1
/
5

ジョブチェンジでPdMに転身した私から見たエウレカのPdMの魅力

こんにちは!Pairsのプロダクトマネージャー(以降PdM)をしている田代です。今回は、エウレカに新卒で入社したのち、ジョブチェンジを経てPdMに転身した私から見たエウレカのPdMの魅力をご紹介したいと思います。

まだまだPdMとしては駆け出しですが、PairsそしてエウレカのPdMの魅力をみなさんにお伝えできればと思います!

経歴

  • 2018年4月:新卒でエウレカに入社、Strategy Teamに配属
  • 2020年5月:Brand Teamに異動
  • 2021年1月:PdM Teamに異動

新卒としてエウレカに入社したときには、大学で経営学や戦略を勉強していたこともあり、Strategyを強く希望し、希望通りの配属になりました。しかし、しばらくStrategy Teamで仕事をするうちに「事業や現場のことを知らないまま戦略をつくり続けていて良いのだろうか」と思うようになり、徐々に事業部への興味が出てきました。そんなときに、ちょうど2020年5月にBrand Teamへの異動の話をいただいたので、9ヶ月ほどBrand Teamでブランドキャンペーンの企画・実行サポートなどを経験しました。

その後、2020年12月に「CPO就任に伴ってプロダクト組織を再編し、空いているいくつかのポジションを社内で公募する」というアナウンスがありました。これはさらに事業の根幹部分に触れられる良い機会なのでは…!と思い公募に参加し、晴れて翌月からPdMとなりました。

2021年に入ってから異動になったので、まだまだPdMになってから日は浅いですが、すでに毎日とても楽しく働けています。2021年4月には、四半期ごとに行われる社内のMVP投票で、準MVPにあたるRunner-up賞をいただきました(ずっとMVP取りたいと思っていたのでこれは本当に嬉しかったです…!)。

異動して気がついたPdMという職種の魅力や特徴

(*プロジェクトチームの朝会でお互いのコンディションを確認するために実施している“ファイブフィンガー”の様子)

今まで、Strategy Team、Brand Teamなど様々な立場からPairsと向き合ってきましたが、PdMとして向き合うなかでいくつか新たな発見があったので、まずはそちらからご紹介したいと思います。

  • ユーザーの視点に立つことが何よりも大事
  • 事業のコアな部分に触れている手触り感がある
  • 時間の重みをより実感する

ユーザーの視点に立つことが何よりも大事

Strategyでは事業成長の視点から、Brandではターゲットの視点からPairsに向き合ってきました。

  • どうしたらオンラインデーティング市場をより成長させていけるか
  • どうしたらオンラインデーティング市場の中でPairsが勝てるか
  • Pairsの価値や素晴らしさをどのように消費者に伝えるか

などが、今まで私が向き合ってきた問いです。

一方でPdMになってからは、ひたすらユーザーの視点に立つことを求められます。

  • 恋愛をしたいシングルの人たちは、日々何を感じ、考えているのか
  • どうしたらシングルの人たちがかけがえのない人と出会い恋に落ちるのか、そうしたいと思えるのか

などが日々考える問いです。

ものごとをみる視点が「事業」「マーケット」の側面から、「ユーザー」「体験」の側面へと変わりました。

事業のコアな部分に触れている手触り感がある

ひとつ目の項目とも関連しますが、「ユーザーは何に価値を感じてサービスを利用してくれるのか」ということを突き詰めて考えるので、「価値を生み出す」という事業のコアな部分に触れている手応えを感じています。

また、ユーザー価値を生み出したりユーザーの課題を解決するだけではなく、それを通してビジネスとしてどう成立させ、プロダクトを成長させるかも考えなくてはならない点で、「事業をつくる」「ビジネスをつくる」ということの実感があります。

時間の重みをより実感する

そして、以前よりも時間の価値を意識するようになりました。

Pairsでご提供したいことはたくさんありますが、1年間のロードマップに乗せられるものは限られています。限られた時間とリソースのなかで、ユーザーにとって価値が大きいものを一刻も早く届けるため、今まで以上にタイムラインを強く意識するようになりました。

異動当初は「もっとこだわり抜きたい」「慎重に検討したい」と考えがちでしたが、そうしている間にタイムラインがどんどん伸びていってしまうということに気づき、それからは「この期日までは全力で検討するが、期日がきたら迷いがあっても決めきる」という考えになりました。何かを決めて毎日少しでも前進することが、長期的な目線ではより多くの 、そしてより大きな価値を届け続けられると今は信じています。

また、そうしないとチームメンバーの貴重な時間も無駄にしてしまいます。ただでさえ取り組めることが限られているなかで、PdMの意思決定の遅れが原因で、エンジニアがコードを書けない時間・デザイナーがデザインできない時間が生まれるのはすごくもったいないです。チームメンバーの仕事こそが良いプロダクトつくる上で重要であることを実感してから、取り組むことの選択を間違わないことと、PdMの意思決定がボトルネックにならないことをとても意識しています。

PairsのPdMの魅力

続いて、PairsでPdMをするからこその、他にはない楽しさについてもご紹介したいと思います。

  • 「恋愛」という事業領域
  • 業界や組織のタイミング

「恋愛」という事業領域

なんといっても、恋愛をプロダクトにするのは難しいし楽しいです。恋愛そのものが楽しく心踊るものなのだから、それを届けるプロダクトをつくるのが楽しくないわけがありません。

