに頓挫してしまった。全員が自分の意見を明文化できてディスカッションができるというのはすごい組織だと思った。」

と感想を述べていました。

OKRのディスカッションでグループのリーダーを務めた高田は議論の運用のコツを次のように評価していました。

「OKRのディスカッションは、グループ内の役割をローテーションするのが一つのコツだったと思う。インターン生もベテラン社員も関係なく、ファシリテーターや書記、発表者を順番に担当した。この運用のおかげで、全員がディスカッションに主体的に関わることになり、自分の意見をしっかり考えて、発表できるようになったと思う。」

実は、OKRを合宿で議論するために合宿実行委員長の本田はある工夫をしています。

「OKRの運用は難しいです。ですから、ディスカッションのチームリーダーになってもらう人には、事前にOKRについての理解を深めるためのミーティングを行いました。そして、トライアルとして導入するにあたり『OKRを現段階では評価に使わない』としました」

さらに、合宿所に向かう電車で、全員がOKRに関する資料に目を通していました。事前にOKRとは何かを全員がなんとなく知っていたのも議論がしっかりと成り立った要因の一つだったはずです。

全員が読んでいた資料は以下リンクからお読みいただけます。






合宿後、これらの議論を踏まえ、バカンでは各チームで重点的に取り組むOを3つとそれぞれのKRを決め、毎週そのOKRの達成度をチェック、PDCAを継続的に回し続ける取り組みをしています。


ここまでで合宿1日目終了です。とても頭を駆使した1日でしたが、バカンのつくる『優しい世界』が実現する未来もそう遠くないことを感じさせる1日目でした。次回のレポートでは2日目の様子についてお伝えします!

株式会社バカン(Vacan, Inc.)は、AIやIoTを活用し、レストランやカフェ・トイレなどあらゆる空席情報を提供するサービスを展開し、「いま 空いているか1秒でわかる、優しい世界。」を目指しています。センサーやカメラで混雑状況を自動検知し、デジタルサイネージやスマートフォンにリアルタイムに表示します。

バカンは、「いま 空いているか1秒でわかる、働きやすいオフィス」のためのサービスもご提案しています。数名規模の小さなオフィスからオフィスビルまで。オフィスの「今まで、当たり前と思っていたけど、実はとても効率が悪い」という「オフィスのお困りごと」をバカン のテクノロジーで効率化してみませんか?


オフィス向けバカン サービスの詳細は、こちらからご覧いただけます。



バカン広報室では、インターンライター募集中です。ぜひ一緒にライターしてみませんか?

ご興味お持ちの方は、↓のリンク先から「話を聞きに行きたい」ボタンを押して、気軽にオフィスに遊びにいらしてみてください。

インターン
世の中にワクワクするサービスを!広報・ライターとして一緒に働きませんか?
バカンは、IoT × AIの力であらゆる場所のリアルタイムの空き情報を検知し、 「いま空いているか1秒でわかる」世界の実現を目指す、ITスタートアップです。 2019年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に、2020年2月にはEY新日本有限責任監査法人(以下、EY)が企画するEY Innovative Startup 2020に選ばれました。そのほかにも累計で役に10億円の資金調達をしており、数多くのアクセラレータープログラムでも採択されるなど、今、加速的に急成長を遂げているスタートアップです。 施設の混雑状況をリアルタイムに可視化することで、新たな時代において求められる安心かつ快適な環境の実現を目指します!! ▼海外に進出中! 混雑のない世界を望む気持ちは世界共通です。そこで私たちは、国内のみならず世界への進出も積極的に目指しています。皮切りとして2019年4月に、バカン初の海外支社を上海に設立。中国でも事業を開始しました。世界をステージに躍進を続けるスタートアップで、あなたも一緒に働きませんか。 中国現地法人 空探科技(上海)有限公司 https://kongtantech.cn/ ▼主なサービス VACAN Maps https://vacan.com/ 飲食店や小売店、公共施設などありとあらゆる場所のリアルタイムの空き・混雑情報を地図上に一覧表示。スマホやPCからアクセスすれば、お目当ての施設が「いま空いているか1秒でわかる」サービスです。 VACAN AIS(アイズ) https://corp.vacan.com/service/vacan.html レストランなどの空席情報を自動で検知し、サイネージや特設webページなどに表示します。 VACAN Throne(スローン) https://corp.vacan.com/service/throne.html トイレ個室の空室状況をセンサーで検知し、デジタルサイネージやスマホから確認ができます。 VACAN AirKnock(エアーノック) https://corp.vacan.com/service/airknock.html トイレの各個室に混雑状況を表示するタブレットを設置し、長時間利用者に退出を促します。 VACAN Noline(ノーライン) 店頭やweb上からお客様のスマホに整理券を発行し、並ばずに待ち時間を過ごしていただけます。 ▼導入事例 人気ラーメン店「麺屋武蔵」全店舗https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000018933.html 西武ライオンズの本拠地「メットライフドーム」 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000018933.html 石川県加賀市の公共施設 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000018933.html 宮崎県日南市との防災協定 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000018933.html
株式会社バカン


株式会社バカン(Vacan, Inc.)
飯田真由

株式会社バカン's job postings
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more