1
/
5

Work Story Award 2021・イノベーション部門賞をさくら事務所が受賞!!

「イノベーション部門賞」を受賞!

この度Work Story Award 2021というコンペで、さくら事務所のホームインスペクター育成に関するテーマ「常識も法律も変えた!『設計しない建築士の新ビジネス』」というストーリーがイノベーション(既成概念を壊す新しい価値観)部門賞を受賞致しました!

受賞となった「設計しない建築士の新ビジネス」とは、ずばりホームインスペクション(住宅診断)です。

今となってはホームインスペクションを行う事業者はたくさん増え、ホームインスペクターとして活躍する建築士はたくさんいるのですが、さくら事務所が創業した1999年当時は、そもそもホームインスペクションという言葉を知っている人もいないような時代。

不動産取引時に建物を調べ、専門知識がないエンドユーザーの判断に役立つ情報を提供する・・・という仕事をさくら事務所は先陣を切って行ってきました。

詳しいストーリーなどはこちらの特設ページでご覧いただけます!

Work Story Awardとは?

「これからの日本をつくる100の”働く”をみつけよう」をテーマに、2017年から始まった5年間限定のアワードプログラムです(主催:一般社団法人at Will Work)。

人でもなく、企業でもなく、働くを取り巻く「ストーリー」にスポットを当て、1年間に20ずつのストーリーを選出し、5年間で合計100のストーリーに出会えるというコンセプトで実施。今年は5年目、最後のアワードとなります。

受賞理由(事務局コメント)

「建築士という一つの職業の幅を変えた、建築士としての新しい働き方を確立させたストーリー。これから家が余っていく時代だからこそ新しく建てないという考え方、そして新たな仕事を開拓するという視点は、非常に画期的です。当初は業界内の反発も多く苦戦を強いられながらも、数多くの建築士に対して新しい活躍の場を創出させたという長年の苦労と実績も高く評価しました。」

受賞式はオンラインで

12月15日に行われた授賞式はオンライン。
さくら事務所代表大西と、経営企画室メンバーで参加させていただきました。

皆で来ているワインレッドのユニフォームは、さくら事務所ホームインスペクターが着用しているもの。

その昔、ホームインスペクター・・・建築士・・・と聞くと、「ちょっとカタイ人が来るのかな?」と心配されることもありました。(実際は気さくなホームインスペクターばかりで、現場は盛り上がります)

初めて利用する方も多いので、できるだけ身近に感じてもらえるようにこんなユニフォームにしております。※薄い色だとホームインスペクションで建物を調べているときすぐ汚れが目立ってしまうため、濃いワインレッド採用となりました。

これが必要だと信じ、本当に地味に、地道に、誠実に続けてきましたが、20年近くやってきたことを評価していただけるのは本当に嬉しいものですね。

さくら事務所は、人と不動産にまつわる「こうだったらいいのに」の理想に向けて、これからも課題を解決したり、新しい仕組みをつくるイノベーションを起こしていきます!!!

いろんな職種のスタッフを絶賛募集中です。ぜひ、一緒に新しいことにチャレンジしていきましょう!!

株式会社さくら事務所's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more