1
/
5

What we do

オンライン英会話「レアジョブ英会話」をはじめとして、AIビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS®」やオン欄完結型英会話コーチングサービス「スマートメソッド®コース」を提供しています
累計ユーザー数100万人、法人導入数3,400社、学校導入校数330校に上ります
レアジョブは、教育×テクノロジー(EdTech)の領域で注目を集めている東証プライム上場企業です。 ビジョン「Chances for everyone, everywhere.」に基づき、グローバルに人々が活躍する基盤を作ることを実現し、世界中の人々が国境や言語の壁を越えて活躍する社会を目指しています。 レアジョブ英会話は、累計ユーザー数100万人のオンライン英会話に発展し、法人導入数3,400社、学校導入校数330校を突破し、成長し続けています。今後はAIによる音声認識や自然言語処理といったテクノロジーの力を活用し、誰もが英語を話せるようになるサービスの開発を加速させていきます。 また、グローバルに活躍するための人材ニーズが加速的に拡大している中、今後は英語関連事業の展開のみならず、グローバルリーダー育成事業及びキャリア関連事業への展開に向け、M&Aの実行や事業の海外展開を進めることで、より早期にビジョンを実現します。 ▼オンライン英会話を「英語教育のインフラ」とするべく三井物産と資本・業務提携 ▼増進会ホールディングス(Z会グループ)と合弁契約締結 ▼AIビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS」の年間受験者数が7万人を突破し、日本で最も年間に受験された英会話試験に ▼日本初!世界的な教育コンテスト「Reimagine Education Award 2020」において、ビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS」が受賞 ▼テクノロジーで“マナビ”を変える 技術部門を分社化「株式会社レアジョブテクノロジーズ」始動 ▼資格試験対策事業「資格スクエア」がレアジョブグループに参画  英語関連事業から新たな事業領域へと非連続な拡大に向けた一手 ▼インドのオンライン英会話事業者Multibhashi社に追加出資。約5億人の英語学習者をターゲットにグローバル展開の加速を目指す ▼キャプラン(パソナグループ)と業務提携 企業向け「グローバルリーダー育成研修」を共同開発 など、多くのチャレンジを進めています。 オンラインにおける学びの場は、世界的に急拡大しています。 『 Education 』×『 Technology 』×『 Global 』の 3つを掛け合わせ、 過去の英会話業界では成し得なかった「英会話習得の新しい答え」を見つけようとしています。そして、人にまつわるデータを活用し、グローバルに活躍する人々を生み出してまいります。

Why we do

全国の小学校・中学校・高校・大学での導入も加速
累計4,000万回以上のレッスンを提供した実績有り
企業の海外展開や外国人労働者の受け入れ、訪日外国人増加など、英会話のニーズは急速に拡大しています。また学校教育の場においても、英語学習早期化や大学入試の4技能化など、これまで変化の少なかった日本の英語教育は、大きく変わろうとしています。 ビジョンの実現に向けてはもちろんのこと、レアジョブで働く社員の多くは、自らも言語の壁に悩んだ経験がある英語学習者の集まりでもあります。自らのスキルを生かして、同じ悩みを持つ人を一人でも減らしたい、という想いが私たちの強いモチベーションの源泉となっています。

How we do

国を超えた多国籍チームで事業を加速
自社サービスの利用でユーザ感覚を忘れない
教育×テクノロジーの領域はまだまだ発展中です。 英会話を学びたい個人だけではなく、グローバルに展開したい企業法人や小学校高学年から英語が教科になることによる学校法人、そのほかキッズ向け、海外への展開など様々なユーザーのニーズに対して、レアジョブ英会話に蓄積された知見とデータをテクノロジーを介して提供し続けています。 ・リクルート、Yahoo、DMM、カカクコムなど大手インターネット企業出身のメンバー ・ベネッセやベルリッツなど大手教育事業出身のメンバー ・BCGやGoogleなど海外ビジネスをリードしてきたメンバー 各領域で活躍したプロフェッショナルと事業を作り上げていきます。 レアジョブのメンバーは、誰もが発案者として提案ができる環境であり、その提案の実現をリードすることができます。やりたいことがあって、それが会社のやりたいこととアラインしているのであればよい。という文化があります。 レアジョブで称賛される行動は、RareJob Wayを体現しているメンバーです。 RareJob Way  やりたいことをやろう  ストーリーを語ろう  変化を生み出そう