This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

代表の廣瀬は大学在学中に当社を起業しました。
受賞歴多数!2016年日本e-Learningアワードでは最優秀賞を受賞。
◆大学受験生の3人に1人がユーザー、会員数約400万人の学習管理SNS「Studyplus」 学習管理SNS「Studyplus」は、大学受験を目指す高校三年生の大学受験生の3人に1人が利用する人気アプリです。 Studyplusは、「どの教材を」「いつ」「どのくらい」学習したかを記録し、グラフとして可視化します。また、学習に特化したSNSでもあるStudyplusでは、学習意欲の高いユーザー同士で学習記録や共有し、「良いね」をしたり、コメントで交流することが可能です。 ユーザーからは、「努力が見える化されてモチベーションが続く」、「学習を頑張るユーザーが多いので刺激になる」という声をいただいています。 「Studyplus」は、2016年日本e-Learningアワードでは最優秀賞を受賞。専門家のコメントとして「日本の代表的なEdTechスタートアップとして、これからの教育に大きな影響を与えていくことであろう。」と言われています。また、App StoreのEssentials(代表作)アプリ、Google Playのベストアプリにも2年連続で選出されています。また、ユーザーの約85%が毎日アプリを使用し、ユーザーレビューも平均で★4.5をキープ。大学受験生を中心とした多くのユーザから強く支持されています。 【受賞実績】 日本e-Learningアワード、JCJK流行語大賞2017アプリ部門、グッドデザイン賞、Ruby bizグランプリ大賞 他 ◆先生が生徒を褒める機会を最大化する、全国で導入が進む教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」 教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」は、生徒が利用しているStudyplusと連携することで、先生が生徒と面談をしながら勉強スケジュールをプランニングしたり、オンラインでコメントや「いいね!」を送ったりすることができ、生徒の学習PDCAサイクルをどんどん回していくことが可能なツールです。 日々の学習を先生が毎日見て、コメントや良いねをしてくれることが、生徒さんの頑張りに繋がり、また頑張ろうと思えるーそんな好循環を作るツールです。 導入した教育機関からは「生徒の勉強時間が2倍に増えた!」などの声が寄せられており、2017年秋にリニューアルしてから既に60法人200教室以上で導入されています。 ◆資金調達、増員、移転…成長中の組織です! スタディプラスの将来性が評価され、エンジェル投資家、ミクシィ、ジャフコ、フェムト等から、累計9億2,000万円の資金調達をしています。 また、事業拡大に伴う積極的な採用活動をしており、エンジニア、ディレクター、デザイナー、営業とバランスよく増員しております。2018年12月には大幅に増床し、オフィスを移転しました。

Why we do

様々な職種・部署のスタッフが、より良いプロダクトをつくるという共通目標に向かって取り組んでいます。
プロダクト志向のエンジニアが多く、ユーザーファーストな開発を心掛けています。
◆より多くの人に学ぶ喜びを実感してもらいたい 『学ぶ喜びをすべての人へ』 をミッションに掲げ、テクノロジーを活用して新しい教育の仕組みをつくっているスタディプラス。学ぶ喜びが実感できれば、自ずと学習効果は高まりますし、結果的に自己実現に近づいていきます。 そして、人生がポジティブに変化し、より幸福になることができるでしょう。私たちは、「学ぶ喜び」をキーワードに、学習するすべての人を支援し続けていきます。 ◆《学習管理+モチベーションの鍵となるSNS機能》 CEOの廣瀬は、大学の受験勉強の際に学習記録ノートをつけ、それが大変役立った経験から、学習管理の大切さを実感しました。学習記録により、取り組みがどう成績に繋がったかが明確になり、計画的に勉強ができるようになったのです。学習管理は自分だけでなく、多くの人の役に立つはずだと考えたことが「Studyplus」の誕生に繋がりました。 また、勉強を継続するには、モチベーションを保つことが必要不可欠です。勉強仲間とコミュニケーションを取れるようSNS機能を付けるなど、モチベーションを保って勉強の継続ができるような仕組みをつくっています。

How we do

打ち合わせの様子です、親しみやすい社風です。
お菓子、お水、コーヒー無料です!
◆1人ひとりがエンジン。ボトムアップの社風 少数精鋭の組織だからこそ、1人ひとりが自分で考えて実行するということが根付いています。全部署が「ユーザーにとって価値あるコンテンツを作る」という共通の目標に向かっているので、「営業が強い」とか「エンジニアが強い」といったように特定の職種にパワーバランスが偏ることのないフラットな関係性です。勢いに任せるというよりは、地に足をつけて「ユーザーのために何ができるか?」を考えて実行に移す社員が多く、自らが主体となって物事を動かしたい、つくりたいという方にはピッタリのフィールドがあります! ◆毎月イベントを実施、社員感の交流を促進! 会社のミッションやバリューを共有し、交流を深めるため、毎月事業共有会である「Fail Forward」と教育業界の識者を招く「Far Together」と題したイベントを実施しています。また、半期に一回はキックオフミーティングを実施し、各事業部の中長期的な計画を共有する場を設けています(どちらのイベント名も、当社のバリューから取っています)。 ビルディング費の支給制度、部活動など、社内コミュニケーションを活発化する様々な取り組みがあります。

Page top icon