1
/
5

【21新卒インタビュー#3】日常の観察からインスピレーションを受けるUIデザイナー。(前編)

こんにちは!アイスリーデザイン採用担当の三森です。

21年度新卒社員インタビュー第三弾!今回は初めてデザイナーチームから、イ ケイショウさんに話を聞きました!
幼少期からイラストやデザインが好きだったケイショウさん、UIに興味を持ったきっかけやデザイナーとして大事にしていきたいことなど色んなお話聞くことができました。ぜひ最後までお付き合いください! Photo by 野田真理菜(21新卒エンジニア)

イ ケイショウ(I Keisho)/通称 ケイショウ
1994年生まれ。2021年3月に文化学園大学デザイン・造形学科(グラフィックデザイン専攻)を卒業。
デザイン全般に興味があり、特にグラフィックやイラストが得意。最近の気分転換は数ヶ月前から通い始めたテニススクールで思いっきり汗を流すこと。


━━本日はよろしくお願いします!大学時代はどんなことをしてましたか?

日本のグラフィックデザインに惹かれて来日し、まずは2年間、語学から学びました。その後、文化学園大学に入学しグラフィックを専攻していましたが、グラフィックだけでなく、デザインに関することを幅広く学びたかったので、藍染やプリントデザインや版画なども選択授業でとっていました。特に藍染は、布で自身の世界観を表現出来るのが魅力的でとても楽しかったです。藍染の作品が学校のイベントで展示されたこともあり力を入れていました。他に印象に残っているのは、架空のお店のデザインです。まずどんなサービスや商品の提供をしたいか決めてからコンセプト設計をし、そのコンセプトをしっかり伝えられるようなロゴのデザインをしました。また、メニューやショップカード、サイト、アプリまで統一感を持たせて作成をしました。

幼少期から絵を描くのが好きで、本格的にデザインの勉強を始めたのは大学に進学してからです。作品を販売したことはないですが、パターンデザインのカレンダーを作って友人にプレゼントしたりもしてました。イラストを描くのも好きなので、大学に通いながら夜間の専門学校にも行っていました。今も趣味で描き続けています。この写真は自分で描いたイラストをシルクスクリーン印刷でTシャツにした時のものです!



━━ケイショウさんのイラストは独特なタッチとポップな色使いが印象的で、個人的にとても好きです!UIデザインに興味を持ったきっかけはなんですか?

数年前に日本のアプリを初めて使った時に、ごちゃごちゃして分かりづらかったり、デザインに少し違和感を感じました。そこで日常的に使うWebサービスがもっとより良く使えるようなデザインの仕事に携わりたいと思ったのが、UIデザインに興味を持ったきっかけです。UIデザインは学校の授業にはなかったので、独学で勉強しました。ネットの記事やYouTubeで情報を収集したり、インターンシップに参加したり、幸いにも周りにUIデザインの仕事に携わっている知り合いがいたので、作ったデザインを見てもらってフィードバックを貰ったりしていました。
あとは習慣的に、生活の中で良い体験や悪い体験を観察してみたり、デザインの観点から分析するのが好きです。そういったこともUIデザインに影響を与えるのかなと思います。菅 俊一さんの著書に『観察の練習』という本があるのですが、日常の観察の仕方について書いてあり面白くておすすめです。


━━i3DESIGNの選考に進んだ理由と入社の決め手を教えてもらえますか?

クライアントワークと言っても単純に顧客の要望を聞くだけではなく、プロフェッショナルとして価値の提供をするというビジネスに魅力を感じました。思いやりのあるサービスやデザインを作りたいと思っているのですが、自分のデザインの考え方である良い体験の提供が叶う場だと思ったので入社を決めました。
あと、様々な企業の案件に携わっているので、常に新しいことにチャレンジし、成長出来る環境だと思います。

今回は学生時代のエピソードをメインにご紹介しました。後編では、合同研修の感想や本配属後の様子をしっかりお伝えします★


デザイナーチームの取り組みやナレッジなどを発信しています!ぜひご覧ください。
i3DESIGNデザインチームnote

サービスについてのご相談ございましたら、是非お気軽にご連絡ください。
資料ダウンロードはこちら
お問い合わせはこちら

株式会社アイスリーデザイン's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more