1
/
5

ありそうでなかった「インターネット・ビジネス・マネジメント」という仕事

オンサイトの仕事を端的に表現するなら、「インターネット・ビジネス・マネジメント」かもしれません。


【増え続ける、そして導入がラクになっていくインターネットサービス】

どういうことかと言いますと、世の中にはたくさんのインターネットサービスがありますよね。例えばオンラインショッピングの領域だけ見ても、まずはAmazonや楽天、Yahoo!ショッピング、BASEのような出店プラットフォームがいくつも存在しています。

自社でオンラインショッピングのWEBサイトを立ち上げることもでき、WordPressやShopifyなどを使えば、これもすぐに実現できます。

さらに、こういった「インターネット上の自分のお店」にお客さんを呼ぶための方法も、インターネット広告代理店に依頼すれば、バナー広告やGoogle・Yahoo!などの検索広告を使うことが簡単にできます。

要するに、それぞれの要素で見たら、世の中にはインターネットサービスはたくさんありますし、それらを導入することはどんどんラクになっています。


【ラクだけど複雑】

では、サービスは増えて導入もラクになったからいいじゃん!と思いきや、実際はそうではありません。

まず、似たようなサービスがたくさんありすぎて、どれを選択したらいいのかわかりません。また、「インターネット上に出店すること」「広告を出して集客すること」のように違う要素のサービスをそれぞれ別で使いこなさなければなりません。

実際には、これらに加えて「出店後に商品を登録する」「在庫を管理する」「受注処理する」「決済をチェックする」「商品を発送する」「売上の計上をする」「何が買われていて何が買われていないのかをデータ分析する」「データに基づいてやり方を改善する」……といったことまでやらなくてはいけません。

つまり、インターネットの世界はサービスが増えて便利になっているという側面がある一方で、どんどん複雑化していって、何が最適なのかわからない、初期導入はしたけど活用しきれないといった会社がむしろ多くなっているのです。


【全体を見て、全体を管理するという仕事】

そこで活躍するのがオンサイトです。

代理店として特定のサービスの導入のお手伝いをするのではなく、使えるものは全部使って、「そもそものやりたいこと」を達成するためのプロジェクトマネジメントをします。

こういったポジションの企業は、ありそうでありませんでした。

個別のサービスを提供されている会社さんももちろん魅力的ですが、こういった「それらを全部使って、全体を見て、成果を出す!」ことを生業としている企業(=オンサイト)があることも、ぜひ知っていただけると嬉しいです。

個別最適ではなく、全体最適の仕事をしたい。

そんな方はぜひオンサイトに会いに来てください。

オンサイト株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more