1
/
5

【新人インタビュー】ブライダル関係で働いていた彼女がJ・Gripを選んだ理由

 現在、J・Gripマーケティングでwebコンサルとして働いている四家(シケ)さん。コンサルティングチームの中で、web広告や戦略に関してのコンサルを行うなど、web広告会社の中で非常に重要な役割を担っている。

 そんな彼女だが以前はなんと、ブライダル関係の職業をしていたのだそう。業界未経験の彼女が、新しい業界で働くこととなった経緯と、未経験ゆえの不安、実際に働いてみてどのような感想を抱いたのか。

 四家さんがJ・Gripマーケティングで働くリアルな現状と、今後の課題について取材した。



Q.1 転職のきっかけはどのようなものでしたか?

 正直な所、一番の理由は私が以前勤めていたブライダル会社でのキャリアアップが難しかったからですね。
 六年間前の会社で働いて、後輩も沢山いましたし、任される業務も多かったです。結婚式当日では一日のオペレーションを統括させて頂いていました。しかし、私が勤めていた会社ではそれぞれの枠がすでに埋まってしまっていて、キャリアアップを目指すには誰かが辞めたり、抜けたりした後の空席を追うしか方法がありませんでした。
 向上心を持って仕事に臨みたい。現状維持が好きではない私にとって、前の会社が少し退屈に感じてしまい、もっと自分の成長に繋がるようなことがしたくて転職を考えるようになりました。

Q.2 J・Gripに応募した理由はなんですか?

 J・Gripマーケティングを実際に知ったのはWantedlyで転職先を探している際でした。恥ずかしながら求職したての頃は業界等はあまり絞っていなくて、広告業界に進もうと思った理由も大学で少し学んで、シンプルにカッコいいと思ったからです。
 その数あるweb広告会社の中でJ・Gripに応募した理由は、事前に面談ができたことです。気軽に面談を行えることで会社の雰囲気等が少しでもよく分かるのではと思い、実際にエントリーをさせて頂きました。

Q.3 実際に面談を行ってみて、感じたことを教えてください。

 私が会社に求める一番のことは”人”です。どんなに自分のやりたい仕事でも、働く際に人との関係が悪くなりやすい会社は嫌でした。その中で、J・Gripマーケティングの担当者と面談したときに、担当の方がとても親切ですごく良い人でした。
 普通なら面談といえども、他の会社と比較してより自分の会社が優れている面を見せてきたり、自社に関係のない話にはあまり答えたがらないような会社が多いです。しかし、ここの担当者さんは転職で悩んでいる私の相談を親身になって聞いてくれたり、まだ先の選考に進むかどうかも決めていない私に、会社の”良い面”だけでなく”悪い面”を今後の課題として持っていると提示してくれました。
 人として信頼を置ける人と一緒に働くことにとても魅力を感じ、その後の選考も進むことにしました。

Q.4 未経験の業界で働くことが決まった際にどう思いましたか?または働き始めるまでに行ったことは?

 正直、不安でいっぱいでした。大学で少し業界に触れたといっても、実際に働いている人と接したわけではないですし、業界用語についても疎く、、、。それでも、全くの新しい挑戦にとても心が躍りました。
 最終面接に合格し、実際に働くことが決まった後、私が一番最初にしたのは勉強でした。社長から本をお借りし、読み進めることになったのですが、広告業界は業界用語が非常に多いです。一冊の本を読み進めるにも、分からない単語を調べては読み進め、調べては読んでを繰り返していました。



Q.5 実際に働いてみて感じた面、印象と違ったところなど

 最初、web広告会社で働いている人たちは、一人でPCに向かって黙々と作業をするようなイメージでした。なので、一人で何か作業に没頭するよりも、団体の中でできることを考えて作業する方が好きな私は少し不安に思っていました。
 しかし、実際に入社してみるとチーム制になっていました。チームの中で数字を上げるように工夫したり、誰かのために周りが働く姿をみて、J・Gripマーケティングで働くことができて本当に良かったと思えました。

 今までBtoCしか経験してこなかったので、BtoBの業務というのは少し淡白なものだろうと想像していました。入社したばかりで不安に感じていた私に、先輩が言った言葉で一番心に残っているものがあります。
「営業とコンサルの違いは分かるか?営業というのは相手企業の欲しいもの与えるものだ。だが、コンサルというのは、相手企業の欲しいものだけじゃなく、相手企業に必要となるものをこちら側が先に提案していくものだ。結局は人と人の繋がりだから、相手のことをよく理解し、思いやることが大切なんだ。」
 この言葉を聞いた瞬間、淡白だろうと勝手に想像していたことが恥ずかしくなりました。ここで働く一人一人が、企業理念の『やったもん勝ち』という言葉をきちんと掲げているのがとても伝わりました。

 仕事中も普通ならば沢山の業務を抱えているときに、分からないことを聞いても結果や、結論だけ伝えて終わりになってしまうケースがほとんどです。しかし、先輩たちはたくさんの業務を抱えながらも、一度手を止めて私がきちんと理解するところまで付き合ってくれます。業界未経験だった私には非常に良い勤務環境です。

Q.6 今後の課題はなんですか?

 入社前に個人で勉強等は行っていましたが、入社してからもまだまだ学ぶことは沢山あります。日々変化していくweb広告の業界に対して、現状ではついていくだけで精いっぱいです。今は、教えて頂いたことを実際に自分でもっとたくさん実践してみて、経験をひたすら積みたいです。
 自分が尊敬している先輩たちに近づくためにも、私が大切にしている部分を貫きつつ、先輩たちの技を盗みつつ、少しでも自分の成長に繋げていきたいと考えています。
 
 そしてゆくゆくは自分が会社の要となる存在として、一緒に働く人たちを支えていけるようになりたいです。まずはチーム長の座を目指して、キャリアアップを一から積み上げていきたいと思います。

株式会社J・Grip's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more