This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

自動車の知識0で皆スタート!
先輩社員が聞けばなんでも教えてくれます!
「人とクルマの未来を創る会社」   私たちは、お客様の潜在ニーズと自動車リサイクルパーツをマッチングさせるサービスを展開しています! このサービスは、「サーキュラーエコノミー」という循環型社会の実現を目指すもので、自動車としての価値は無くなっていても、部品としての価値はあるもの(本来は無駄だと思われていた)とそれに新たな価値を見出してくれる顧客を発掘することで成立する革新的なビジネスモデルです。 パーツワンでは独自のCRM(カスタマー・リレーション・マネジメント)のシステムを開発し、運用を続けながら、パートナー企業へのシステム導入を含めたコンサルティング業務の準備も積極的に行なっています。 この業界を大きく広げていくためには自動車業界未経験者による参入が必要です。 自動車リサイクル業界を静脈産業として大きく成長させ発展させていくことがサーキュラーエコノミーの実現に近づきます。 今後は、自動車業界未経験者であっても参入しやすくなるよう、ノウハウの蓄積を通して、更なるサービスの拡充を目指します! 

Why we do

女性陣の仲がとても良く雰囲気が和んでいます!
男性陣も和気あいあいと常に笑顔です!
私たちは、世の中にとっての非常識や業界の中になかったサービスや取り組みにチャレンジしていき、新しい価値創造をしていこうというチームです! 日本は人口減少と言う大きな課題を抱えていますが 世界に目を向けると人口増加傾向にあり、資源は減少する傾向にあります。 この現実から目を背けることは誰もできることではありません。 これからの資源はより限りあるものとして、従来のような「資源を採取し製品化して販売する、そして不要となった物は廃棄する」 という従来型のビジネスではなく、循環型のビジネスにシフトしていく必要があります。 また循環型のビジネスは、日本人が持つ「もったいない文化」との親和性も非常に高いものです。 かつて農業国家だった日本は、生まれながらにして人と協力をして何かをするという考えを持ち、個人だけの良さよりも集団での良さを追求する融和性に富んだメンタリティを持っています。 モノづくりだけであれば、コストの比較的安い中国や東南アジアで代替させることが可能ですが、再利用という点においては、日本人の持つメンタリティが色濃く出てくるはずです。 私たちが設定している最終ゴールは日本が持つ文化を海外へ発信し、 「もったいない文化」や「リサイクル文化」を根付かせ、循環型社会を実現していくことにあります。 「メイド・イン・ジャパン」で世界を席巻したモノづくり大国日本は、日本独自の文化を輸出し新しい価値を海外へ発信していくことが課題先進国としての責務です。

How we do

パーツワンのメンバーは、プロフェッショナルとして成果を残し、将来のマネジャーやディレクターとなってもらうことを目指しています。 将来の仲間を探す上で、パーツワンではスキルよりもマインドを重視しています。私たちが言うマインドとは、自分の考えを持ちながらも他者の考え方も吸収できることです。パーツワンでは、メンバー一人一人が日々自分の考えを自分の言葉で発信し、他のメンバーからの反応を吸収しながら成長しています。 このようなメンバーが集まって、意見をぶつけ合いながら私達が掲げるビジョン実現を目指しています。 社員もインターンシップのメンバーでも、自分の頭で考え、それを伝えながらも他者の意見にも耳を傾けるという姿勢を身に付けていくことが求められます。 当社で活躍しているメンバーは高い自己学習能力を持っています。どうすれば自分を成長させられるか、自分には何が足りていないのかを積極的に考え、自分で自分を成長させる能力です。 また、短期間で習得できることと、長期間取り組まないと習得できないことを見極める力の自己学習能力の大切な部分です。前者については素早く身につけ、後者については粘り強く努力し続けることが大切です。このような自己学習能力を持ってこそ、他者と意見をぶつけ合うことが出来るのです。 自己学習によって自分を高めながら、他者の視点を吸収してさらに自分を磨き上げていく。そして、私達のビジョンである「循環型社会の実現」をするためにはどのような業務をどのように行うべきなのか考えて実行する。自分で自分の行動に責任を持ち、成果にコミットすることが欠かせません。その中で、日々の業務に真剣に向き合い、社会に変革を起こしていくことこそ仕事の醍醐味です。 パーツワンでは、自己学習を出来る方を仲間として迎え入れ、より大きく成長できるための機会を積極的に与えていきます。 プロフェッショナルとして成果を残すメンバーや、将来の中核メンバーとして会社を運営し、社会に対して大きなインパクトを与える存在に成長して行くことを目指しています。 <成長を加速するために> ・インターンサミット(月1回) インターン生と社員が一緒に議論を行ったり、プレゼンをしたりする場を設けております。 「身近な企業の成功要因」、「業績の芳しくない企業が採るべき手段」などをテーマに、仕事に役立つ議論をしています。インターン生にもプレゼンする機会を用意しております。 ・外部研修 自動車関連産業の中で、自動車解体業は今後「M&A」が数多く行われ、業界再編が予測されています。そのため、将来に備え財務状況を読み解く力が必要です。講習を受けて簿記を取得したり、取引先に研修に行ったりと、社外でも学習の場を設けています。 ・オープンディスカッション 日経新聞や時事ネタなどから本質的に迫る問いをたてディスカッションMTGを行います。