1
/
5

新卒1年目で担当した新機能開発が「ユーザーに寄り添うものづくり」を教えてくれた

こんにちは。コーポレートの真辺です。

今回は、エバーセンスのものづくりについてご紹介したいと思います!先日、入社4年目のメンバーが、新卒1年目のときに関わった仕事についてnoteを書いてくれたので、ぜひ読んでみてください。

こんにちは。ninaru編集部の石川です。「ninaru」シリーズの各プロダクトの裏側や私たちの想いを発信するnoteをはじめました。

「ninaru」シリーズは、妊娠、出産、子育てに関わる人をサポートするプロダクトです。その中の子育てアプリ「ninaru baby」には、その日の天気に合わせて、最適な子供の服装や持ち物の提案をする「お出かけ子供服予報」という機能があります。

実はこの機能のコンテンツ作成は、私が新卒1年目(というかエバーセンスに入社して約2ヶ月)のときに担当しました。

「またやりたい?」と聞かれたら、「いやさすがにもうやりたくないですね…」と答えてしまうくらいヘビーな仕事でした。でも同時に、エバーセンスが大切にしている「ユーザーに寄り添うものづくり」を実感した、1番楽しかった仕事でもあります。

私は今年で入社4年目。当時のことを忘れてしまう前に、エバーセンスのものづくりを何も分かっていなかった新卒1年目の私が、お出かけ子供服予報をがむしゃらに作った話を書いておこうと思います。

新卒1年目、なぜか任された新機能の開発

2018年5月、「ninaru baby」PO(プロダクトオーナー)の坂上に、「新機能の開発に参加してよ」と言われたのが、全ての始まり。

私はエバーセンス入社後「こそだてハック」というウェブサイトの記事を書いていました。内容は、妊娠・出産・育児に関わること。未婚で子供もいない私にとっては、全く知識のない領域です。とにかく勉強して、記事をきちんと書けるようになることに必死の毎日でした。

エバーセンスのプロダクトの中には、当時からいくつものスマホアプリもありましたが、当時の私はアプリの仕事については全く知りませんでした。当然「ninaru baby」の提供価値も、いまいち分かっていない…。

なのに、突然任されたアプリの仕事。しかも新機能の開発。

仕事を振られたけど、これから自分がやることも、目的も、スピード感も、なにも分からない。本当になにも分からないけど、とりあえず仕事を任されたからには頑張らないと…!という気持ちでした。

こうして迎えた、キックオフミーティング。

議事録を見返してみたら、お出かけ子供服予報の価値はこう書かれていました。

*天気の情報だけでなく、その天気だから何をするのか、という行動の提案をする
→そのアクションとして大きいものが「服装」
=「出かけるときに何を用意すべきか?その日の行動はどうすべきか?」を知りたい

そしてお出かけ子供服予報に載せるコンテンツは、次の4つと決まりました。

・天気予報(今日・明日・週間天気)
・子供の服装の提案
・持ち物の提案
・ワンポイントアドバイス

▲お出かけ子供服予報の画面。このUI/UXを決めることからスタートしました。

私はこれらのコンテンツの内容、つまり服装やアドバイスを出すロジック、アドバイスの文章を全て考える担当。

いや、、今思い出してみても、考える事てんこ盛りです。

キックオフでは、社長の牧野が「お出かけのときに、子供の服選びすっごく困るんだよね。」「まずはスピード重視!手をかけすぎず、でも最低限の価値を提供しよう。」と言っていました。リリース目標は、本格的な夏が始まる前、つまり7月頭。

この時の私は、「とりあえず子供の服装の提案と、天気が分かればいいってことかな?」くらいの認識でした。スケジュールもタイトだし、限られた開発工数内でとりあえずできるものでいいんだろうな、と。

このせいで私は、後に大変苦しむことになります…。

いま思い返してみると、記事を書くために育児のことを勉強していたとはいえ、明確にママの気持ちは想像できていませんでした。だから、なんでこの機能を開発するのか、なにがユーザーにとっての価値なのか、きちんと腹落ちしていなかったのです。

子供の服装、考えるの難しすぎる…

開発をするにあたり、まずは社内のママにヒアリングするところからスタート。そこで初めて知ることがたくさんありました。

・月齢によって赤ちゃんの体温は異なるので、服装選びは変わってくる。
・ロンパースかセパレートかでも服装選びは変わってくる。
・夏は熱中症対策になにをしたらいいのか困る。出かけていいのか、出かけるなら保冷剤持った方がいい暑さなのか。
・赤ちゃんは汗っかきだから、どれくらい薄着にするか悩む。
・夏はエアコンが効いてるので、冷えてしまわないか心配。
・半袖1枚なのか、上着が必要なのか微妙な天気のときに困る。
・気温差があると困る。
・帽子は曇りでも被せるから、UVは常にチェックしている。
・抱っこ紐かベビーカーかでも服装は変える。

いや、、子供の服選び、大変すぎじゃないですか…?

