1
/
5

フロントエンドエンジニアとして入社したメンバーに入社エントリーを書いてもらいました!

こんにちは、Gaji-Labo フロントエンドエンジニアの鈴木です。

少し前になりますが、メンバーが入社エントリーを書いてくれました 🎉

入社エントリーって書いてもらえると嬉しいですね。こちらで一部ご紹介させてください!

こんにちは、 Gaji-Labo フロントエンドエンジニアの茶木です。

10月に Gaji-Labo に入社してから 2ヶ月が経とうとしています。新しい環境の2ヶ月という期間は、馴染み切るにはちょっと早いけど、右往左往せずにメンバーとして行動しはじめる時期だと思います。

言い換えると、他のメンバーには当たり前になっていて感じにくい 「Gaji-Labo はちょっと違う」がまだ意識的にも感じられ、かつ、その真髄が見え始める ”マジックアワー” だと思うのです。この時間帯を利用して入社エントリーを書けば、Gaji-Labo の雰囲気を素敵な鮮度でお伝えできるはずです!

オンボーディングが手厚い

入社直後、オンボーディングという、社内規定や基本ツールの設定やベーシックな動き方などについての解説をうけました。これが手厚いのです。

代わる代わるメンバー全員が Zoom での説明を受け持ったり、画面共有で一緒に操作してみて進めていき、理解が怪しいところや進捗がわかるように trello を使ってメンバーに共有し、フィードバックもあります。他の組織だったら、担当をひとりつけて終わらせちゃったりすることもありそうじゃないですか。

スピードがちょっと違う

オンボーディングの改善点を始め日々の収穫は、esa や Slack など、ドキュメント化されて共有され、実施が必要なものなら、すぐに反映して行動していくマインドをメンバーがもっているように思えました。

問題解決に前向き

実務の話も同様で、良いものを作りたいと全員が思っていて、物怖じせずにコミニケーションをとって問題解決を大胆に進めていくので、つまらない駆け引きや無意味な理由でやる気を削がれたりはまだしていません。もの作りが大好きな人には素敵な環境だと思います。

まとめ

主に、オンボーディングを例に話しましたが、業務のさまざまな部分で各人の行動力が見えます。

「みんなで良くするぞ」じゃなくて、「自分が良くするぞ」と考えてる人がみんななので、筋繊維の一本一本が太い筋肉みたいに厚みがあります。パワー!!!

※この記事は『2ヶ月経っての入社エントリー』の一部を抜粋して編集し直したものです。内容全文はブログでご確認ください。

株式会社Gaji-Labo's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more