1
/
5

新卒1年目で新規事業立ち上げメンバーに抜擢!パンフォーユーで、インターン生や新卒社員が活躍できる理由とは

金丸慎太郎(かなまる しんたろう)

2021年卒の新卒採用募集にエントリー。内定後、2020年11月下旬からインターン生としてパンフォーユーで勤務開始。パンフォーユーオフィス事業のオペレーションに携わる。2021年4月、パンフォーユーに入社。同年8月より新規事業「全国パン共通券」を立ち上げ。2021年7月〜12月半期の社内MVPに選ばれる。

新卒で入社してまもなく一年。インターン生と新卒社員、両方を経験した金丸さんが感じる、パンフォーユーで働く魅力をインタビューしました。


ーまずは、パンフォーユーの新卒採用にエントリーしたきっかけを教えてください。

Wantedlyで「地方創生」「食」をキーワードに企業を探していたところ、パンフォーユーを見つけました。「新しいパン経済圏を作り、地域経済に貢献する」というミッションに惹かれてエントリーしました。

ーベンチャー企業に就職しようと考えていたのですか?

はい。私の中で、“社会を回す・動かす”大きな力を持つのは大手企業で、“社会を変える”力があるのはベンチャー企業というイメージを持っており、私は社会を変えることに携わりたいと考えていたので、ベンチャー企業を志望しました。
なかでもパンフォーユーは、最初の会社説明会で代表の矢野さんから、パン市場の現状と課題や将来の市場拡大について詳しく説明していただきました。元々「今後の成長を見据えて事業を展開している会社で働きたい」と考えており、パンフォーユーが目指す方向性をよく理解できたため、この企業で働きたいと思いました。

ー内定後、11月下旬頃からインターン生として勤務されていますよね。当時の業務内容を教えてください。

冷凍パンを活用した福利厚生サービス「パンフォーユーオフィス」事業のオペレーション業務に携わりました。具体的には、パンの納品個数の計算や、冷凍倉庫への出庫指示などです。多岐にわたるオペレーション業務の一連の流れを覚えることができました。この経験によって事業全体を細部まで理解したからこそ、相手にわかりやすい指示を出すことができ、正社員として働く今にも活きていると思います。矢野さんの書籍『失敗の9割が新しい経済圏をつくる』にも、まずは細かい部分まで事業のすべてに触れることが大切だと記されていました。

ーインターンシップを通じて、成長したと感じる部分はありますか?

基本的なことですが、さまざまな業務スキルが急スピードで身についたと感じます。例えば、当初はExcelの関数を使いこなせなかったのですが、最初から「できません」とは言わずに、上司に見えないところで必死に関数の使い方を調べて資料を作りました。未経験なことに対して「やったことないです」と言わずに挑戦したことで、パソコンスキルも上がり、資料作成の力も身につきました。次々と仕事をこなす環境によって、急スピードで自分のできることが増えていった実感があります。

ー4月に新卒社員として入社したときの目標は?

「社員の皆さんから“いいとこ取り”をして成長すること」です。
インターン時代、社員の皆さんそれぞれに、得意分野があると感じていました。パンフォーユーでは、ビジネス経験が豊富な社員の皆さんと近い距離で働けます。そんな圧倒的に成長できる環境だからこそ、皆さんの長所を“いいとこ取り”して自分自身を成長させようと思っていました。その想いは今も変わりません。

ー新卒1年目は、どのような業務を担当されたのですか?

夏頃から、パンフォーユーの新規事業「全国パン共通券」の立ち上げに携わりました。「全国パン共通券」とは、全国の加盟パン屋さんで使用できる“パンギフト券”のサービスです。私は12月のサービスローンチに向けて、準備の段階から関わりました。具体的には、パン屋さんへの営業、加盟店舗の対応、サービスキットの作成、費用の見積もりなどを行っていました。

ー新規事業の立ち上げ業務で大変だったことは何ですか?

たくさんの方と連携して、仕事を進めていくことです。以前のオペレーション業務では、関わる人が限られていました。しかし「全国パン共通券」では、社内のデザイナー、経理、営業といったメンバーから、パン屋さんや印刷会社といった社外の方など、多くの方と連携しなければなりません。連携することが不得意で混乱してしまうときもあったのですが、皆さんに助けていただきながら12月のサービス開始日を迎えました。

ー新卒1年目で新規事業の立ち上げ成功は自信に繋がりそうですね。サービスは無事ローンチされましたが、成功した理由は何だと思いますか?

