1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

オンライン勉強会 Salesforce Saturday 茅場町#03

こんにちは。週末はいかがお過ごしでしょうか。

4月4日に有志の勉強会、Salesforce Saturdayを開催しました。3回目にして初の試みのオンライン開催となりましたが、25名に参加いただき、オフラインで集まる勉強会とは一味違った時間を持つことができましたので、内容を一部ご紹介します!

初とはいえ、Salesforce SaturdayはTokyo開催拠点が現在10拠点ほどあり、茅場町もその運営グループに参加しており、すでに別の拠点でのオンライン開催のノウハウがありました。その方法を参考に、事前準備や当日の運営も滞りなく、省力で終えることができたのがありがたかったです。

開催には、Web会議のzoomと、Salesforce文書共有ツールのQuip、それから参加アンケートには、mentiを使用しました。

参加者には、まず、開催時間にzoomに参加し、Quip上で受付と今日の自習テーマを記入いただき、各自で自習を開始してもらいました。自習のテーマは自由で、大体の参加者がSalesforceのe-learningコンテンツのTrailheadを進めていましたが、中には英語のオンライン検定を受験する!という方もいらっしゃいました。

基本は、もくもく会ですが、途中、ビデオ会話の時間を設けました。まず、開始30分後に、勉強会の説明と自己紹介の時間、また、終了30分前には手を止めてもらって、成果報告とアンケートの時間を取りました。

自己紹介は、エントリー時に記入した自習テーマを読みながら、簡単な紹介を1人ずついただきました。大阪からの参加もあったのは、オンライン開催ならではでした! また、Quipの文字を追いながら話を聞くことができたので、各自の人柄が記憶に残りやすかったというのが個人的な感想です。

自己紹介の時間のあとは、また自習時間に戻ります。zoomもミュートにして、それぞれもくもく...。隣の席の会話が耳に入ってくることもなく、集中できる時間でした。

Salesforce Saturdayでは、メンター役も挙手制で入ってくださるのが特徴です。自習で苦戦している内容や全般のお悩みなどを記入する欄を、自由に使っていただきました。もくもくの時間中に書き込むと誰かが回答を返してくれて、約3時間の間にたくさんの相談と回答が書き込まれました!オフラインでは、同じテーブル席の誰かが答えることが多いのですが、この質問コーナーは、参加者全員のやりとりを見ることができますので、リモートではあるものの、参加者を近くに感じることができ、回答の内容は、私自身もとても参考になりました。

(黄色の吹き出しが質問への回答。全ての質問に回答がありました)


自習時間の終了後は、成果報告タイム! 自習に集中でき、また他の方の質問も参考になったという声を多数いただきました。


最後に、顔出しOKの方々で恒例の記念撮影もしました!

オンラインがハンデになるかと不安もありましたが、いつもとは違う形でも自習会を楽しんでいただくことができたのが収穫でした。工夫次第で乗り越えられますね!

茅場町は偶数月の開催で設定しており、次回は、6月6日に予定しています。オンラインかオフラインかも未定ですが、日にちが近くなりましたら、wantedly meetupにも告知を掲載予定です。興味を持っていただけた方はぜひ、エントリーをお待ちしています。

また、Salesforce Saturday Tokyoは、企業の垣根を超えて毎週どこかの拠点で開催していますので、もし、いち早く参加したい方は、個別にメッセージをいただければ、詳細のご案内をいたします!お出かけできない時間の有効活用に、ぜひご参加ください


一緒に働いていただける仲間を募集しています! 詳細は各募集ページ、またはメッセージボタンから直接ご連絡ください。

PM / Salesforceコンサル

エンジニア

ITFORCE株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more