1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

企業の課題をバドミントンで解決!『Badnowa』のサービスについてまとめてみた

こんにちは!
株式会社KOKACARE代表の竹内です。

本日は、今期から絶賛注力中(笑)のサービス、バドミントンソリューション『Badnowa』についてまとめました!サービスの中身は、イベントになったり、スクールになったり、社内研修になったり…と、カメレオンのように変わるのがこのサービスの特徴です。

この理由は後述しますので、少々お待ちを!

Why Badnowa ?

まずこのサービスのポリシーですが…

『バドミントンで、企業を元気にする』

これです!

『Badnowa』は、”ばどのわ”と読みまして、バドミントンを通して元気にする企業を増やしていくことで、バドミントンの輪が広がっていく。この影響の輪をさらに編集して、Badnowaに関わってくださった企業様のさらなる発展に寄与する。

そんな想いを込めて作っています。


こちらは経済産業省が発表している『最近の中小企業の景況について』という資料のデータですが、日本には421.0万社もの企業があり、その内99.7%が中小企業です。

なかなか実感できない数字ですが、こんなにもたくさんの会社が日本にはあります。
そしてその会社には、一生懸命働く社員・スタッフのみなさんがいるわけです。

会社が元気になれば、その分だけ社員・スタッフに還元され、豊かな暮らしに近づきます。


ただ忘れてはいけないのは、会社を元気にする(売上が上がる・従業員満足度が上がる・会社の知名度が上がる …etc)のは、結局そこで働く『人』であるということ。

だからこそ、企業の悩みは『人』に関することであふれているわけですね💦


そんな企業の悩みを、バドミントンで解決しようというのが、今回立ち上げた『Badnowa』というサービスです。

What Badnowa ?

『Badnowa』のサービススキームはこちらです!


では中身を見ていきましょう!

How Badnowa ?


①Case

このサービススキームを見て分かる通り、一番最初の企業の課題(①Case)をしっかり把握することはとても大切です。企業の課題は、大きく二つに分かれていて、だいたい『人』と『お金』です。その中でも、Badnowaは『』の悩みに寄り添うサービスです。『人』の悩みにはこんなものがあります。



いい人材が入ってこないんだよね…
入ってもすぐやめちゃうんです😓
なかなか積極的に動く社員がいないんです。。。
技能実習生とうまくやれてなくて(°_°)

これらは悩みの一部分を切り出したものですが、商工会議所が発表している『中小企業の経営課題に関するアンケート結果概要』では、商工会議所に求める必要な支援策として、こんなデータが出ています。

(元データはこちら


こちらにあります通り、『人材の採用・定着』そして『育成』に関することが上位にあります。

『こんな人の悩みをどう改善するか?』

Badnowaが追い求めていくところです!

②Style

先ほどあげた①Caseに対して、どうバドミントンというスポーツの力で解決していくか?ここが腕の見せどころです!ただその前に必ず決めるのが、②Styleです。Styleには3つあります。

【1】Restaurant(レストラン)
【2】BBQ(バーベキュー)
【3】Self-catering(自炊)

どう言うことかよく分かりませんね…。簡単にまとめるとKOKACAREがどれくらい自分たちでバドミントンイベントを運営するかということです。というか企業さまの課題によっては、何から何までおまかせするのが、必ずしも良いわけではありません。

一緒に進めたり、場合によってはKOKACAREはオブザーバーでいる方が良い場合もあります。


【1】Restaurant(レストラン)は完全にKOKACAREおまかせ。企画から運営まで全て行います。もちろん社員を会場に連れてきてもらうことはお願いしますが(笑)。なのでイメージとしては、会社向けに丸々イベントをお届けするような感じですね。

これイベント会社ではよくあるパターンです。

人手が足りないけど、自社の社員に健康になってもらいたい、スポーツを通して交流してほしい、部門を超えてコミュニケーションを取ってほしい…など。

自社にイベントを主催するリソースもノウハウもないという企業さま向けです。


【2】BBQ(バーベキュー)は一緒にイベントをやるというパターンです。ただ企画運営の陣頭指揮はKOKACAREにて行います。このパターンは、『若手の人材育成』をしたい会社に向いてます。

イベントの企画運営の陣頭指揮をするためには、ファシリテーションのスキルや、プロジェクトを遂行するためのスケジュール構築管理能力や、チームのモチベーション管理など様々な力が求められます!

