1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

私たちは「イキイキと働く医療従事者を一人でも増やし、医療に貢献する」というミッションのもと、人材サービス・メディア・医療機関経営コンサルティングサービスなどを提供しています。 【主なサービス】 ・医師のための総合転職支援サイト「m3.com CAREER」 ・薬剤師のための総合転職支援サイト「薬キャリ」 ・病院の経営改善を支援する「病院経営支援PMサービス」 ・病院の成功事例を紹介するメディア「病院経営事例集」 2009年の創業以来、右肩上がりで売上成長を続け、社員数もここ3年で2倍の600名を超えました。今後はこれまでの主力事業である人材サービスに加え、「健康経営事業」「病院経営支援事業」「中国事業」の重点3事業にも注力し、より医療に貢献できる会社への成長を目指します。

Why we do

医療の”イキイキ”を増やすことが、私たちのミッション
取り組むべき課題は徹底的に共有
日々生活をしている中で、「医療」を意識する機会は少ないと思います。それは日本が長い時間をかけて、保険証ひとつで、誰もがどこでも医療を受けられるように制度を整えてきた歴史があるからです。しかし今後は、そのような素晴らしい仕組みを維持できなくなるかもしれない。これが私たちエムスリーキャリアが医療に対して抱いている危機感です。 なぜ危機感を持っているのか。その理由は大きく分けると(1)医療を支えるお金の問題(2)医療を提供する人と組織の問題の2つです。 ■医療を支えるお金の問題 日本の医療の基礎は社会保険です。国民一人一人が保険料を支払って資金を積み立てておき、そのお金を用いて病気やケガをした人が治療を受けたときの医療費を補助します。この医療費は2017年に国全体で約43兆円を計上しており、2025年には58兆円にまで膨れ上がると予測されています。 人口減少、少子高齢化が進んでいる日本では、多くの医療を必要とする高齢者が増える一方、働く人の数は減少し始めています。国全体でかかっている医療費のうち、国民が支払う保険料で賄えているのは既に5割程度となっており、残りの4割は別途徴収する税金、1割は患者負担によって支えられています。医療を支える資金をどのように維持するか、とても大きな問題となっています。 ■医療を提供する人と組織の問題 もう一つの問題は医療を実際に提供する人と組織の問題です。日本は保険証があれば基本的にどんな医療機関でも受診ができるフリーアクセス制度を採用しており、諸外国から高い評価を受けています。しかしその影響から一人当たりの年間受診回数が12.6回。世界でもトップクラスに多くなっています。 また医療サービスは医師や薬剤師をはじめとする医療従事者から患者へ直接提供されます。この医療従事者の側面を見ると、日本の人口1000人当たりの医師数は2.4人。これは先進国の中で最も低い数値となっています。そのため日本では医療従事者に労働負荷がかかりやすく、過重労働などの問題が生じています。 これに加えて、日本では高齢者数が増加していることから、慢性疾患や複数の病気を持つ方へのきめ細やかな対応ができる仕組み・組織作りが課題になっています。国民一人一人が住み慣れた地域で、自分らしい生活を最後まで続けられるようにするために何ができるか。医療だけでなく、介護・予防・生活支援など様々な分野のサービスと連携し、これまでにない新しい医療提供体制づくりが求められています。 私たちエムスリーキャリアはこれらの課題解決を目指し、2009年から事業を開始しました。創業からこれまでは「人の問題」にフォーカスし、医療の人材・メディアサービスを徹底的に強化してきました。今後は「組織の問題」にも向き合い、2025年までに医療の人と組織の課題解決でアジアを代表する企業になりたいと考えています。

How we do

女性メンバーは社内の半数!
わからないことはどんどん質問して解決
エムスリーキャリアには「情熱、誠実、プロフェッショナルの追求」という人材理念があります。 https://career.m3career.com/company/ ■情熱とは ミッションに強く共感していること。その上で、ミッションの実現と自分の業務の関係を考え、自身の役割を着実に果たしつつ、仕事の範囲を自ら拡げることで、自分を成長させること。 ■誠実とは 社内だけではなく、すべてのステークホルダーに対して、やましい気持ちなく自信を持って接することができるよう、常に高い倫理観をもって業務を行っていること。また、そうなるように自分と組織を良くしようと発言・行動し続けていること。 ■プロフェッショナルの追求とは 社内だけではなく、世の中と比べても最高の結果・成果を出すことに徹底的にこだわること。そのために必要なインプットは何でも受け入れ、また常に自己ベストを出せるよう、メンタル面も含めて万全の自己体調管理を行っていること。環境のせいにせず、周囲との協力関係を築きながら結果・成果を出すよう工夫し続けること。 面談やイベント、入社後の業務を通じて一緒にミッションや医療の課題に対する理解を深めながら、自分たちにできることは何かを考え、実行に移していきます。 医療に貢献するサービスづくりのため、エムスリーキャリアには多様なバックグラウンドをもつメンバーが集まっています。それぞれの強みや特徴を持ち寄り、事業部やグループを横断して活発にコミュニケーションをとり、チームでプロジェクトを進めます。 【コンサルタント・営業職】 金融・ブライダル・不動産業界出身のメンバーが多く集まっています。それぞれの業界で培ったコミュニケーション力、提案力を活かして、医療従事者や医療機関の課題解決に最前線で取り組んでいます。 【マーケティング職】 大手広告代理店出身者(電通・オプト・アイレップなど)やWeb制作会社、新聞社出身のメンバーが中心になっています。中にはマーケティング未経験で入社して社内表彰を受けるにいたったメンバーも在籍。広い視野と分析力を駆使して事業戦略を支えています。 【エンジニア職】 事業会社出身者(グルメ系Webサービス・ECサイト等)だけでなく、SIer/SES出身者も多数在籍。技術だけでなく事業そのものを成長させることに関心の高いメンバー多く、他事業部と連携してサービス開発を牽引しています。 (参考) 「私たちが増やしたい医療のイキイキ」 https://www.wantedly.com/feed/s/m3c_ikiiki ほんの少しでも医療や私たちの事業に興味を持った方、ぜひ一度お話しましょう!