1
/
5

マーケティングは完全未経験。元不動産会社の営業がPMAに入社した理由

「人を大切にしないで、何を大切にするんだ。」

これが、株式会社PMAのモットー。

何か、とっても大切なことを言っている気がするけど、どんな想いが込められていのか。社員の皆さんへのインタビューを通して紐解いていきます。

今回のインタビューは、2023年4月に中途入社した、浦さんです。

ーまずは浦さんのプロフィールをご紹介します。

神奈川県藤沢市、いわゆる湘南エリアの出身で、ゆったりとした街の雰囲気や人、海が近い環境が好き。大学では経済学を中心に哲学や外国文学についても学ぶ。新卒で地元の不動産会社へ就職。歩合制で自分の仕事の成果が目に見えること、お客様との直接コミュニケーションが取れることにやりがいを感じながら、賃貸物件の営業に従事。その後、共通の友人を通してPMAに出会い、インターンを経て2023年4月にジョイン。


ーそれではよろしくお願いします!さっそく一つめのご質問。PMAに入社しようと決意した一番の理由はなんですか?

決め手は人です。

前職を辞めて転職活動をしていた時期に、大学時代のアルバイト先の先輩から「PMAって会社がインターンを募集してるけど、やってみない?」と声をかけてもらったことがきっかけでした。その先輩が大学時代に所属していたサークルの先輩がPMAで働いていて、そんな繋がりがあってPMAに出会いました。ちょうど転職活動中だったので、自分にできることがあるなら、とインターンを開始しました。

仕事の説明を受けるために初めてオフィスに行った日、すごく歓迎してもらったのを覚えています。それが嬉しくて、きっとメンバー同士はもちろん、クライアントやパートナーを大切にしている会社なんだなと思わせてくれる出来事になりました。

初めはインターンというお話だったので、ちょうど半年が経つころに「そろそろ本格的に転職活動を始めようと思っている」と伝えたところ、それまでの働きを評価してくださり、正社員として誘ってもらいました。不動産業での経験しかないので、今後自分がどんな業界の仕事をしたいのかは正直わかりませんでした。だからこそ、どんな仕事をするかよりも、「誰とするのか」を重視していました。インターン期間を経て感じたPMAメンバーの人柄や会社の雰囲気に惹かれたことと、前職では個人プレーな仕事のしかただったので、メンバー同士が協力し合って進める仕事ができる環境に魅力を感じ、入社を決意しました。


―一緒に働きたいと思ってもらえて何よりです。

ー差し支えなければ前職を退職した理由をお聞かせいただけますか?

前職は地元の不動産会社で、賃貸の営業をしていました。

「不動産営業」と聞いてイメージする通りのザ・体育会系の会社で、ノルマに追われる毎日でした。お客様の気持ちに寄り添って一緒にお部屋探しをするというより、ノルマ達成のために「とにかく契約を」という気持ちが勝ってしまっていて。そのせいか、みんな気持ちに余裕が無くて会社の雰囲気も良くはなかったです。仕事で困ったことがあっても先輩に相談しにくくて。とにかくノルマ達成ばかりを追いかける環境で、ちょっと大袈裟かもしれませんが、当時の私は「働くために生きている」状態だったと思います。

加えて、個人プレーな仕事より、チームで協力しながら進める仕事がしたいと思うようになったのも、退職を決意した理由の一つでした。営業ノルマを達成するためにどうするかを一番に考える人が多い職場で、お互いに「協力する」というより「競い合っている」のが常で、むしろ仕事を取り合うような雰囲気さえありました。せっかく働くなら、「一緒に働きたい、この人のために頑張ろう」と思い合える人と働きたい。そう思い、転職を決意しました。



―なるほど。インターン時代を含めるとジョインから半年以上が経過しましたが、どんなお仕事をされていますか?

インターン時代から現在も、事務所所属のアーティストのファンクラブアプリで配信されるメディアコンテンツの更新をしています。テキストやムービーのブログを扱っており、「premier pro」というソフトを使って動画に字幕をつけたり、専用のCMSを使ってファンクラブアプリへの反映をしたりと、新しい領域にもチャレンジしています。コンテンツの公開時間から逆算して作業を完遂させる必要があるので、スケジュール管理の力が身についてきていると思います。

正社員になってからは、主にアパレルブランドのキーヴィジュアルやウェブサイト、ウェブマガジンの制作に携わっています。キーヴィジュアルの方向性をチーム内で検討したり、ウェブページのデザインを依頼したり、撮影モデルをアサインしたり…と、ブランドが発信するあらゆるコンテンツの制作に参画しています。

