This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

「熱狂ブランドマーケティング」とは、ブランドに対する熱狂的ファンの「愛」で、ブランドの持続的な競争優位を獲得するマーケティングです。
企業やブランド、生活者がワクワクする未来の実現を目指してプロダクトを開発・提供しています。2015 年にはベトナムに開発拠点を設立するなど、テクノロジー面からも強力なバックアップを行います。
トライバルメディアハウス(以下、トライバル)は「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来を創る。」をミッションに掲げ、事業会社のマーケティング支援から自社プロダクトの企画・開発まで幅広く手がけるマーケティング会社です。 2007年の設立以来、TwitterやInstagram、Facebookなどのソーシャルメディアを活用したマーケティングに強みを持ち、多くの事業会社のマーケティング活動を支援してきました。 また、2015年からはソーシャルメディアマーケティングの先の新たなマーケティングとして、顧客から愛されるブランドづくりを目指すマーケティング手法「熱狂ブランドマーケティング」を推進しています。 ▼熱狂ブランドマーケティング公式ページ https://nekkyo.tribalmedia.co.jp/

Why we do

トライバルの企業ロゴの元となるアルファベットは、たったの26個でも、その組み合わせによる言葉の数は50万語以上。私たちは無限の組み合わせの中から最適なアイデアを見出します。
自律しながら楽しく働く。 そんなトライバルメディアハウスらしさをつくる制度や取り組みがあります。
ソーシャルメディアの本格的普及によって「ソーシャルエコノミー」の時代を迎えようとしています。「ソーシャルエコノミー」とは、営利組織においても社会貢献性が求められるなかで、社会・企業といった区分を超えて一体となる経済活動を指しています。その経済活動においては、“個人”が主役で、一人ひとりが自由で多様な生き方ができるようになることが考えられます。 そうした時代の到来を見据え、トライバルは新しい事業の推進を目指し、社会に価値を提供していきます。 ※ここで述べている「ソーシャルエコノミー」は、社会問題解決のために非営利で行われる活動とは異なるものです。

How we do

トライバルの代表である池田紀行は、国内外のマーケティングをリードする一人です。様々な企業、業界団体、フォーラムにおいての講演回数は70回以上、延べ2万人のマーケター育成に貢献してきました。
2019年3月で設立12年目を迎えました。設立記念日には、毎年スタッフ全員でお祝いをします。
トライバルは、以下の3つを軸に事業の推進を目指しています。 ・“個”が輝くステージの創造 ・22世紀に向けた「生きがい」「やりがい」「働きがい」の創出 ・自由で多様性が尊重される社会 詳しくは、以下ブログ記事をご覧ください。 ▼ミッションドリブンで成長し続けるために、トライバルは新しいミッションを掲げました。 https://www.wantedly.com/companies/tmh/post_articles/170993