This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

合説でたまたま話を聞いたあの日がなかったら 人材業界に全く興味がなかった僕がディップに入社を決めた理由

次世代事業準備室インターンの鈴木です。内定者インタビュー第3弾の今回は、4月から営業職に配属予定の森山誉己さんです。
学生時代は野球にのめり込み、人材業界など全く選択肢に無かった彼がディップに入社を決めた理由をインタビューしました。

ー簡単に自己紹介をお願いします

青山学院大学経済学部4年の森山誉己です。出身は宮崎県都城市です。

初めての経験をすることが好き

ー好きな物、好きなことはなんですか?

好きなものは野球と、初めての経験をすることです。

ー具体的には?

人生って初体験の繰り返しだと思うんですが、その経験の前後で自分の世界観や物事の捉え方などが変化するのが分かってワクワクします。それまでに持っていた固定概念が壊されることも逆に楽しいですし。だからどんな些細な事でも初体験することが好きなんだと思います。ご飯に行くのも出来るだけ毎回違う店に行こうとしているくらいなので(笑)

これまでの人生で1番頑張ったことは“高校野球”

ーこれまでの人生で一番頑張ったことを教えて下さい!

人生で1番頑張ったのは高校野球です。野球はプレーももちろん好きですが、プロ野球や甲子園を見る事の面白さを年を重ねる度に覚えてきて、シーズン中などは常にテレビやネット速報見てます!野球に全く関わらない生活は考えられないです!

ーなぜ野球活動にそんなに力を注げたのでしょうか?

元々中学時代に県選抜で全国ベスト8の実績があったんです。だから高校も活躍出来るだろうと甘く考えていました。しかし、実際高校に進学すると思ったように上手く行かずこれまで焦ったことのない野球人生で初めて焦る経験をしました。

フォームも崩れてしまい、そこから軽くイップスになって人生で初めてメンバーから外れる経験をしました。これまでずっとチームの主力としてやってきた野球人生だったので、人生のどん底を味わった気分でしたね。でも「ここで終わったら今後の人生何も残らないんじゃないか」と思い、今やれることはやろうと奮起してこれまでにない位練習したことで、自分の練習量に自信を持てるようになりました。
その自信がプレーにも出てきてぐんぐん力が付き、3年生の時には県大会決勝戦で先発ピッチャーとして活躍するまでになったんです。

ー全国ベスト8って、凄いですね!ピッチャーは花形ですよね。挫折を乗り越えたからこそ、更に強くなったんですね。

はい。初めて味わった挫折でしたが、その挫折がなかったら今の自分はいないと思います。これからの社会人人生でももちろん全てがうまくいくわけではないですが、一度挫折を味わった自分は人よりも強い部分があると思っています。

自分に自信を持つことの大切さを身を以て実感し、その自信を持つ為にもたゆまぬ努力が不可欠なんだということも学ぶことができました。

ネットの情報は遮断 業界を絞らず足を動かして肌で企業を感じる

ーそれでは少し話を変えて。就職活動について教えて下さい。いつ頃から始めていたんですか?

だいぶ早めにやっていたので就職活動自体は2月末に終わりました。ネットの情報はほぼ遮断して業界を絞らず足を動かして肌で企業を感じることを大切にしていました。

というのも、母体数が少なく個別で面接してもらえる可能性が高い早い時期に選考を受けることでミスマッチなくお互い納得感のある内定がもらえるんじゃないかと考えていたんです。

ー自分のセールスポイントはどこでしたか?

自分のセールスポイントは就職活動に対する熱い思いと、目標達成に向けて努力できる力だと思います。あとは面接中に笑顔を何度か褒められました(笑)

憧れの父と就活についての意見の相違で対立

ーでは、逆に悩んだこと、大変だったことはありましたか?