初めは先輩の下でサポートをしながら仕事を学んでいましたが、最近では「キーヴィジュアルにはこんな要素があったらいいんじゃないか」「インスタグラム広告のデザインはこっちの方がいいんじゃないか」「新規ユーザーにはこういうメッセージを届けた方がいいんじゃないか」と、自分でも意見を持ってミーティングに参加できるようになってきました。

加えて、最近では地方の回転寿司チェーンにて「ブランド魚の認知拡大」に関する提案の機会もありました。エンタメ・アパレル・飲食など携わる業界は様々ですが、エンドユーザーにどのようにコミュニケーションをとるべきなのか、という考え方は共通しているので、仕事の中で得た経験を生かしながら横展開できていると思います。

どの案件も、社内の誰かと協力して進めるので、個人ではなくチームで仕事がしたかった私にとって、やりがいのある仕事ばかりです。

日々のクライアントワークでもたくさんの発見があります。不動産業とは全く違う業界に入ってきたので、自分一人ではわからないことだらけです。だから小さなことでもわからないことは周りに相談するようにしています。そのおかげか、自分の考えに自信が持てるようになってきました。クライアントとも意義のある意見交換ができていて、いい仕事ができるようになってきたと思います。小さな積み重ねが、自分を成長させてくれているのを実感できています。


―仕事で吸収したことをどんどん生かせているのですね。その実感があるのは素晴らしいことです。

ーそんな日々の中で、特に印象的だったお仕事はありますか?

インターン時代の話にはなりますが、アーティストのファンクラブアプリで自分が初めて更新したコンテンツに対して世界中の人がコメントしているのを見た時が一番印象に残っています。

今まで、自分がした仕事を喜んでくれるのは目の前のお客様しかいないという業界だったので、自分の仕事が世界中の人に喜んでもらえると気付いた時に心に響くものがありました。

自分が黒子として動いた仕事が、世界中の人の心を動かすきっかけとなっていることに感銘を受けました。



―より多くの人に認めてもらえる仕事、やりがいを感じますよね。

―たくさんの成長を実感されていることと思いますが、特に「成長できたな」と感じる瞬間ってありますか?

先読みする力を鍛えられたと思います。何に対しても先読みする力って大切だと思っています。

クライアントの困りごとを汲んで「これを提案したら役立てるかな?」と動いたり、先輩と仕事をする中で「これ必要かもしれないから手配しておこう」と動いたり、挙げたらキリがないのですが。

そんな私のアクションに対して「ありがとう!助かるよ!」と言ってもらえるとすごく嬉しいし、自分の視野が広くなっている実感が湧きます。

あとは、クライアントが抱える課題をどう解決していったらいいのかを少しずつ考えられるようになってきていると思います。マーケティングの経験が全くなかった私でも、市場や競合他社の分析などを地道に続けることで、「この商品はきっとこんなユーザーに刺さる」「このブランドはもっとこういうメッセージを発信した方がいい」という気づきが増えてきました。

どの案件でも、先読みをする力と、課題解決のための筋道を立てる力は求められると思うので、日々意識しながら仕事をして、どんどん成長していきたいと思っています。


―人のためになる仕事ができているのって素敵ですね。日々の積み重ねが功を奏しているのだと思います。

ーそれでは最後の質問です。PMAで働くことの面白み、魅力を教えてください。

「人をたいせつにしないで、何をたいせつにするんだ」をこの会社にいると強く感じます。

社員のことはもちろん、その家族やパートナーのことも大切に思っている人たちが揃っていると思うからです。

例えば、誰かが体調を崩して休んだらチーム内でフォローしたり、クライアントにとって本当にその仕事がタメになるのかを真剣に考えて、時には思い切った提案をしたり。人を大切にするっていろいろな方法があると思うんですが、メンバーそれぞれが試行錯誤しながら最適解を探していると思います。

それから、みんな本当に個性豊かです。人柄や性格もそうですが、ボケ担当やツッコミ担当、モノマネ担当がいて、笑い上戸な私は毎日腹筋が割れるくらい笑っています。楽しいだけではなく、困っている時は親身に相談に乗ってくれて、一緒に働けて幸せです。

アットホームな職場という言葉では伝えきれないくらい、素敵な人たちがいる職場だと思います。。

ーなるほど、ありがとうございました!



仕事の中で、関わっている人をいかに大切にできるかを常に考えているのがわかるインタビューでした。今後、どんどんクライアントワークに生かされていくことでしょう。

社員インタビューも残りあとわずか。次回もメンバーの生の声をお届けします!お楽しみに!

株式会社PMA's job postings

Weekly ranking

Show other rankings