This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

おかげさまで創業10周年!事業戦略ミーティング「STAFES☆COMPASS」および10周年記念を祝う「七夕祭」を開催しました。

2019年7月7日、スターフェスティバルは創業から丸10周年を迎えました。
スターフェスティバルを応援し、支えてくださったすべての方に心より感謝を申し上げます。

これまで毎年7月には、年間の経営方針・事業戦略を全社に向けて発表する「STAFES☆COMPASS」、および、創業周年を祝う「七夕祭」を開催してまいりました。 そして、節目となる今年、10周年の「STAFES☆COMPASS」「七夕祭」では、これまでの10年を振り返り、この先10年のさらなる成長に向けて、新たなスターフェスティバルを創っていこうという思いを込めて「Reborn(=生まれ変わる)」というコンセプトを掲げました。

参加型コンテンツやライブなどを行う例年とはひと味 変え、10年目を迎える特別なこの日を、“従業員(スターフェスティバルでは「クルー」と呼んでいます)みんなで一緒に喜びを分かち合うこと”を主軸に置きました。

当日は、東京本社をはじめ、2019年7月に新たに開設された横浜、札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡、と全国8拠点で活躍するクルーたちが東京に集結しました。

また、会場の装飾もスタイリッシュ。まるで宇宙を思わせる幻想的な空間です。
スターフェスティバルが生まれ変わろうとしている…という雰囲気を肌で感じて、身が引き締まるという声もたくさん上がりました。

■事業戦略ミーティング「STAFES☆COMPASS」にて、経営陣が発表

「STAFES☆COMPASS」がスタート!

代表岸田からは「これまでの10年 これからの10年」のビジョンについてプレゼンテーション。

スターフェスティバルは、この10年間に全国でフードデリバリー事業を展開していくなか、顧客である企業・ワーカー、飲食店やレストラン、物流会社とのネットワークを築いてまいりました。

そして、この先10年は、これまで積み重ねてきた資産を活かし、飲食店と企業・ワーカーをテクノロジーでつなぐフードデリバリーのプラットフォームを築いていきたいという話をしました。

そして、この世界観の実現のために今後の事業戦略・人事戦略などについて 経営陣が熱く語りました。

集中して、方針・戦略に耳をかたむけるクルーたち

■“目標達成”をし続けたクルーに贈られる
「SEXY OF THE YEAR(=セクシー・オブ・ザ・イヤー)」を発表!

経営陣の発表を聞き、これからの新しいフェーズにそれぞれがイメージを描けたところで、この1年間で目標達成にむけて最も“セクシー”な働きをしたスタッフに贈られる、年間を通しての「SEXY OF THE YEAR」が発表されました。

これまでスターフェスティバルでは、その月毎にがんばったクルーをたたえる制度として、「セクシー賞」を運営してきました。
この10期は、より“目標達成”にフォーカスした制度に生まれ変わり、全社的に“目標達成”意識の醸成を図ってまいりました。

年間の「セクシー賞」にあたる「SEXY OF THE YEAR」においても、いかに目標を上回る成果をあげられたか重視して、受賞者を決定しました。個人受賞は賞金50万円、チーム受賞は賞金100万円に加え、それぞれに有給休暇が5日間付与されます。

10期の「SEXY OF THE YEAR」には、
・個人部門 :「シャショクル」の契約企業獲得営業でぶっちぎりの成果を上げた、“まっすーさん”
・チーム部門:メンバー一丸となって目標達成&事業成長に貢献した、“名古屋支社”
が選ばれました。
おめでとう!

■スターフェスティバル10周年をテーマに企画した「おまかせケータリングdish」の料理を囲んでお祝い

「SEXY OF THE YEAR」の発表後は、「ごちそうタイム~ごちそうでクルーをより幸せに~」と題し、スターフェスティバルからクルーへと、スターフェスティバルのケータリング「おまかせケータリングdish」の食事で「ありがとう」を伝えます。

軽食タイムには、フードデリバリーの総合モール「ごちクル」のなかでも、印象に残るストーリーを持つお弁当ブランドをピックアップし、それぞれの商品をイメージしたピンチョスを提供することで、スターフェスティバル10年の歴史を振り返りました!

夕食の時間になると、従業員からの「10周年おめでとう!よいしょ!」という掛け声とともに、CEO岸田とCOOの澤口が壇上に立ち、富士通コミュニケーションサービス株式会社様からいただいたサングリアの大きな樽酒での鏡割りを行いました。

このサングリアを、「ごちそうで 人々を より 幸せに」の企業理念がプリントされたオリジナルグラスに入れ、みんなで乾杯!!!

食事のメニューは、「七夕祭」の実行委員が実行委員で何度も話し合いを重ねて決めました。
出張寿司やローストビーフカットも含め、自社サービスを体験する機会となりました。

おまかせケータリングdish」は、イベントテーマに合わせたお料理・ドリンクのカスタマイズも可能で、スターフェスティバルにちなんだ「七夕ゼリー」や、出張バーテンダーにはオリジナルカクテルをつくってもらいました。

10周年を迎え、これから10年先、100年先もスターフェスティバルが続いていくよう、この日を境に生まれ変わり、新たな第一歩を踏み出す…そんな一日になりました。
スターフェスティバルクルー一丸となって、「新しい食文化を創造する」のビジョン実現に邁進してまいります。

この「七夕祭」を企画から運営までやり切った運営メンバー一同。お疲れさまでした!
スターフェスティバル株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more