This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

アプリを支えるのはホリデーのスイーツ番長 iOSエンジニア チームメンバーインタビュー

創業陣に次ぐ長いキャリアの業務委託メンバー


ーよろしくお願いします。もうだいぶ長いですよね?

はい、お手伝いさせていただいて2年半くらいになります。


ー私よりかなり先輩です(笑)もともとお手伝いいただくきっかけはなんだったのでしょうか?

もともと受託の会社で長く働いていたのですが、ちょっと外の会社も見てみたいと思い始めまして、その時にWebサイトの募集で出会ったのがきっかけです。もう会社はクックパッドさんから独立されていたので昔の表参道オフィスでした。


ーなるほど、では募集を見られるまではHolidayはご存知なかった?

はい、知りませんでした。募集をしている企業をいくつか見る中で初めてアプリを触りました。どの会社が良いかなと調べていたのですが、実際に触ってみて、丁寧に作られているな、というのが最初の印象でした。で、どういう会社なんだろうと興味が湧いて応募させていただきました。



プログラミングは独学で習得


ー今はアプリの開発をメインに進めていただいていますが、もともとそういったお仕事をされていたのでしょうか?

いえ、一番最初はまったく畑違いのアミューズメント系の会社で働いていました。その後職業訓練校で初めてプログラミングに触れました。その時はPHPとHTMLから始めて、学校内で実施されていた塾的なところでiOS開発を学び、そこからアプリ開発に興味を持ちました。結局10回くらいの授業を受けた後に東京へ出てきました。


ーではそんなに昔ではないんですね

はい、5~6年でしょうか。基本的に職業訓練校以外の学校には通わずに独学でした。


ーそれで今ご活躍されているのが本当にすごいと思うのですが、プログラミングのスキルは、私のような文系人間にも後天的に身につけられるものなのでしょうか?

はい、全く問題なく身につけられると思います。もともとパソコンが好き、というような興味はありましたが、プログラミングは初心者でした。職業訓練校は下は16歳、上は80歳過ぎの方までバラエティに富んでいて、本当に基礎の基礎しか教えてもらえませんが、自分には逆にそれが良かったかもしれません。今思うと、この程度の知識とスキルでよく就職できたなと思いますね(笑)その分入ってからが大変ではありました。自分の力量が分かっていないくらいの初心者だったので、現場で揉まれながら、なんとか勉強して付いていけるようになりました。


ーでは学ぶのもやりながら?

はい、やりながらです。もちろん基礎に立ち返っての勉強もしましたが、現場で積み上げていけたことが一番良かったなと思っています。


ー勉強に使ったツールや勉強の仕方はありましたか?

ひたすら分からないことを検索して調べていました。あとは当時正社員で働いてた、今は業務委託としてお手伝いしている会社は受託案件がメインで、その時に別案件含めて生きたソースを見せていただけたことも大きかったです。空いている時間にひたすら見て、この人はこういう書き方をしているな、とか、こういうやり方もあるんだ、という事例を集めて、自分なりのテンプレートを構築して学んでいきました。


ー今少しお話いただきましたが現状はフリーランスで働かれている?

はい、フリーランスです。この働き方の良いところは、文字通り自由なことですね。ただ、自由といってもなんでもやっていいわけではないですので、相手の会社さんとの関係の中で、自分にとってバランスが良い働き方ができることです。色々な方がいらっしゃると思いますが、私はある程度きっちりと自分で時間を決めて働くのが好きなので、ホリデーさん含めて今の働き方はとてもやりやすいです。ただ、今受注できている仕事がなくなったらという将来的な不安はありますので、緊張感を持って、常に自分をアップデートしていくつもりで仕事をしています。


ープログラミングは日進月歩ですものね

はい、特に私はしっかりと学校で学んだ基礎があるわけでも、期間も長いわけでもないので、特にiOSに絞って情報を集めて学ぶことで、ようやく他の人に太刀打ちできるくらいになったのかなと思っています。


ー海外の情報も集められますか?

