1
/
5

セールスイネーブルメント室ってどんな部署? 弊社が行う営業教育について徹底解説!


こんにちは、ROBOT PAYMENT セールスイネーブルメント室の森山です!

ちなみにみなさん。
「セールスイネーブルメント室」とは一体どんな部署だとおもますか?

あまり聞き馴染みがないという方もいると思うので、今回はこの部署について詳しく解説したいと思います!

営業にまつわるお話ですので、少しでも営業に興味がある方は最後までご覧くださいね。


当社にとってのセールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントと聞くと、営業マンの育成や、社員教育などをご想像される方が多いと思いますが、その価値観や在り方は企業それぞれにあるべきだと私は考えています。

その上で、当社にとってのセールスイネーブルメントとは、「営業の生産性を最大化すること」 です!


漠然とした課題感

弊社は今年で20年目の会社になるのですが、標準化された営業資料が存在しません。あるのは、昔誰かが作った「使える資料」のみ。そしてその資料も、存在を知っている一部の営業マンだけに使われているような状態でした。

当然、そんな状況だとトップパフォーマーとローパフォーマーの差は広がり、新しいメンバーの独り立ちにもばらつきが出てきます。そうすると全体の生産性も低くなっていきました。

そこで、この状況をなんとかしなければならない! と立ち上がったのが弊社のセールスイネーブルメント室です。誰かが専属でやらないと、中途半端なままだと。


立ち上げの半年間で一体何をしたのか

まず最初に取り組んだのは、理想像の定義です。いつの時点でどうあるべきか、それに対して今の現状はどうなのか、その差を埋めるにはどうすればいいのか。

そこを先に定義し、対策とスケジュールを決めていきました。立ち上げから最初の半年間で、やってきたことをざっくりまとめると、こうなります!


・イネーブルメント専任担当の採用
・Salesforceを中心とした営業データの整備と、周辺ツールの導入
・新卒/中途を対象とした入社後の教育プログラム整備
・事例の整備


ひとつひとつ細かく書きたいところなのですが、今日は、

Salesforceを中心とした営業データの整備と、周辺ツールの導入

について少し詳しく書きたいと思います。

営業データの整備と周辺ツールの導入


弊社にはこれまで営業支援ツールの専任担当がおらず、営業マネージャーが独学で勉強して触っているような状態でした。

しかし、営業の生産性を改善するには、データ整備や数値の可視化は不可欠です。そこで、まずは専任の採用を行いました。

そして、同時に着手したのが「営業データの整備と可視化」、「ツールの導入」です。営業データの可視化については元々あった各指標を再定義し、ざっと以下の項目を整備しました。



加えてツールの導入も積極的に投資を行い、営業支援ツールでは限界を感じていた領域を補うことができました。


大事なこと

イネーブルメントを行う上で基礎となる営業データの可視化はある程度の整備が整った一方で、いっきに新しい仕組みを入れると現場の運用が手一杯になり、ひとつひとつのPDCAの質が低下することが予想できました。

そこで、それらを防止するために、「運用振り返りシート」を作成し、四半期に一度見直しをかけていくことにしました。

このシートは、戦略・戦術にまで落ちているかを確認する目的で活用します。そして一番大事なのは、新しい仕組みやルールを作る上で影響力のある旗振り役がコミットすることです。一番よくないのは、「契約したからあとは現場でよろしく」パターンですね。


まとめ

以上、今回は弊社のセールスイネーブルメントに焦点を当て、紹介をしました。

このように、弊社ではしっかりとした営業教育を計画的に行なっていますので、営業未経験の方や、これから営業スキルを伸ばしていきたい方でも、成長できる環境があると思います。

少しでも興味を持った方はぜひ話を聞きに来てくださいね!




ROBOT PAYMENTは人材を募集しています!

将来・キャリアが不安な人
コロナで大変だから、今のうちに安定したIT企業にキャリアチェンジしたい人!
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
超最先端IT企業!
急成長中のITベンチャーを、最前線で引っ張っていきたい方!会いたいです!
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
人の役に立つことが好きな人
あなたのサポート力を活かしませんか?渋谷区のITベンチャーでCSを募集!
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
株式会社ROBOT PAYMENT 's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more