ビジネス経験豊富な上司が要所要所で、問題が起こりそうな点をしっかり確認してくれたからだと思います。上司からは多くの業務を任せてもらっていたので、細かい進め方を指示されることはありません。しかし事業全体が回っているかどうかは、毎週のように確認してくれていました。「全体像をよく見て」「準備が大切」という教えのもと、大きな問題に繋がりそうな点は、その都度指摘されていました。私の失敗は上司が未然に防いでくれていたのだと思います。

ーまさに「転ばぬ先の杖」ですね!

正直、新規事業の立ち上げに適した人材は他にもいたはずです。それでも新卒1年目の私に任せてもらえる、そして新卒1年目でも成功する組織があるパンフォーユーは不思議というか、面白いというか......これが経営陣直下で働く魅力だと思います。

ー2021年7月〜12月半期の社内MVP、おめでとうございます!MVPに選ばれたとき、どのようなお気持ちでしたか?

嬉しいです! 今回は「全国パン共通券」を通じて社員の皆さんと関わる機会が多かったので、「新卒社員が頑張っている」と多くの方に評価していただいたことが、MVP受賞に繋がったのだと思います。その一方で緊張感もあり、来年度もMVPをとれるかどうかが私の頑張りにかかっています。後輩にあたる新卒社員が入社してくるので、引き続きしっかり成果を出していきたいです。

ー新卒2年目の目標を教えてください。

新卒社員のライバルになりたいです。きっかけは個人的なことなのですが、2022年のお正月にお年玉をあげる立場になったとき、「社会での立ち位置が変わったな」と感じ、与えてもらうばかりではダメだと気づいたのです。そこで子どもの頃の私が欲しかった存在である、「張り合ってくれる大人」になろうと考えました。新卒2年目として、新卒社員のライバルになりたいです。

ーインターンを経験された金丸さんですが、今は社員としてインターン生を指導されています。社員の立場から見たインターン生はいかがですか?

優秀な人が多いです。パンフォーユーのインターン生は言われたことをやるだけではなく、自ら提案して仕事を生み出す姿勢があります。その姿勢には、提案を受け止めてくれる会社・上司の存在も関係していると思います。

ー桐生本社・東京支社・大阪オフィス、それぞれでインターン生が活躍していますよね。

インターンを経験した身として、パンフォーユーのインターン生は、社員からの手厚いフィードバックがあるから日々成長できるのだと思います。私がインターン生だった当時、任せられた仕事の結果に対して社員の方がしっかりとフィードバックをくださいました。そして改善点を次の仕事に活かす。この流れを繰り返すことで、自身のスキルも仕事の質も上がっていきました。
社員になった今は、信頼してインターン生に仕事を任せて、結果をしっかりフィードバックすることを心がけています。

ーインターンを経験した金丸さんが感じた、パンフォーユーでインターンをするメリットは何ですか?

楽しく挑戦できることです。パンフォーユーは日々業務内容が変わっていき、次々と新しい仕事を任せてもらえる環境があります。その環境を楽しみながら未経験なことに挑戦して成長できることは、パンフォーユーでインターンをするメリットです。また、優しくて人当たりが良い方ばかりなので、コミュニケーションも活発です。

ーどのような人がパンフォーユーで活躍できると思いますか?

積極的に手を挙げられる人です。「リアクション芸人ではなく、アクション芸人になれ」。先日、上司から言われたこの言葉が印象的でした。振られた仕事をこなす人は多いですが、積極的に手を挙げて仕事をつかみに行く人は、そう多くはないですよね。ただ、パンフォーユーには自ら仕事をつかんで活躍している人が多いです。その姿勢を持っている人がきっと活躍するのだと思います。

ーそれでは最後に、金丸さんがパンフォーユーで一緒に働きたいと思う人物像を教えてください。

楽しみながら仕事ができる人、そして素直な人です。お金を稼ぐ目的であれば、パンフォーユー以外にも企業の選択肢はあるはずですが、だからこそビジネス経験豊富な人とともに新しいことに挑戦できる環境を、楽しみながら仕事に取り組める人と働きたいです。また私自身、人から言われたことを一度受け入れる姿勢が大切だと考えています。一度、素直に受け入れて、それから自分で考えて行動することが仕事において重要だと思います。

ーありがとうございました!


いかがでしたか?パンフォーユーは一緒に働く仲間を募集しています。インターン生や新卒1年目社員が活躍するパンフォーユー、経営陣直下で働けるパンフォーユーに魅力を感じた方は、一度話を聞きに来てみませんか?
株式会社パンフォーユー's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more