まだまだそこまでは難しいけど…、ゆくゆくはそういうこともできるようになって欲しい!そんな若手の人材育成を大切にする企業さま向けです。


【3】Self-catering(自炊)は、企画〜運営まで企業さまにやっていただきます。その過程でアドバイスをしたり、ファシリテーションの指導をしたり、スポーツイベント運営のノウハウなども伝えていきます。

このパターンは、次世代リーダー・マネージャーを育成したい場合や、そもそもスポーツイベントを企画運営するスキルを内製化させ、将来的には自分たちで社内外に向けてスポーツイベントを主催していきたい場合に向いてます❗️

③ Method

さて、ここからがスポーツの魅力、バドミントンの面白さを最大限活用していくフェーズです!


そしてKOKACAREにはコンテンツ開発チームという組織があって、そこでバドミントンのアップ・レクリエーション・練習メニュー・試合形式・イベント演出…etc を磨いています❗️

ここは、内緒です(笑)

そして、面白い企画ができる方、募集です!!

④ Follow

最後は『活用』のフェーズに入ります!バドミントンのイベントをしても、社内向けの大会をやっても、ただ『やりました!』で終わっていては、すごくもったいないです❗️

これを活用してこそ、企業のブランディングや、社員の育成、さらなる組織の活性化に繋がります。


どう活用させるかは、企業の課題次第ですが、SNS発信やKOKACAREのHP掲載、プレスリリースサポートをしてメディア掲載を狙ったり。イベント中に特殊な撮影をして、発信の魅力をあげたり⭐️

各メンバーに対する研修フィードバックをすることで、さらなる学びにつなげたり…。

活用方法は企業さまの課題の数だけ存在しますね!!

こんな『バドミントンで、企業を元気にする』サービスをこれからもっとブラッシュアップさせながら、ガンガン広げていきます❗️そして、こうしてサポートさせていただいた企業さまを増やして、ゆくゆくはこんなところまで繋げるのをビジョンとしています。


スポーツ、そしてバドミントンの可能性を誰よりも信じているKOKACAREだからこそできるサービスだと思っています❗️しかもすでにサービスを届けさせていただいてる企業さまもあります!


ありがたい限りです❗️

こんなサービスを一緒に広げたいと思っている方は、ぜひこちらからどうぞ!

スポーツビジネスの事業開発
スポーツビジネスを切り拓け!バドミントンで企業を元気にするセールス募集!
【バドミントン × ソーシャルビジネス | バドミントンを通してWell-beingな暮らしをつくる】 KOKACARE(コカケア)は、バドミントンを通して豊かな世の中を創っている会社です。 健康づくり、スポーツを軸としたコミュニティ。とくにKOKACAREバドミントンスクールは単なるスキルアップではなく、日々の生活がより笑顔になるためにエンジョイであること、自己肯定感アップに繋がることなどを踏まえながら、『for your badminton』あなたのためのバドミントンであることを大切にしています。 これからは、バドミントンの力で企業を力強くするバドミントンソリューションサービス『Badnowa』や、バドミントンツーリズム『B - tourism』、ストリートバドミントンリーグ『EXTRA』をスタートしていく予定です。 バドミントンは生涯スポーツであり、老若男女楽しめる素晴らしいエンターテイメントです。しかもこれから急成長を遂げるアジア諸国に大人気のスポーツであり、日本では少子高齢化の中競技人口が伸び続けているとても珍しいスポーツです。 このバドミントンというスポーツを【手段】にして、どう社会課題を解決していくか? あくまでバドミントンを、バドミントンをする人だけのものにするつもりはありません。 まだまだスポーツビジネスは日本において発展途上です。その上バドミントンは、サッカーや野球に比べてもっと未開拓。むしろベンチャースポーツと言っていいです。 そんなまだ見ぬマーケットを切り拓きたい挑戦者、ぜひお会いできるの楽しみにしてます!
株式会社KOKACARE


最後まで見てくださって、ありがとうございました!!!

株式会社KOKACARE's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more