1
/
5

【社員インタビュー vol.2】「WEBディレクターからDXプロデューサーへのジョブチェンジって実際どうなの!?」DXコンパス社員にインタビューしました!!

こんにちは。メンバーズDXコンパスカンパニー採用担当の鈴木です。

「ビジネス変革の羅針盤となり、心豊かな社会を創る」というミッションを掲げ2021年3月に立ち上がったDXコンパスカンパニー。

現在もDXコンパスでは、男女問わず多種多様なバックグラウンドを持ったメンバーが自身の強みを活かし、お客様のビジネス成果に貢献すべく活動しています。

今回は2017年8月にWebディレクターとしてメンバーズへ入社し、2022年4月からDXコンパスでDXプロデューサーとして活躍されているS.Hさんへインタビューを行いました!

◆インタビューを行った方
S.Hさん

制作会社・システム会社で、主にデジタルマーケティングやWebサイトリニューアルを経験。
メンバーズ入社後は、金融や通信事業会社のUX/UI改善のディレクションに携わる。
2022年4月にDXコンパスへ異動。現在は金融会社のUX/UI改善、PMO支援を担っている。

-鈴木:S.Hさん、今日はよろしくお願いします!

S.Hさん:よろしくお願いします!

-早速ですが、S.HさんがDXコンパスに社内異動を決めた理由を教えていただけますか?

S.Hさん:入社して数年間、客先常駐型の働き方をしていたのですが、参画するポジションが制作ディレクションに近く、もう少し上流工程からメンバーズのチームの一員としてプロジェクトを推進していきたくて、考えがより近いDXコンパスに異動を決めました。
ここ最近は、EMC事業部と同じようにPGT事業部もお客さまの課題解決や成長にコミットできるよう、専門チームでの内製化支援サービスを進めているので、自分が感じた違和感は会社全体でどんどん改善されていくと思います。

-正直社内から「DXコンパスってどんなことをしてるの?」と聞かれることもあるなか、何を決め手に異動を決められたのでしょう?

S.Hさん:そうですね。(笑)
自分が異動を検討していたのはDXコンパスが立ち上がって1年目だったので、これから部署を作り上げていく真っ最中なんだろうなと感じました。
だからこそこれから一緒に作り上げていけそうな雰囲気を感じワクワクしました。
業務内容もさることながら「人」が重要だと思っていて、DXコンパスへ異動前の面談で、カンパニー長含むメンバーの方のノリの良さや雰囲気で決めました。

-ノリ。(笑)

S.Hさん:メンバーズ特有の和気あいあいとした雰囲気は異動前のカンパニーと一緒ですが、質問した際のレスポンスの速さや、課題解決へのあくなき調査や思考の深さがすごいな、と。

異動したら前のカンパニーと雰囲気がまったく違っていて、良い意味でお手軽に社内転職した気分になれましたね。(笑)

-これまでのご経験の中でどんなスキルが身につき、またそれらスキルはDXコンパスでの業務にどのように活かせていますか?

S.Hさん:これまでサイトリニューアル、UX/UI改善、タスクの見える化、スケジュール管理、ご提案資料の作成やマーケ支援を経験してきました。 またメンバーズに入社してからは客先常駐の働き方も身につきました。 これら一連の経験は現在行っている「お客様のサービスを利用されている方々の声(NPS調査)をもとにKPI設計/改善施策プロジェクトを推進する」という業務に確実に活きていると感じます。
現在は取引企業に常駐しながら支援をしていますが、コロナの影響もあり在宅勤務もできるようになっています。働き方の変化を実感しています。

業務内容を具体的に挙げてみますね。

【業務内容の例】
<現状調査>
・ガントチャートの作成(タスク/担当者/期日の見える化)
・自部署/他部署へのヒアリング
・データ集計
 ⇒定性・定量データの収集
・Web上でのデータ集計
・プロジェクト説明資料の作成(自部署/他部署へのエスカレーション)

<計画>
・課題抽出
・KPI策定
・UI改善案(ワイヤーフレーム)策定
・各所へ依頼(制作、定点チェック)
・プロジェクト説明資料の作成(自部署/他部署へのエスカレーション)

<実行>
・改修後、数値分析、仮説立て、次の施策の計画・実行

-プロジェクトを推進していくにあたって意識していることを教えてください。

S.Hさん:特に意識しているのは、プロジェクトの初動段階でふわふわした状況を作らないことです。そのまま進めてしまうと上手くいかないことが多いです。必要書類やデータを収集して資料にまとめます。作成した資料を基に関係者と認識合わせをすることを心がけました。

その結果「対応が早い」「Sさんがプロジェクトに入ってきて、動きが変わった」という声をいただきました。
スピードとノリは大事ですね。

データ分析やコンテンツマーケティング、CRMなど、実行すべきことはたくさんあります。メンバーズデータアドベンチャーカンパニー、メンバーズECグロウカンパニーの方とチームで仕事をしているのですが、彼らと連携してもっともっとお客様のビジネス成果に貢献していきたいです。

-なるほどです! ところでWebディレクターから弊社内職種である「DXプロデューサー」にジョブチェンジはしやすいのでしょうか?

