1
/
5

HERPのSaaSビジネスのビジネスサイドメンバーの構成と経歴を紹介します!

はじめまして!株式会社HERPで事業開発担当をしている河井と申します。HERP社としてかなり久しぶりのWantedlyのストーリー更新を任され、結構緊張しています。

上述のように久々のストーリー更新になるため、HERP社が直近何をしているのかを抜粋してお伝えしますと、下記のようなことをやっています。(2021年8月現在)

  • スクラム採用を実現するための採用管理サービス HERP Hireの提供
  • タレントプールサービス HERP Nurture(β版)の提供
  • その他採用管理・オペレーション支援(デジタル庁(準備中)設立に向けた民間人材採用など)

今回は、HERPってどんな人が働いているの?企業HPみたいにみんな黒い服着ているの?と気になった人向けに、2021年8月現在のHERPのRevenueチーム(ビジネスサイド)について、構成とその歴史を書いていこうと思います。(結論、毎日は黒い服を着ていませんが黒い服を着ている頻度は高いと思います。)

Revenueチームとは?

Revenueチームとは、B2B*SaaSであるHERP Hireをお客様に知っていただき、利用いただき、採用成果を創出いただくまでを担う組織です。ざっくりまとめると、新規リード創出を担うマーケティング、リードに個別アプローチしアポ創出を担うインサイドセールス、アポを案件化し発注いただくまでを担うフィールドセールス、サービス活用によるユーザーさんの採用成功を支援するカスタマーサクセスの4職種で構成されています。(いわゆるTHE MODELをイメージいただければわかりやすいかと思います。)

HERP社ではRevenueチームの他に、デザイナー・エンジニアのDevelopmentチーム、バックオフィスを担当するCorporateチーム、既存事業の非連続な成長や新規事業の検討を行うBizDevチームがあります。(なお、私はRevenueチームでフィールドセールスを担当した後、BizDevチームに移った形になります)

2021年8月現在のRevenueチームの構成:多様な職歴を持つ中途社員と新卒出身社員のハイブリッド

それではまず、現時点でのチームメンバーの構成とその経歴を紹介します!(総勢17名)

  • マーケティング (MK)
    • 内定者A(外資系戦略・マーケティングコンサルタント)
    • 内定者B(スタートアップのマーケター)
    • 元Web広告代理店の営業
  • インサイドセールス (IS)
    • 元UXコンサルファームのSaaSのIS
    • 元チャットツール系SaaS企業のIS
    • 新卒内定者インターン
  • フィールドセールス (FS)
    • HERP新卒4年目
    • 元大手HR関連企業のSaaS営業
    • 元HR関連スタートアップのCOO
    • 元建設関連スタートアップのSaaS営業
    • 内定者C(メガベンチャー企業の採用担当)
  • カスタマーサクセス (CS)
    • 元外資系SaaS企業のCS
    • HERP新卒3年目
    • 元人材紹介関連スタートアップの採用担当
    • 元大手生命保険企業の営業
    • 元大手石油開発企業のエンジニア
    • HERP新卒1年目

上記以外に、業務委託やインターン生にもお手伝いいただいています。メンバーの特徴としてはこんな感じでしょうか??

特徴1:経験を積んだメンバーが各職種を牽引している

  • 急成長スタートアップや事業会社、ベンチャー企業で経験を積んだメンバーが各職種ごとにチームを牽引しています。
  • 採用2.0の実現というミッションを共有しながら、日々新しく沸き起こる課題の解決に取り組んでいます。

特徴2:未経験者や新卒出身者も多い

  • 大手企業出身者など、もともとSaaSやIT領域での業務経験がない方も多いです。かくいう私も経営コンサルティング業界出身でIT・営業経験ゼロの人間でしたが、フィールドセールスを担当していました。
  • また、HERPは2017年創業の5期目の会社ですが、HERPでの長期インターン出身の新卒メンバーが多いことも特徴です。
  • ユーザーの採用成功とビジネス成果への強いコミットメントと、深いプロダクト理解(をするための素早いキャッチアップ)があれば未経験者でもどんどん前線で活躍していただくというスタンスです。

特徴3:採用担当のバックグラウンドの方もジョインしている

  • HERPは採用の事業領域で勝負している企業なので、採用ドメイン・業務理解が深いことがとても重要です。
  • そのため、採用担当出身だがビジネスサイドのチャレンジをしたいというメンバーにも活躍していただいてます!

