1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

ずっと憧れていたゲーム業界へ!無理のない通勤が叶ったおかげで目標が追えています【SAKURUG MEMBER BLOG】

こんにちは、デザイナーの間橋(写真左)です。入社して一年半となります。

こちらに書くのは初めてですので自己紹介から始めます。

私は専門学校でコンピューターグラフィックを学び、2回ほどの転職を得てSAKURUGに入社いたしました。趣味はイラストを書いたり、ゲーム(主にアクション系)をしたり偶に関東圏内のイベント会場やショッピングモール、展示住宅場に行きヒーローショーを見に行ったりしております。ショーで戦うヒーロー達や取り巻く雰囲気が好きで一緒に写真を撮ったり触れ合ったりしていつも元気をもらっています。

今まで遊技機(パチンコ、パチスロ)に関わる仕事が多く、基本的に台の画面のデザインの業務とコンシューマーゲームのUI作成等の業務も携わっておりました。

以前働いていた所では度々終電を逃がしたり、2時間以上の電車通勤を半年以上続けておりかなり参っていました。ふと今のコンデションでは自分の目標を目指す以前に体調が危ういと考え早々に退職し転職先を探していたところSAKURUGを見つけまして面接でお話したところ勤務先の場所も配慮していただいて自分の目標を目指せそうでしたので入社した運びとなっております。

現在はソーシャルゲーム会社でエフェクトのお仕事をさせていただいております。元々ゲームが好きで仕事としてずっと関わりたいと思っておりましたので製作期間も短くその限られた時間で自分のパフォーマンスを発揮できるよう努力していく大切さをひしひしと感じます。プレッシャーも多い分時にはエフェクトの表現やエラーで四苦八苦することが多いですが現場の方から学ぶ事も多いので毎日刺激を受けております。

実際に自分の目で見ると苦労した分愛着もわいてきますし、ユーザーの反応や好評の声も肌で感じる事ができるので「また頑張ろう」と活力がわいてきてモチベーションも上がってきます。デザイナーに限らずですが、常に勉強しスキルアップを目指せるとてもやりがいのある職業だと感じてます。

株式会社SAKURUG's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more