1
/
5

「まずは自分でとにかく考える」22年新卒森田が考え抜いた1年間とこれからについて

こんにちは!Repro株式会社人事部の清水(以下、清)です。
本日はCustomerSuccess Div.Growth Marketing Teamに所属している森田寛人(以下、森)さんをご紹介します。

■ プロフィール紹介

清:はじめに自己紹介をお願いします!

森:CustomerSuccess Div.Growth Marketing Teamに所属している森田(Morita)です。22年新卒枠ですが、昨年の10月入社しているので、ちょうど1年が経ったところです

清:後ほど1年間での成長についても伺いますね。はじめに、森田さんのご趣味について。

森:コーヒーとアクアリウムが好きです!が、話し始めるとインタビュー時間が終わってしまうので、今回は割愛で…(笑)。

■ Reproを知ったきっかけ

清:森田さんの就職活動のときのお話をお聞かせください。

森:まず最初は「ベンチャーで働きたい」と考えていました。自分の人生の軸を考えたときに、実現できるのはベンチャーなのかなと思って。

なので、ベンチャー企業の求人を取り扱う就活エージェントを利用しながら就職活動を進めていました。

Reproを知ったのも、エージェントからの紹介が最初でした。

清:就職活動での軸が気になりました!森田さんにとって「軸」とは?

森:最終的に残った軸は2つあって、

「自分が良い方向に変化できそうな環境があるか」
「キャリアパスが社内に多くあるか」

です。

この2つがマッチしている企業だと感じたので、Reproへの入社を決めました!

清:Reproに入社して良かったと思えることはなんでしょうか?

森:良かったと思えるのは大きく2つ。

「PDCAを短いサイクルで回せること」「社内の人が自分の成長に親身に向き合ってくれること」です。

マーケティング支援を行うというのは、「数字に基づいて思考する」「課題を検討する」などPDCAを短いスパンで何度も繰り返し行っていくものです。

考える対象も期間もコンパクトでかつ思考する内容も「答えが見えそうなもの」について考えられるのは、実践してきた数という意味でも成長に大きく影響を与えてくれる要素なのかなと感じています。

清:Reproの社員の方と実際に仕事してみて具体的にどういった良さを感じられたのでしょうか?

森:正面から向き合ってくれる人が多いことは、入社の決め手の一つでもあります。

私が苦手な「ロジカルな思考や話し方」に対しても、そもそも論理的に話すことがなぜ大切なのかを気づかせてくれたのも、Reproの社員とトライアル期間で関わって感じたこと。

自分が努力するのはもちろんですが、自分の努力に対して真正面から向き合ってくれる環境というのは、すごくありがたい環境だと思っています。

業務自体にも「フィードバック」は重要な役割を持つので、やはりReproで良かったと思える部分ですね。

■ 現在の仕事内容について

清:Reproに入社して最初に配属されたのが今所属しているGrowth Marketeing。どのような仕事をしているのですか?

森:入社してからは、お客様のマーケティング支援を行っています。自社で開発された ツールを用いて、お客さまのサービス改善へのご提案する業務です。

具体的には、自分でサービスを利用してみて、定性的な課題を整理し、次に定量的に分析して課題の優先順位を決めた上で、解決策を考え提案していきます。

このサイクルをまずは自分でやってみて、それに対してチームメンバーからフィードバックをもらい、提案の質を高め、クライアントに提案を行うのが私の仕事の流れです。

概算ですが、1年間で100回以上のフィードバックをもらっていると思います。

清:100回!PDCAサイクルの早さが伺えます!

清:新卒でReproに入られた同期は、皆さんGrowth Marketetingに所属されたそうですね。

森:そうですね、新卒採用された同期は私と同じGrowth Marketetingに入っています。

■ 入社から1年できるようになったこと

清:Reproに入社して1年。ご自身の変化や成長を感じることも増えたのではないでしょうか?

森:担当する案件をメインで任せてもらえる様になったことですね。入社当時と変わったな…と最も大きく感じる点です。

あとは、自分が苦手なことへの意識の持ち方の変化ですかね。

清:森田さんが苦手なこととは?

森:人にわかりやすい話し方をするのが自分は今まで苦手で。

どうしても感覚的に話してしまい、相手に正確に理解してもらえなかったなんてことも。多分、左脳を人生のどこかに落としてきたんですよね(笑)。

ですが、働く上で「順序立てて相手が理解できるように話す」ことは大切。左脳を改めてインストールしているところです!

社内外問わず、どんな相手に対しても伝え方に意識が持てるようになっているのは、自分の成長を感じる部分です。

清:まさに、軸にあった「良い方向への変化」を感じているのですね!森田さんが仕事で成長するために、意識してきたことはなんでしょうか?

森:そうですね!就活時の軸でも話した「変化」は今働く中でも大切にしている部分です。

特に自分が今よりも成長するには、「自分で考えて行動すること」をどれだけやっていくかが大切なのかなと考えていて。

どれだけサポートの環境が充実していても、自分自身が受け身の姿勢でいたら、成長することは難しいと思います。

まずは、自分で丁寧に課題を考えてみて、それからチームメンバーにぶつけてみる。自分の考えに対してさまざまな角度でフィードバックをもらって自分でさらに咀嚼する。

そしてまた課題を検討し意見を聞いてみる。

まだ私自身成長途中ではありますが、この繰り返しが自分の今につながっているのかなと思います。

清:Growth Marketetingではプロジェクトごとに、さまざまな人とチームを組むそうですね。多くの社員と関われた1年でもあったのでしょうか?

森:いろんな方とチームになって取り組んできました!

自分は新卒で入っていますが、やはりReproには中途採用で入社してる方も多いので、「バックグラウンドの違い」は感じますね。

バックグラウンドが違うからこそ、自分の日常生活にはない視点に気づかせてもらえることも多くあります。

■ これからやっていきたいこと

清:入社して1年という節目で、森田さんが考える今後についてお聞かせください。

森:GrowthMarketingの価値提供のレベルを上げつつ、社内の新規事業などにも挑戦していきたいと考えています。実際、最近新規事業に関わらせていただく機会をもらえたところです。

清:今のGrowth Marketetingの経験も活かせる内容なのでしょうか?

森:そうですね、お客さまへの提案の経験も活かすことができると思います。

清:なるほど。新たなチャレンジをし続ける森田さん。今後のご活躍も応援しております!

森:新しい経験からより多くのことを吸収して、さらに成長していきたいです!

Repro Inc.'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from Repro Inc.
If this story triggered your interest, have a chat with the team?