1
/
5

オンオフがあってもいいし、なくてもいい。覚悟を持って働き方を選ぶということ

こんにちは。コーポレートの真辺です。

働き方が多様化している今、私のまわりにも、自分にあった働き方を考え、試行錯誤している人がどんどん増えてきました。

もともと働き方の選択肢を増やしたいと考えていたエバーセンスにとっては、理想としていた社会に急速に近づいていると感じています。

個人だけではなく、企業もこれからの働き方を作っていかなくてはなりません。私もコーポレートとしていろんな働き方をキャッチアップしています。

ただ、エバーセンスが会社の方針として、メンバーにこういう働き方をしてほしい、ということを発信することはありません。(コロナのような外的要因がある場合は別ですが)

この考え方について、面談でもご質問いただくことがあるので、少し詳しくお伝えしていきたいなと思います。

目次
1.オンオフがあってもいいし、なくてもいい
2.働き方も属性も、偏りのない組織でありたい
3.大事なのはいいものづくりに向かって、結果を出すこと

オンオフがあってもいいし、なくてもいい

ママパパも多く働いていることから、働きやすそうですね、と言っていただけることの多いエバーセンス。とても嬉しいことですが、それは私たちの働き方の一面でしかありません。

「いまは子供との時間をたくさん取りたいから、仕事の量を調整する」という人がいてもいいし、
「どんどん仕事をして、一日も早く成長したい」という人がいてもいい。

仕事とプライベートをわけてもいいし、わけなくてもいい。
朝型でもいいし、夜型でもいい。

先程も書いたように、会社としてこういう働き方をしてほしい、というのはありません。どちらの考えも大切にしたいし、自分で決めた道を正解にしてほしい、と思っています。

例えば、男性の育休。
弊社は家族領域のサービスをやっているからか、取得したいと思うメンバーも多く、2回取得したメンバーもいます。もちろん、取得したい場合には喜んでサポートしますし、社内のメンバーも当たり前のように温かいエールとともに送り出します。

一方で、取らないという選択をしたメンバーがいたっていい、というのが私たちの考えです。

それは、どちらが幸せなのかは家庭によって違うと思うから。男性も育休を取る「べき」とは考えていません。一人ひとりが自分の人生の幸せを考えた上で、選んでほしいと思います。

だからエバーセンスではきっとこの先も、「男性の育休義務」という制度ができることはないだろうし、働き方も、退社時間を決めたり、完全リモートというルールができることもないでしょう。

働く上でのあらゆる選択肢を持っていたいし、それが叶えられる組織でありたいと思います。(働き方を選べるということについては、社長の牧野のブログもぜひご覧ください:「経営的に必要な働き方改革。」)

▼続きはぜひ公式noteで!

https://note.com/eversense/n/n4c0db26fb269

株式会社エバーセンス's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more