1
/
5

What we do

家事代行のマッチングサービスを運営。家事を仕事にしたい人、家事を依頼したい人の出会いの場を提供
多様性豊かで経験豊富なハウスキーパー(=タスカジさん)と、家事を依頼したい人の出会いの場を提供するシェアリングエコノミー型のCtoCマッチングプラットフォーム「タスカジ」の開発・運営を行っています。 サービスを通して、核家族から拡大家族へ、新しい家族の形を再定義することに取り組んでいます。 【私たちのビジョン】 自由な選択で、自分らしく生きることができる世界をつくる。 タスカジは、家事代行マッチングプラットフォームを提供する会社です。 2014年7月のサービスイン以降、8万人もの方に家事代行をご利用いただき、登録するハウスキーパー(タスカジさん)は2,500名を超えました。(2020年12月現在) タスカジというサービスを通して、依頼者様とタスカジさんとの出会いの場をご提供し、依頼者様には「あなたに”ぴったり”の家事パートナーとの出会い」を、タスカジさんには「主夫婦や子育て介護など主となる役割を持ちながらも”経済的自立”を可能とする方法」をご提供します。 そして、家事のサポートを受けるというあたらしい家事文化をつくることを通して時間や思い込みなど様々な制約からの解放を実現し、誰もが自由な選択で、自分らしく生きることができる世界をつくります。 |ビジョン| 自由な選択で、自分らしく生きることができる世界をめざす。 |ミッション| あたらしい家事文化をつくる  〜制約からの解放をめざして〜 ・「核家族から拡大家族へ」家族の形を再定義する。 ・「家事の知見」を社会へ還元する。 【タスカジの大切にする価値観】 私たちは『自由である事』を大切に考えています。 生きていく中で、知らないうちに周囲に存在するものが「既成概念」と言う名の制約です。 タスカジは、こうした制約を自ら取り払う事で成長をすると信じており、制約を取り払うために「自由である事」を最重視しています。 ■自由を得る方法として次の4つを考えています ①世の中へ「貢献」する気持ち ②常に「成長」に貪欲であること 成長とは、新しいスキルや知識を身につけることである。 昨日の自分より一つでも何か新しい進化を遂げていること。 それは決して苦しい事ではなく楽しいこと。 新しいスキルや経験を積むと今までできなかったまたはわからなかったために見えなかった世界が見え(制約が外れ)、自由を得ることにつなります。 ③「独創」的であると言う姿勢を忘れない 独創とは創意工夫や知恵による違いを生むことである。 違いを生むことは制約を外すための手段として有効となる。 ゼロから何かを生むとという独創だけでなく、既に世に存在していることであっても本人にとって今までにないもの・ことに直面した時にどのように切り抜けるか、現状を変えるべき試みをしているかと言う姿勢をタスカジは重視する。 ④「経済性」とのバランスを考える

Why we do

核家族から拡大家族へ。社会課題をITと仕組みで解決に取り組みます
【立ち上げの想い】 タスカジは、フルタイム勤務のワーママが、2014年に立ち上げました。 近年、共働きというライフスタイルが増えている一方で、家事の担い手不足の問題は、各家庭内の中だけで解決策を模索してきました。 その結果、女性に多くのしわ寄せが行き、キャリアアップを目指したり、精神的に余裕のある生活や自分の時間を持つことを望むことが、この上ない贅沢になっているのが現状です。 そんな女性のワーク・ライフバランスを実現するためにも、これからの日本には「家事シェア」が必要です。夫との「家事シェア」もありますし、アウトソースによる「家事シェア」もあると思います。 これまでの日本は、一般家庭が気軽に家事をアウトソース出来るような環境ではありませんでした。海外のように、もっと低価格でありながら質が高いハウスキーパーを安心して利用できるような仕組みを作りたい。そんな想いを胸に「タスカジ」を立ち上げました。 【核家族から、拡大家族へ】 「誰もが家事とか育児にとらわれずに思った通りの人生を生きることができる世界をつくっていきたいです。 核家族で人が少ない中でやろうと思うのではなくて、その家族もありつつ、外部の人たちも家族のパートナーとして呼び入れて拡大家族みたいな感じで家族をつくり上げていくという世界観をつくりたいです。」

How we do

【こんなメンバーが活躍しています!】 ・国内有数のIT企業出身 ・ベンチャーキャピタル出身 ・広告代理店出身 ・元システムエンジニア ・メガバンク出身 ・ITベンチャー経験者 ・キャリアコンサルタント資格保有者 ・現役ワーキングマザー