This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

”ウリドキニュース”が目指す買取メディアとは?


みなさんこんにちは!ウリドキネット広報の皆川です。

今日まで、WEBではたくさんのジャンルによるニュースメディアが数多く存在し、多くの情報が流れています。その情報の中には大きなメディアに取り上げられたり、SNSで拡散されたりすることによって、ユーザーだけではなく、社会全体にも大きな影響を与えています。

今回は、ウリドキが運営する買取に特化したニュースメディア「ウリドキニュース」が、なぜ買取に特化しているメディアなのかについてご紹介します。

買取をきっかけに普段知り得ない情報をお届けする

現在モノは処分する時代ではなく、リユース(再使用)することが年々増加しています。

しかし、日常的に利用している人は、まだ日本全体でも約4割ほどしかおらず、約6割の方が利用していない状況になっています。

実際にリユースって手間がかかるし、やってもあまり得にはならないと思っている方も多いと思います。

ところが、世の中にはあなたが思っている以上に今持っているものが高価で取引されたりしています。

ウリドキニュースでは「実際にどれくらいで取引されているか?」「こんなものがこんな価格で!?」「こんなに簡単にできるんだ!」など、意外に知らない情報を発信しています。

ユーザーに対して何を提供できるか

当たり前かもしれませんが、コンテンツチームが第一に考えることは、”ユーザーに対してどんなコンテンツが一番知りたいか”を考えることです。

しかし、「買取」という言葉をみなさんは現在、日常で使用していますか?

買うことに対しては、新しい洋服を着たいから買う、携帯が壊れたから新しい機種を買う、子供ができてベッドが必要になったから家具屋で買うなど、様々なシチュエーションで「買う」行為は行われていますが、使わなくなったモノ、新しく買い替えたときの古いモノを「買取ってもらう」ことは、日常生活ではまだまだ根付いていません。

日本には、使っていない眠ったままのモノが16兆円以上あると言われています。

現在では、リユース市場は年間2兆円に成長しており、今後も大きく注目されている業界になってきています。

まだ、リユースをしたことがない、買取に対して不安を抱えている方たちに「ウリドキニュース」を読んで、「買取」のイメージを変えることが私たちのミッションです。

日用品から趣味のモノまで、いろんなカテゴリに対応している

リユースできるモノはゲーム、本、洋服、化粧品、家電製品など普段生活しているうえで、触れるモノほとんどに該当しています。

いつも使っているモノが、もし今売ったとしたらいくらになるのか純粋に知りたくないですか?

また、「そういえば家に使わなくなった〇〇ずっと置いてたな」のような身に覚えはありませんか?

もしかしたら、何気なく買ったゲームや本などが、今はとんでもない金額で取引されているかもしれません。

下記の表でも分かるように、現在の日本で自宅に保管されているモノは約半分を占めていることになります。

近年では「メルカリ」のようなCtoCサービスの普及が進み、ユーザー同士でモノを流通させることが増えてきました。しかし、流通している多くのものが低単価のモノになっており、ブランド品や電化製品など、高単価のモノはまだまだ動いていないのが現状です。

個人の取引だと、保証や信頼がない中で取引を行ってしまいますが、モノの価値をしっかりと見分けるプロの査定士が扱うことで、ユーザーに安心・信頼をしてもらう環境があり、査定士にとっても多くの商品を扱えるので、両者に対してのメリットが生まれます。

モノが当たり前に循環していくプラットフォームをウリドキは作っていき、皆さんの生活がより快適になるように実現します。

※参照元「平成28年環境省より」

https://www.env.go.jp/recycle/circul/reuse/confs/workshop_27-19/mat05.pdf

リユースを生活の一部に

リユースって身近なもので、今自分が持っているモノのほとんどは売ることができるんですよね。

でも、ちょっと面倒だったり、あんまりお金にならないんじゃないかと思ったりする人が多いんじゃないかと思います。(実際に自分もやっていませんでした。笑)

ウリドキニュースは買取のコツやモノの相場、時期、新情報など、いろんな情報を配信しているので、是非一度見てくださいね。



私達とITでリユース業界を変えませんか?

現在、ウリドキネットでは一緒に働く仲間を募集しています。


デジタルマーケティング
リユース×ITの急成長スタートアップで経験を積みたいWEBマーケター募集!
株式会社ウリドキネットは、『世界を変えるCtoBプラットフォームをつくる。』というミッションのもと、 ・複数のプロの査定士に査定依頼を出して価格を比較して買取申込のできる買取プラットフォーム「uridoki」 ・買取に関心あるユーザーに買取業者や買取のコツをご紹介するメディア事業「uridoki plus」 の2つの事業を展開しているベンチャー企業です。 amazon・楽天はBtoCの領域に、 ヤフオク・メルカリはCtoCの領域にイノベーションを起こしたように我々は買取というCtoBの領域にイノベーションを起こします。 本来モノを査定し、買取るという行為は専門家であるプロの行う行為です。 弊社は、査定のプロである専門家が力を発揮できる売却インフラを構築し、「モノを売りたい人々には安心を。プロからは信頼を」を実現することで、誰でも安心して取引ができる世の中を構築します。
株式会社ウリドキネット


ライター・編集・ディレクター
リユース×ITのベンチャーでメディア編集に携わりたいSEOディレクター募集
株式会社ウリドキネットは、『世界を変えるCtoBプラットフォームをつくる。』というミッションのもと、 ・複数のプロの査定士に査定依頼を出して価格を比較して買取申込のできる買取プラットフォーム「uridoki」 ・買取に関心あるユーザーに買取業者や買取のコツをご紹介するメディア事業「uridoki plus」 の2つの事業を展開しているベンチャー企業です。 amazon・楽天はBtoCの領域に、 ヤフオク・メルカリはCtoCの領域にイノベーションを起こしたように我々は買取というCtoBの領域にイノベーションを起こします。 本来モノを査定し、買取るという行為は専門家であるプロの行う行為です。 弊社は、査定のプロである専門家が力を発揮できる売却インフラを構築し、「モノを売りたい人々には安心を。プロからは信頼を」を実現することで、誰でも安心して取引ができる世の中を構築します。
株式会社ウリドキネット


メディア編集長
世界を変えるC2Bプラットフォームのグロースを担うメディア編集長募集!
株式会社ウリドキネットは、『世界を変えるCtoBプラットフォームをつくる。』というミッションのもと、 ・複数のプロの査定士に査定依頼を出して価格を比較して買取申込のできる買取プラットフォーム「uridoki」 ・買取に関心あるユーザーに買取業者や買取のコツをご紹介するメディア事業「uridoki plus」 の2つの事業を展開しているベンチャー企業です。 amazon・楽天はBtoCの領域に、 ヤフオク・メルカリはCtoCの領域にイノベーションを起こしたように我々は買取というCtoBの領域にイノベーションを起こします。 本来モノを査定し、買取るという行為は専門家であるプロの行う行為です。 弊社は、査定のプロである専門家が力を発揮できる売却インフラを構築し、「モノを売りたい人々には安心を。プロからは信頼を」を実現することで、誰でも安心して取引ができる世の中を構築します。
株式会社ウリドキネット


CTO
リユース×ITのベンチャーで技術全般を担う最高技術責任者CTO募集!
株式会社ウリドキネットは、『世界を変えるCtoBプラットフォームをつくる。』というミッションのもと、 ・複数のプロの査定士に査定依頼を出して価格を比較して買取申込のできる買取プラットフォーム「uridoki」 ・買取に関心あるユーザーに買取業者や買取のコツをご紹介するメディア事業「uridoki plus」 の2つの事業を展開しているベンチャー企業です。 amazon・楽天はBtoCの領域に、 ヤフオク・メルカリはCtoCの領域にイノベーションを起こしたように我々は買取というCtoBの領域にイノベーションを起こします。 本来モノを査定し、買取るという行為は専門家であるプロの行う行為です。 弊社は、査定のプロである専門家が力を発揮できる売却インフラを構築し、「モノを売りたい人々には安心を。プロからは信頼を」を実現することで、誰でも安心して取引ができる世の中を構築します。
株式会社ウリドキネット


シニアエンジニア
新規C2Bサービスの開発に0から関われる、Railsエンジニア募集!
株式会社ウリドキネットは、『世界を変えるCtoBプラットフォームをつくる。』というミッションのもと、 ・複数のプロの査定士に査定依頼を出して価格を比較して買取申込のできる買取プラットフォーム「uridoki」 ・買取に関心あるユーザーに買取業者や買取のコツをご紹介するメディア事業「uridoki plus」 の2つの事業を展開しているベンチャー企業です。 amazon・楽天はBtoCの領域に、 ヤフオク・メルカリはCtoCの領域にイノベーションを起こしたように我々は買取というCtoBの領域にイノベーションを起こします。 本来モノを査定し、買取るという行為は専門家であるプロの行う行為です。 弊社は、査定のプロである専門家が力を発揮できる売却インフラを構築し、「モノを売りたい人々には安心を。プロからは信頼を」を実現することで、誰でも安心して取引ができる世の中を構築します。
株式会社ウリドキネット


UI/UX designer
世界を変えるC2Bプラットフォームを作る!WEBデザイナー募集!
株式会社ウリドキネットは、『世界を変えるCtoBプラットフォームをつくる。』というミッションのもと、 ・複数のプロの査定士に査定依頼を出して価格を比較して買取申込のできる買取プラットフォーム「uridoki」 ・買取に関心あるユーザーに買取業者や買取のコツをご紹介するメディア事業「uridoki plus」 の2つの事業を展開しているベンチャー企業です。 amazon・楽天はBtoCの領域に、 ヤフオク・メルカリはCtoCの領域にイノベーションを起こしたように我々は買取というCtoBの領域にイノベーションを起こします。 本来モノを査定し、買取るという行為は専門家であるプロの行う行為です。 弊社は、査定のプロである専門家が力を発揮できる売却インフラを構築し、「モノを売りたい人々には安心を。プロからは信頼を」を実現することで、誰でも安心して取引ができる世の中を構築します。
株式会社ウリドキネット



カスタマーサポート
新規事業のサービス成長を支えるカスタマーサポートを募集!
株式会社ウリドキネットは、『世界を変えるCtoBプラットフォームをつくる。』というミッションのもと、 ・複数のプロの査定士に査定依頼を出して価格を比較して買取申込のできる買取プラットフォーム「uridoki」 ・買取に関心あるユーザーに買取業者や買取のコツをご紹介するメディア事業「uridoki plus」 の2つの事業を展開しているベンチャー企業です。 amazon・楽天はBtoCの領域に、 ヤフオク・メルカリはCtoCの領域にイノベーションを起こしたように我々は買取というCtoBの領域にイノベーションを起こします。 本来モノを査定し、買取るという行為は専門家であるプロの行う行為です。 弊社は、査定のプロである専門家が力を発揮できる売却インフラを構築し、「モノを売りたい人々には安心を。プロからは信頼を」を実現することで、誰でも安心して取引ができる世の中を構築します。
株式会社ウリドキネット
株式会社ウリドキネット's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more