2年前はどうだったのか:各ポジション1名体制で右も左も分からないまま走り続ける

上述のように、現在では20名弱となり各職種にも『チーム感がある』状態になってきましたが、プロダクトローンチ当時(私の入社よりもはるか前)はどんな感じだったのでしょうか

  • MK
    • 元UXコンサルファームのSaaSのIS
  • IS
    • 元HRテックIS
  • FS
    • 新卒当時2年目
  • CS
    • 新卒当時1年目

THE個人商店という感じですね。SaaS事業経験者はほぼ0で、よくわからないままとにかく走り続ける感覚だったと聞いています。

この時期に比べると現在のチームのほうがもちろん質も規模も高い・大きい活動を実行できているのは間違いないのですが、初期の頃の文化や仕組みがその礎となっているところがあります。それは、『改善の意識が強い』というものです

HERP社の行動指針に『カイゼンする』というものがあるのですが、この意識は初期から強いと聞きます。例えば、

ボトムアップ文化

  • 考えたらあたりまえなのですが、未経験者も多い初期のメンバー構成を考えると、伸びしろ・カイゼンしろだらけなわけです。だからこそ、現在でもメンバー全員が謙虚に現状の課題を捉え、自分ごととして日々の動き方や対顧客・対社内コミュニケーションのカイゼンに毎日取り組めているのではないかと思います。

データや仕組みを初期から整えている

  • ISを担当していたメンバーが前職でSalesforce(CRMツール)に精通していたこともあり、プロダクトリリース最初期から案件管理をSalesforceで運用していました。
  • そのためリードや案件データが比較的充実しており、日々の施策検討の際の材料や、スムーズな新メンバーのジョイン・配置転換のための情報を用意しやすいと感じています
  • (ちなみに、この夏入社した元SalesforceのCSメンバーにも、スタートアップの中でもかなりSFを活用できている、と驚きの声をもらえました笑)
  • 現在ではこの基盤を活かして、毎日の各チームの朝会や月次目標・施策の策定なども基本的に全て数字に基づいていることが求められます

今後の展開:THE MODELの単線的な拡大フェーズが終わり、有機的に事業を広げていくフェーズへ

これまでは、ファーストプロダクトであるHERP Hireの提供を通じた事業基盤の構築のための事業・企業拡大を行っていきました。大変ありがたいことに、上述したように人員も拡大し、ITベンチャー・スタートアップ企業を中心とした幅広いユーザーさんにご利用いただけるようになってきました。

ですが、私たちは採用2.0の実現を目指しています。1プロダクトを販売して終わり、というような目線では当然それは不可能です。まだまだ、成し遂げなければいけないことは無限にあります。

その中でもビジネスサイドには下記のようなチャレンジが広がっています。

  • Revenue(売上)だけでなくService(サービス)として、ユーザーさんの採用成果創出にコミットする組織を作っていく
  • 既存のHERP Hire、HERP Nurtureだけでなく、ユーザーさんの採用課題を解決する新サービスを次々と立ち上げていく
  • サービスやチーム間をつなぎこみ、ユーザーさんの採用成果を最大化する

そのためには、月並みな表現ですが、まだまだ仲間が必要です。これまではレベニュープロセスに則った拡大をしてきましたが、これからはそれだけでなく横へ斜めへの拡大が求められています。

こんな人と働きたい!

B2B*SaaSでの1->10を牽引したい方

  • ユーザーさんによるプロダクトの活用データからの施策検討と実行、外部パートナーを活用した事業拡大、ITベンチャー・スタートアップを中心としたターゲットマーケットからの拡大など、基盤となるオペレーションプロセスが整い始めた今だからこそ積極的に実行できる施策が山のように溜まっています。業界トップのSaaSサービスを一緒に作りたい方を求めています!

HR領域での0->1にチャレンジしたい方

  • 走りながら学んできたメンバーばかりのHERPにおいて、0->1をするために、今まで事業を立ち上げた経験は必須ではありません。走りながら学べば良いからです。(実際私は今0->1に近いことをやっていますが、これまで事業を立ち上げた経験はありませんでした。)既存の方法論にとらわれず、従来の採用活動を変革しうる事業仮説を高速で回し続けるチャレンジャーを求めています!

企業のサービスやデータ、資産をかけ合わせアウトカムを最大化したい方

  • 上記でかっこいいことばかり書いていますが、複数サービスの立ち上げにはHERPとしても挑戦し始めたばかりで、企業としてのシナジー創出のためのまだまだ手探りな状況です。データ活用や仕組み化を通じ掛け算を生みまくりたい方を求めています!

最後に

以上、長くなりましたがHERPのビジネスサイドのイマでした。ここまで読んでいただいて少しでも弊社の事業やメンバーなどにご興味をもっていただいた方はぜひ気軽にお話しましょう!

株式会社HERP's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more