S.Hさん:そうですね、あんまり「Webディレクターだから」「DXプロデューサーだから」などのポジション名にこだわらず、大切なのはそれを「したいか」「したくないか」だと思います。
「この年齢だからこうしなきゃいけない」「今後のキャリアのためにこうあるべきだ」という「MUST」がもともと好きでなく、ご本人の意向や特性が活かせるかが大事だと考えています。

実際にwebディレクション業務の「タスク整理」「スケジュール管理」や各所への説明資料の作成能力が、DXプロデューサーの業務でそのまま活きますし、プラスして「課題解決するために考えて自ら動くことが好きか?」を問いてみるとよいかと思います。

そして「なぜ」という禅問答に心がときめくのかどうかがキモだと思います。
「問い詰められる」のって正直怖いじゃないですか。
過去にはお世話になった上司や、プライベートだとコーチングを受けたことがあって、自分の目をそむけたくなるような面をコーチがさらに深堀してくるんですよ。(笑)
「もう無理!」とガチ泣きしたこともありましたが、答えにたどりついたときに、数学の問題を解いたときのような爽快感がありました。
その感覚が好きかどうかだと思います。

-禅問答(笑)確かにDXコンパスにはそういう人たちが集まっている気がしますね。

S.Hさん:そうですね。(笑)

- 他カンパニーの方々から『自分は「DXプロデューサー」や「DXコンサルタント」のスキルレベルに今は満たしていないですが、エントリーしてもいいですか?」と聞かれますが、S.Hさんはいかがでしたか?

異動前に私も同じ質問をしましたが、スキルが不足していても大丈夫だと言われました。後方支援してくれる人たちもいるからと。仮に公募が通らなくても、現職のままでいられますので、試しにチャレンジしてみるのをおすすめします!
メンバーズは社内公募が盛んで、一般異動者と公募異動者の満足度アンケートの結果では、公募者のほうが約1.5倍も高いデータが出ています。(2021年10月~2022年6月調査)
異動を前向きに捉え、転職などの重い作業をせずにジョブチェンジ・スキルアップを目指すために非常に良い制度だと思います。

-最後にS.Hさんから読者の方へ一言お願いします。

S.Hさん:この記事を読んでくださってる方は今まさに転職や異動をご検討中かと思いますので、おすすめの方法をご紹介します。
1つめは、自己分析。自分がやりたいことは何かを見つめること。
2つめは、ライフプランを書き出してみること。
1つ目の自己分析ですが、私は「自分の人生でやりたかったことって何だっけ?」と自問し続けました。 転職することでそれが解決できるのか、自分に質問を投げかけてみるのがよいと思います。
2つめのライフプランですが、「ライフプランシミュレーション」でGoogleキーワード検索をすると、シミュレーションがみつかりますので、いくつか試してみてください。
「いまから3年後の〇〇歳では、仕事とプライベートでこうなっていたい」「〇〇歳になったらこういう生活を送りたい」などのイメージが描きやすくなります。
前に「この年齢だからこうしなきゃいけない」(MUST)は好きではないと言いましたが、「こうしたい」(WANT)は、より具体的にイメージを固めると次のアクションにつながりやすくなります。
仕事とお金は密接に関係してくるので、転職アドバイザーだけでなくファイナンシャルプランナーなどのアドバイザーにも相談してみてもよいかもしれません。

……と、上記2つを見える化したうえで、転職活動を進めていくとやりやすくなると思います。
そのなかで、もし弊社や私たちカンパニーに興味を持っていただけて、候補のひとつになりましたら光栄です。
Wantedlyのメリットは「気軽に話を聞きに行ける」ことなので、ぜひページ下部の「話を聞きに行きたい」ボタンをポチっとお願いします。(笑)

DXコンパスでは現在もメンバーを絶賛大募集中です!

「DX領域でスキルアップをしていきたい方」はもちろん、拡大フェーズのカンパニーでもあるため「主体的に自ら仕事を創っていきたい方」「成長意欲の高い方」、そして「キャリアアップをしていきたい方」にはピッタリな環境だと思います。

私たちと一緒に、企業のDX化実現を通して社会課題の解決を目指しましょう!

弊社にご興味ございましたら、随時カジュアル面談も行ってますので、是非下記の「話を聞きに行きたい」をポチッとお願いします!

【DXコンパスの概要】


DXプロデューサー
新規事業立ち上げメンバー追加募集!企業のDX推進を担うDXプロデューサー!
メンバーズディーエックスコンパスカンパニーは、株式会社メンバーズが2030年の目指す姿を示した「VISION2030」(※1)の達成に向け、国内大手企業に対するデジタルトランスフォーメーション(以下「DX」※2)推進支援の一環として、ビジネス要件の企画検討段階から支援する人材の派遣事業を行う、2021年3月に新たに設立された社内カンパニーです。 【事業内容ならびに特徴】 ・自社では調達が難しいコンサルティング領域のプロフェッショナル人材を準委任・正社員型派遣で提供 ・メンバーズグループ約1,500名の人材リソース(専任チームによるデジタルマーケティング総合支援・データ活用・UXデザインなどの専門領域クリエイターなど)を活用し、具体的な施策実行・運営支援まで総合的に支援が可能 ※1.メンバーズ、新ミッション・VISION2030を策定 https://www.members.co.jp/company/news/2020/0508_3.html ※2.デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation;DX)とは、企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。
株式会社メンバーズ 常駐型デジタルプロフェッショナルサービス


【DXコンパスをもっと詳しく知る】




株式会社メンバーズ 常駐型デジタルプロフェッショナルサービス's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings