1
/
5

What we do

共創型M&Aを進めるMOON-X BRAND STUDIO™️
ベビー&マタニティブランドkerätä(ケラッタ)
「ブランドと人の発射台となる」 これが私たちMOON-Xのミッションです。 MOON-Xは、デジタル時代のブランド創りを行い、あらゆる消費者のみなさまに新しいブランド体験をお届けしております。創業4年目を迎えた今は、テクノロジーを活用して日本のブランドをエンパワーする事業として、①ブランド運営事業 ②ブランド支援事業 ③共創型M&A事業 の3つの事業を展開しています。 ①ブランド運営事業 私たちは、創業当時から一貫して生産者・お客様との共創でブランドを成長させています。お客様の声をモノづくりにすぐ反映する仕組みや体制、クラウドファンディングの活用、ECモールでの事業成長とスケールを実現するチームで、お客様に愛され、日本全国、あるいは世界に飛躍するブランドを目指しております。 ②ブランド支援事業 これまでの自社ブランド運営のノウハウを活かし、2021年10月よりブランド支援事業として、他社ブランド様に対してのコンサルティングやDX・成長支援の取り組みも開始いたしました。現状で多くの企業様のブランド成長を支援しており、中には事業立ち上げ当初から1年以上ご依頼いただいている企業様もございます。 ③共創型M&A事業 2021年の年末からは、「共創型M&A」(※)で、他社ブランドへの出資・資本参加し、MOON-X Familyとして日本全国、そして世界を視野に入れた成長を促す事業の総称「MOON-X BRAND STUDIO™️」を立ち上げました。共創型M&Aでは、すでに革小物ブランドのNEESE、名刺入れブランドのRoffal、ベビー&マタニティブランドのkerätäを買収し、前ブランドオーナー様の想いを尊重して引き継ぎつつ、そこにMOON-X独自のノウハウを掛け合わせ、ブランドの進化と成長を実現中です。 ※共創型M&Aとは、MOON-Xが提唱するM&Aの新しいアプローチです。どちらかがもう一方に吸収されるのではなく、互いの強みを持ち寄り、ブランドの更なる飛躍と継続的な成長を目指します。

Why we do

Co-founder/CEO長谷川がP&G・楽天・Facebookで培った全ての経験の集大成がMOON-Xの全事業に活かされている
Co-founder/CEO 長谷川がP&Gで実感した人々の生活を豊かにする「モノづくり」と、楽天・Facebookで経験したデジタル上での購買体験やプラットフォームを活用した情報発信などの「テクノロジー」に大きな可能性を感じたところからMOON-Xはスタートしました。 日本のモノづくりは、そこに携わる人のクラフトマンシップや原材料など、世界に通用する素晴らしいものを持っています。しかし、良いモノを作った後の情報発信やインターネットをはじめとしたテクノロジーの有効活用に、まだまだ大きな成長機会があると我々は考えています。 デジタルの活用で、MOON-X Familyのブランドを進化させ、お客様の生活や日本経済の発展に貢献したい。そのために何ができるのか、どのようなアプローチを取るのが最善か、MOON-Xのプロフェッショナルたちは、常に考えながらスピーディーに動き続けています。

How we do

MOON-Xのカルチャーを象徴するのが「少数超精鋭」。元Facebook、楽天、P&G、資生堂、北の達人等で活躍した各分野のエキスパートが集まり、「ONE TEAM」となって事業の立ち上げ、推進をしてきました。グロースフェーズに入った今、創業時のカルチャーを大事にしながらも、さらにアップデートをし続けていきます。 【3Values】 # スピード狂 勝つにはスピードしかない。今できることは、今やり切る。すぐ判断!すぐやる! # CONSUMER is BOSS 消費者の声と気持ちに向き合い、期待を超えるまで取り組む。 何をすべきか、Shin(代表)に聞くより、消費者に聞く # WE are FAMILY 社員もサポーターも、オーナーも、クライアントも、パートナーも。 損得なしの関係性。お互いの健康や成長を気遣い、助け合う。 2022年度、3つの事業のさらなる拡大に向けて事業上のGamePlanとして、「CORE & MORE」を掲げており、まずはCOREとして既存ブランドの成長拡大を図りながら、MOREとして積極的に新たなチャレンジを行っていきます。 MOON-Xは今、培ってきたノウハウ・ナレッジを武器に、さらなる飛躍をとげるフェーズに入ります。特に共創型M&A事業においてはFinanceも重要となってきておりますので、社内のケイパビリティの多様性も必要となっております。 様々な職種のメンバーを新たに募集し組織強化をしていきたいと考えています。ぜひ各分野のプロフェッショナルたちが集うスピード感と躍動感があふれるエキサイティングな環境で、共に『ブランドと人の発射台』を作り上げてみませんか?