1
/
5

What we do

イタンジは、「テクノロジーで不動産取引をなめらかにする」というミッションを掲げ、不動産賃貸業における課題を解決するサービスの開発・運営をしている不動産テック企業です。 お部屋を借りる際の不動産取引では、入居者、物件を管理する管理会社、入居者と管理会社の間に入る仲介会社の3者間でのやり取りが行われ、電話やFAXを用いたやり取りや紙の契約手続きなど、時間も手間もかかる作業が発生しています。 イタンジは、そんなアナログな不動産業界をITの力で変革し、不動産取引だけでなく、引越しやその先の暮らしを支えるインフラの創造に取り組んでいます。 主要事業である、管理会社・仲介会社向けSaaSサービスでは、4サービスが仲介会社利用率No.1を獲得するなど(※1)、シェアを拡大しています。 また、イタンジのサービス導入による⼊居申込・賃貸借契約関連書類のペーパーレス化により年間約824万枚の紙の削減を達成(※2)するなど賃貸不動産業界のDXを推進しています。 <サービス紹介> ◾️リアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」https://lp.itandibb.com/bb-detail/ お部屋を探す際に、物件検索ポータルサイトで気に入った部屋を見つけ不動産屋さんに問い合わせてみたものの、すでに他の入居者が決まってしまっていた、といった経験をしたことはありませんか? 「ITANDI BB」はそんな”情報のズレ”を解消し「今借りられる部屋」のみを掲載できる不動産業者間サイトです。 仲介会社向けの調査では、「管理会社に導入して欲しい不動産業者間サイト」 「使いやすい不動産業者間サイト」の2部門でNo.1を獲得(※3)しました。 また、2023年3月には不動産会社からのアクセスが累計1億PVを突破しています。 ◾️不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジ ビービー プラス)」 https://lp.itandibb.com/ 不動産取引における物件検索から内見、入居申込、契約、更新、退去手続きまでを一気通貫でサポートするサービス群です。 仲介会社向けの調査では「内⾒予約くん」「申込受付くん」「電⼦契約くん」 「ノマドクラウド」の4サービスで賃貸不動産仲介会社の利⽤率No.1を獲得しました! 現在、約3,180社で導入(2024年1月末時点)、約79,000店舗の仲介店舗で利⽤されています(2023年7月末時点)。 ◾️ネット不動産賃貸サービス「OHEYAGO(オヘヤゴー)」 https://oheyago.jp/ 「いますぐ内見。新たな体験。」をコンセプトとするOHEYAGOは スマートフォン上でお部屋探し、内⾒予約、入居申込から契約までが完結する、賃貸サービスです。 カレンダーから内見予約、おとり物件なし、自分のペースで内見できるなど、無駄のないスマートなお部屋探し体験を提供しています。ユーザーファーストにこだわる運営で、google口コミ評価で4.8という高評価をいただいています(2023年9月現在)。 また、イタンジのグループ会社の研究開発部が開発した、複数の通勤・通学駅から最適な居住エリアを可視化するお部屋探し⽀援システム「BEST BASHO」(https://oheyago.jp/best_basho/)など、よりライフスタイルにあった物件を探す機能も利用できます。 イタンジはこれからも、デジタル社会に対応した不動産業界のDXに向け、賃貸不動産事業者の業務効率化推進を支援し、⼊居者にとって安全で利便性の⾼いサービスを提供してまいります。 ご自身のスキルを、大きなポテンシャルを秘めた不動産業界のために活かしたいと思う方、イタンジの取り組みに少しでも興味を持っていただいた方とお会いできるのを楽しみにしております! (※1)関連プレスリリース:https://www.itandi.co.jp/news_posts/1104 (※2)ペーパーレスは⾃社基準 :WEB⼊居申込件数 年間約87万件、電⼦契約数年間約8.7万件を元に算出(2022年4月1日~2023年3月31日の電子契約数について、2023年9月14日以前に公表した資料では約8.7万件となっておりますが、正しくは約9.1万件です) (※3)関連プレスリリース:https://www.itandi.co.jp/news_posts/899

Why we do

GA technologiesのグループと連携してますます成長しています!
新しい部屋への引っ越しは、生活に大きな影響を与えることであるからこそ、重要な選択であり、労力のかかるものです。しかし、不動産取引には、入居希望者にとって使い勝手の悪い仕組みが存在します。 たとえば、物件検索ポータルサイトで見つけた部屋に問い合わせても、すでに募集が終了していたり、内見や申込のたびに不動産会社に足を運ばなければならなかったりすることです。 このような状況は、不動産会社に責任があるのではなく、古くから残る業界構造や、アナログな慣習が原因で起こっています。 物件検索ポータルサイトに掲載される物件情報を扱う不動産会社は、空室の確認を電話で行い、物件情報の更新を手作業で行う必要があるため、更新が遅くなったり、新しい情報を逃してしまうことがあります。その結果、入居希望者と不動産会社の間で情報のズレが生じてしまいます。他にも、申込や契約など紙の書類で行われる手続きが多く、記入や郵送、保管に手間も時間もかかってしまいます。 イタンジは、そんな情報の非対称性やアナログな慣習を改善すべく、不動産会社の業務を効率化するシステムや新しい賃貸サービスを通じ、エンドユーザーにとってもなめらかな不動産取引を実現を目指しています。 今後も、テクノロジーを活用することで、業界構造を変えていくだけでなく、その先の暮らしをサポートする、これまでにない新しい消費者体験を創造していきます。

How we do

「カルチャーフィット」を最も大事にしています
平均年齢27.6歳!若手メンバーも活躍しています!
不動産テック企業としてバーティカル(業界特化型)SaaSを提供するイタンジは、2012年に創業し、2018年にはGAテクノロジーズへグループ入り。現在は従業員数220人(2023年7月末時点)の組織にまで成長しています。 メンバーが増えた今、より生産性高くユーザーに寄り添う組織にするため、営業とカスタマーサクセスが同じユニットとなる「Customer Focus制」を導入しています。 横の繋がりが強い業界であるからこそ、営業とカスタマーサクセス間のコミュニケーションを活発化させることで、情報やナレッジの共有・蓄積を促進する仕組み作りを目指しています。互いの仕事を学べることにより、より円滑で風通しのよい環境で働くことができます。 また、SaaSを提供する企業として欠かせないのが開発力であり、イタンジには、既存プロダクトの改良や新規プロダクトの創造に情熱を持ったエンジニアが多数在籍しています。 「ビジネス要件・実装難易度の判断・ユーザーのニーズを理解して、システムの実装・改善サイクルを素早く行うことが重要だ」という考えから、エンジニアがオーナーとしてプロダクトの仕様や方向性を決めていくことができます。そのため「自分の創ったプロダクトで世の中を変化させた」という実感を得やすい環境です。 プロダクトをリリースした後も、ユーザーからのフィードバックをもとにチーム体制で継続的にアップデートを行います。「ITANDI BB」と「ITANDI BB +」においては、年間3,000回以上のアップデートを実施しています(※4)。 イタンジはフルフレックスタイム制のため、家庭と両立しながら働くメンバーも多いです。これからも、事業の継続や将来的な成長を見据え、生産性高く働きやすい環境作りに取り組んでいきます。