もちろん恋愛をしなくても楽しく生きていけると思いますが、人を好きになることは本当に素敵なことだし、他の何にも変えがたい喜びをくれると思っています。そんな恋愛を多くの人に体験していただけるよう日々試行錯誤しているのですが、これは他の業界にはない面白さだと思います。

業界や組織のタイミング

オンラインデーティング市場は数年前から大きく成長し、近年ではある程度サービスの型も確立されてきました。今後は、いかにイノベーションを起こして業界を拡大していくかというフェーズで、プロダクトづくりにおいてはとてもアツい時期の業界だと感じています。

そんななかでPairsも業界No.1として、どんどん新しいことに挑戦していこうとしています。エウレカは今までCxOはCEO・CMO・CTOの3名体制だったのですが、昨年9月にCPO(通称Kazさん)が新たに就任し、組織としても改めてプロダクト開発の強化を図っていく意思決定をしました。

また現在Pairsの年間ロードマップを遂行するPdMは私を含めて2名で、1人あたりの裁量がかなり大きい状態です。CPOと直接コミュニケーションする機会や挑戦する機会も多いですし、本当に今エウレカのPdMは成長したい人にとっての大チャンス期間です…!

シニアプロダクトマネージャー
マッチングアプリPairsの未来を創造するPdMのチームリーダー募集中!
株式会社エウレカは、2012年10月にローンチしたオンラインデーティングサービス「Pairs」と2019年7月にローンチした「Pairsエンゲージ」を展開しています。 私たちのコアサービスである「Pairs」は、日本でも急成長中のオンラインデーティングサービス市場において国内最大級を誇り、現在、日本と台湾・韓国を合わせて累計会員数1,000万人を突破しています。 また、2015年5月にはオンラインデーティングサービス領域における世界的リーディングカンパニー「Match Group」に、M&Aにより参画。Match Group(NASDAQコード: MTCH)は、「Tinder」「Match」「Plenty Of Fish」「OkCupid」「OurTime」「Meetic」といった、恋活・婚活マッチングサービスを世界190カ国以上・42言語で展開しています。私たちは、このグローバルカンパニーのノウハウとアセットを生かし、まずはアジア全域でのサービス展開を推し進めています。 その第1フェーズとして2013年10月にリリースした台湾版「Pairs」は、すでに台湾最大級のオンラインデーティングサービスに成長。第2フェーズとして、2017年に韓国版をリリース。“アジア全域”における、オンラインデーティングサービスのリーディングブランドになることを目指しています。
株式会社エウレカ

ちなみに、エウレカではPdMを絶賛積極採用中です!!気になる方はぜひこちらからご応募を☺️

最後に

ところで、アメリカの「最高の仕事ランキング」たるものがあるらしいのですが、3位はPdMらしいです!

評価基準は ①求人数、②満足度、③給与 の3つだそうですが、TOP3の職種の中でPdMは①求人数と③給与が最も高いようです。つまり、PdMは多くの企業が求めている人材であり、またお金を出す価値があると企業に思われている人材だということです…!(PdMしか勝たん)

ちなみに、満足度の指標だけTOP2と比べて低いのは、それだけPdMの仕事はDemandingなこともあるからだと思うんですが、エウレカのPdMチームにはそれすらも楽しめるメンバーが揃っていると思います(もちろん私も最高に楽しんでいます!)。

エウレカのPdMに少しでもご興味がある方は、まずはぜひお気軽にエウレカの話を聞いてみてください〜!


===
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

エウレカのプロダクトマネージャーチームでは、新たなメンバーを募集しています!私たちと一緒に『Pairs』を、アジアを代表するオンラインデーティングサービスに成長させたいという方は、ぜひエントリーください。

たくさんのご応募、お待ちしております!

シニアプロダクトマネージャー
マッチングアプリPairsの未来を創造するPdMのチームリーダー募集中!
株式会社エウレカは、2012年10月にローンチしたオンラインデーティングサービス「Pairs」と2019年7月にローンチした「Pairsエンゲージ」を展開しています。 私たちのコアサービスである「Pairs」は、日本でも急成長中のオンラインデーティングサービス市場において国内最大級を誇り、現在、日本と台湾・韓国を合わせて累計会員数1,000万人を突破しています。 また、2015年5月にはオンラインデーティングサービス領域における世界的リーディングカンパニー「Match Group」に、M&Aにより参画。Match Group(NASDAQコード: MTCH)は、「Tinder」「Match」「Plenty Of Fish」「OkCupid」「OurTime」「Meetic」といった、恋活・婚活マッチングサービスを世界190カ国以上・42言語で展開しています。私たちは、このグローバルカンパニーのノウハウとアセットを生かし、まずはアジア全域でのサービス展開を推し進めています。 その第1フェーズとして2013年10月にリリースした台湾版「Pairs」は、すでに台湾最大級のオンラインデーティングサービスに成長。第2フェーズとして、2017年に韓国版をリリース。“アジア全域”における、オンラインデーティングサービスのリーディングブランドになることを目指しています。
株式会社エウレカ
株式会社エウレカ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings