1
/
5

What we do

代表取締役 朱 自鵬
NEXT五年の目標を全社で共有しています。
私たちトリオシステムズ株式会社は、日本国内の様々のITシステムの設計・開発・テストをメインに手がけ、また日本/中国間のビジネスの架け橋となり、お客様に柔軟なITソリューションを提供するのを目指している組織です。 創立してから7年目になりますが、日本に子会社2社、中国に子会社1社のグループ組織を構築できました。 今まで蓄積してきた知識・技術に加え、エンジニアひとりひとりが持つ技術力と提案力をもとに、グループ全体でさらなる高度なITソリューション提供に挑戦していきます。 現在、取引先は大手SI企業様を中心に、様々なプロジェクトに参画し、開発を行います。 また、当社の子会社と共同でSaleforceのコンサルティング・開発分野にも参入しています。 エンジニアとして日本のIT業界で成長しながら、中国人エンジニアとの交流や中国文化に触れることも仕事の醍醐味のひとつです。

Why we do

IT技術は日々進化し、情報システムの複雑度と規模も絶えなく増加し、人々との繋がりはますます深くなってきております。 その中で、小さなIT企業が「モノづくり」を語るのは、決して容易ではありません。 また、多くのイノベーション企業の歴史を見ても、例外なく多難な道を歩むことを通り避けません。 ただし、明確なビジョンを持ち、集団の知恵を活かした上、努力し続ければ、「モノづくり」は必ずできると、私達は信じています。 そして、私達は以下の計画をもとに、社会に貢献し続けるイノベーション企業を目指して、日々努力して参ります。 STEP1:多くのITソリューション提供に参画し、強いチームワークと確かな技術力を磨く。 STEP2:トップレベルのITソリューションに挑み続け、総合的なソリューション力を持つ企業に成長する。 STEP3:お客さまに新たな価値を提供できるITイノベーションを創出する。

How we do

最新技術を社外研修よりどんどん取り入れます。
社員の成長のために、現在の能力に応じて、要求が能力より+1の仕事を任せます。 経験が浅い方はPG/SEから始めて、要件定義・基本設計へのスキルアップを目指してもらいます。 経験豊富な方には、早い段階でクライアント向けの提案やプレゼンなどの上流工程にも携わってもらいます。 最新技術への取り組みや、教育には力を入れており、2017年から、長期的かつ常に見直しを行う社内研修「ダッシュ計画」を実施しています。 帰社日・部門内懇親会・リーダー会議・幹部交流会など、多様な形式で定期的に意見交換の場を設け、社員間のコミュニケーションを大切にしています。 また、社員のご家族も加える社員旅行やBBQなどのレクレーションも盛りだくさんです。 その為、仕事上でも壁がなく上司にも色々相談しやすい会社環境であり、社員同士で互いに切磋琢磨して成長していけます。