しています。Twitterとか技術系のブログ、また国内のQuitaなどもですが、ひたすら見て、タイトルで少しでも引っかかったら保存、土日や空いている時間でまとめて読んでみて、特に気になる部分は自分でコードを書いてみます。


ー日々勉強ですね

毎日欠かさずやらないと、場合によっては1日遅れただけで手遅れになることもあります。iOSは特に年に1回メジャーアップデートがあって、Androidに比べて多くのユーザーがアップデートをするので、古いやり方が通用しなくなってしまいます。なので常に新しい情報をインプットするように意識しています。



対面のMTGは週1回。その他はリモートで業務を行っています


ユーザーだからこその視点


ー今まで主要プロダクトであるiOSバージョンの開発を担ってきていただいていますが、作り手の視点でのHolidayのチームの良さってありますでしょうか?

今まで受託の会社で、基本的にお客さんのご要望では開発や改善を行ってきていますが、自分の経験してきた案件と比べても、Holidayのバージョンアップのスピードは早いと思います。例えば、バグの修正の速さも驚きでした。受託案件では、小さなエラーが見つかっても時間とプロセスを掛けて直していく感じでしたが、Holidayは本当に翌日には修正してしまう。そういうスピード感がいいなと思います。


ー機能面はどうですか?

Holidayは自分で使いたい、使っているアプリです。スポットも日々保存していますし、ユーザーとして魅力があると思っています。なので作っている側としても常に「意味がある」と心底思える機能追加や、チャレンジングなこと、例えばスクショクリップなどの新機能もすごくいいなと思います。


ー逆にここはこうしたほうがいい、と思うポイントはありますか?

基本的には週一のMTGで大体フィードバックをしているので、自分で思っていることは全て伝えて、多田さんに振り分けていただいています。ですので、機能として「これ」というのはありません。ただ、私も多田さんもエンジニアとしてUIに寄ってる部分が多いかなと感じています。装飾的な部分などを削いだミニマムに使いやすいUIを目指していて、分かっている人には使いやすいと思いますが、例えば旅行を決める時のワクワク感みたいなエモーショナルな要素はもっと入れていきたいと思っています。


ー旅行はお好きですか?

旅行よりもおでかけ中心で使っています。新しい飲食店、行きたい飲食店をマイスポットやプランに貯めておいて、友人と出掛けて行くときなどに見返しています。



いつも素敵で美味しいスイーツを買ってきてくれる山田さん


ー最近のオススメのお店はありますか?

池袋にあるチューリップローズというお店です。このお店はその名の通りチューリップの形をした綺麗なお菓子を販売しているのですが、お土産に購入しても皆さんに喜んでいただくことが多いです。宮崎の実家の母に送ることもあるのですが、個人的にスイーツが好き、かつ手土産を持っていく機会も多いのでHolidayにもそういうお店をストックしています。特に最近では、iOSアプリでSNSやテレビで話題のスポットをチェックできるので、それで新しい話題のお店を見つけてマイスポットに登録して行ってみることが多いです。


ー遠出というより生活に近いところで使っていただいている感じですね

最近は忙しくて旅行に行けていないのですが、行きたいところの情報は保存しておくようにしています。


ー山田さんいちおしの機能はありますか?

機能ではないですが、iPadアプリはちょっとモバイルとは違った見た目でとても使いやすいので試していただきたいです。


ーご自分の今後のキャリアについてはどうお考えですか?

今は非常にバランス良く仕事をさせていただいています。受託のお仕事はあまりHolidayと関係ないことをやっていますし、Holidayは非常にクリエイティブに進めています。全然違う仕事ですが、違うからこそ相互で良いフィードバックができると感じているので、ここ数年はこの働き方で進めたいと思っています。


ー今後もチームの一員として良いサービスを作っていきましょう。ありがとうございます!

ホリデー株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more