我が子の健康のために、お出かけのときの服装にこんなにも悩んでいることを知り、しっかり調べて適切な服装を提案しなければと強く思いました。

月齢ごとに赤ちゃんの体温が異なることを考慮し、生後0〜5ヶ月、6ヶ月〜11ヶ月、1歳以降で服装の提案ロジックを分けることにしました。提案する服装は、最高気温とUVの掛け合わせで判定。そのロジックは、ママに様々な気象条件ごとに実際に着せる服装をヒアリングして作成しました。

また、服装は生後0〜5ヶ月はロンパース、6ヶ月以降はセパレートで提案することにしました。

服装のデザインは、初段は男女兼用に。ママたちが見てテンションがあがるような、こういう子供服ほしいな〜と思ってもらえるような、かわいいデザインを作ってもらいました。

次は、服装の他に提案する持ち物を考えることに。ママたちに聞いてみると、子供とのおでかけには持ち物がたくさんあるとのことだったので…

私「必要なもの全部提案しておけばいいですよね…足らない方が困るし。」

ママたち「いや、人によって持ち物は違うから、中途半端に提案されても困るんだよね。」

そうなのか……。

「持ち物」として提案するのは、みんなが共通して悩む物に絞り込もう。色々考えた結果、傘と上着だけを提案することにしました。雨が降ったとき、傘を持たずにレインウェアを着るという場合もあるだろうけれど、「雨が降るよ」ということを示すための「記号としての傘」という位置づけです。

日本全国の天気予報をひたすら調べる日々

次に着手したのが、ワンポイントアドバイスのロジック。

しかし、参考にするものがない。子供の服装を選ぶための天気予報なんて、存在しない。そこでとにかくテレビの天気予報をたくさん見て、私はお天気お姉さんよ!!という気持ちで、この天気のときに何を伝えるか?を考え続けました。

「アドバイスは、複雑にすると開発に時間がかかる。でも、簡易的に服装とアドバイスを一対にするなど中途半端に出すのはリスクだね。」

牧野にこう言われていたので、複雑すぎず、でも天気予報に則したアドバイスのロジックを考えなければいけませんでした。

さらに、ワンポイントアドバイスの内容は、「その天気だから何をするのか?という行動の提案」でないと意味がありません。

いや、もう、考慮することが多すぎる…。正直パニックでした。

試行錯誤した結果、このように、天気に紐づいた行動に関する一文と、気温または熱中症指数に応じた行動に関する一文を組み合わせて出すことにしました。

このロジックできちんと正しい内容をアドバイスできているかを検証するために、過去の天気情報にあてはめて、様々なパターンでシュミレーションをしました。私は気象予報士を目指しているのか???と思うようになるほど、頭のなかは天気でいっぱいでした。

「このくらいでいいか」じゃ、だめだった。

こうしてどうにか仕上げたコンテンツたち。開発も間に合って、いざ牧野チェック!

しかし、私の作ったワンポイントアドバイスの文章とロジックをみた牧野は、こう言ったのです。

「うーん、惜しいね。1週間伸ばすから、やり直そう。」

???????????????

この時の衝撃を、今でも覚えています。

牧野がキックオフで言っていた「まずはスピード重視!手をかけすぎず、でも最低限の価値を提供しよう。」という言葉。

私のつくったロジックとアドバイスは、「最低限の価値」を提供できていないと判断されました。

「雨がいつ降るかは、何時に降るのか知りたい。お迎えのときに降るの?それとも夜に降るの?雨時々くもりなら、曇りになるタイミングにお出かけしたいよね。」

ママがお出かけの時に何に困っているのかは、分かっていたはずなのに…いや、たぶんその理解度は浅かったのです。ママがどんな時にこの機能を使うのか、提供すべき価値は何なのかが、私はまるで分かっていませんでした。

お出かけ子供服予報は「その日の天候に対して、我が子の健康のために最適な服装や必要な物がわからない」というママの不安に寄り添う機能。

ワンポイントアドバイスで欲しいのは、ただの天気の情報ではなく「だからどんな行動をしたらいいか?」という提案です。

エバーセンスのものづくりで大切にしているのは、ユーザーに「寄り添う」こと。この機能を使うママのことを考えたら、アドバイスの言葉ひとつひとつにもっとこだわるべきだし、おせっかいと思われるくらい丁寧に具体的に「今日はこうするといいですよ」って伝えてあげるべきなのです。

なのに私は、この機能を使うユーザーのことが、どこか他人事でした。いつの間にか、期限までに完成させることが目標になっていた。

自分の考えの甘さを、痛感しました。

徹底的にユーザーに寄り添うために。全て作り直した。

「惜しいね」なんてもう絶対言わせないんだから!!!!!

負けず嫌いな私は、徹底的に見直すことにしました。

・・・

▼続きはぜひ公式noteで!

https://note.com/eversense/n/n28e9ff73d4b4

株式会社エバーセンス's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more