This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

私が仕事で失敗したときの話

こんにちは!

株式会社スナックミーでカスタマーサポートと広報を担当しているヒロハマです◎
前回のブログ、(『夢を諦める年齢は24歳…?』https://www.wantedly.com/companies/snaqme/post_articles/151578) から半年。そしてスナックミーに入社してから約8ヶ月。

スナックミーは毎日環境が変化するスタートアップで、 本当に様々な仕事を任せてもらえました。8ヶ月は一瞬でした。


色々な仕事をするなかで、私は何度も失敗をしてしまったことがあります…。

今回はその中でも一番印象に残っている、今年の3月のことについて書きます。

入社して4ヶ月で私は初めて、お客様を呼ぶイベントの担当になりました。
タイムテーブルを考えたり、 お客様と行うクイズの内容を考えたり、 当日試食できるおやつを考えたり、 渡すお土産を考えたり、 サプライズ内容を決めたり…慌ただしいスケジュールの中、なんとか周りの手も借りながら準備していきました。

そして当日...!

会場に入ってみると、先輩社員がザワザワ…。

「あれ、去年より会場小さくなっていない?」
「これ、本当に去年と同じ会場...??」

…なんと、会場がリノベーションによって以前の半分の大きさになってしまっていたのです…!

私は「去年も同じ会場を使っているから大丈夫だろう」という思い込みから、肝心な会場の下見をしていなかったんです…。

お客様の人数は去年と変わらないのに会場は半分になり、椅子も半分💦
大慌てで会場の配置を変更し、 別の会場から椅子を借りてきました...。

...優しいお客様と社員の柔軟な対応力によって、 なんとか、イベントは無事に成功しました。

しかし、私は「やはり狭くなかっただろうか?」「不便な思いをしたお客様と予定外の対応をお願いしたスタッフに申し訳ない」 と、反省ばかり。泣きそうでした...。


でも、実はイベントの後にみんなに褒められたんです。
「初めてなのによく頑張ったね!ナイストライだったよ」と。

失敗はしてしまったのですが、イベントのため、お客様のために一生懸命準備した部分も見てもらえていたんです。努力してよかったなぁと思いました。

次、イベントをするときは失敗を活かしてもっともっと楽しいイベントにできると思います。

失敗を活かして次の仕事に取り組ませてもらえる環境があるから 今、前向きに仕事ができているんだな、と感じた日でした。

実は、最近自分の肩書が増えたんです。

以前は「カスタマーサポート担当」だったのですが、現在は「カスタマーサポートと広報担当」をしています!

24歳になったら夢を諦めることが多いというブログを以前書きましたが、 私は広報担当になってまた夢が増えました。(ちなみに、先日24歳になりました!)


私の夢は広報でたくさんのお客様にスナックミーの魅力を知っていただき、 カスタマーサポートでスナックミーのお客様にスナックミーのファンになっていただくことです💪

スナックミー には「トライしたこと」を褒めてもらえる環境があります!ぜひ、一緒にスナックミーを多くの人に愛される会社にしましょう🐿 応募待っています〜

株式会社スナックミー's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more