悩みや大変だったことは父との意見の対立です。てっきり父は銀行や公務員に就職をするものだと思っていたと思います。父には言ってないのですが、私は父の生き方や働き方をとても尊敬していてその背中を見て育ったので「父の様になりたい」「そして超えてやる」という思いがありました。

就職活動を始めてから両親に「安定した人生は別に求めてないし、自分の力を試したい、若いうちから挑戦する社会人になるんだ」と自分の熱い思いを初めて話した時、父に真っ向から反対されたんです。自分の思いを汲み取ってくれず悔しくて泣きそうになったのを今でも覚えてます。

しかし私も折れずに何度も自分の思いを話したところ、母が「あなたがやりたいことをやりなさい、若いころのお父さんを見てるようだ」と話してくれたこともあり、結果的に父は私の背中を押してくれて。母には本当に感謝してます。

ー私も、親には教員になると思われていたので話を切り出すには勇気が要りました。自分の思いを伝えることができてよかったですね。では、就職活動で大事にしていたことはありますか?

成長真っ只中の企業でスピード感があり、自分で努力していかないと追いていかれる様な環境で働きたいと思っていました。
また、責任が大きく、自分だから任せてもらえる仕事ができるかどうかを見ていましたね。また、社会に貢献したいという気持ちもずっと持ち続けています。

ディップと出会って人材業界の固定概念が崩された

ーディップを知ったきっかけと、興味を持ったポイントはなんでしたか?

ディップの話を聞いてこんな仕事があるのかと人材業界の固定概念が崩されました。採用コンサルタントという仕事の「課題解決に対して自分なりの答えが求められる」「営業担当である自分自身が商品である」といったところにもひかれました。

合説イベントでディップのブースに偶然座ったことがきっかけだった

ーそもそも、人材業界に興味はあったのでしょうか?

就活を始めた当初人材業界は1番ないかなと考えていました。不動産系ばかり見ていたくらいなので(笑)というのも、何となく人材といえば転職仲介のイメージが強く大変そうという考えしかなかったからです。

そんな中合説イベントでディップのブースに偶然座って話を聞いたことがきっかけで人材業界に興味を持ちました。

ー選考にはどういった姿勢で臨まれたのでしょうか?

選考に対しては私は人事の方と面談をしてから面接に進ませてもらったので、面接に対して硬くなることもなかったですし、面談で不安を解決してから臨むことができたと思います。

ディップの選考の良いところはその面談だと思っていて。面談で私自身に対して本気に向き合ってくれるんです。おかげで選考に対しての不安や就活に対してのモヤモヤを解決することができました。
また面談や選考過程で自分の足りないところを都度都度教えてくれて「お互い納得いく選考にしよう、その上でディップを選んでくれたら嬉しい」、そんな人事の方や選考官の社員さんの姿勢がとても良かったなと思います。

内定をもらった企業の中で1番時間をかけて面談や面接をしてくれた

ー私も面談からの面接だったので、凄く分かります。就活生1人1人も「お客様」のようにその人にあった提案やアドバイスをしてくれていたのが本当に嬉しかったですね。それでは、入社を決めた理由を教えて下さい。

内定をもらった企業の中で、1番時間をかけて面談や面接をしてくれたので入社後のミスマッチが少ないのではないかと思いました。また自分の自己分析とディップの方向性が恐ろしいほど一致していたことも大きかったです。

この会社で働くことで自分の可能性は無限大に広がっていくなという確信があります。ベンチャーマインドを忘れない挑戦意欲ある環境も魅力的でしたね。

日本に影響を与える人間になる

ー入社してから実現させたいこと、または将来の夢を教えて下さい。

実現したいこと、将来の夢は「日本に影響を与える人間になる」ことです。

最終面接で「ディップで成果を上げる事は大袈裟かもしれませんが日本を変えることに繋がると思うんです。」と話しました。「日本を変える」という言葉の捉え方は色々あると思うのですが、私はバイトルを通じて日本の多くの企業を活性化させることで日本の経済を変えることが出来ると本気で思っています。なかなか人が集まらず経営が上手くいっていなかった企業の採用をお手伝いすることで、経営が上手くいくようになる会社がたくさん増えたら私の影響力の大きさを直接肌で感じられると思うんです。

またモチベーションを高めるという部分でも、日本に影響を与えてやるぞ!という大きな規模の目標を持って仕事をしていきたいです。そして社会人として、ビジネスマンとしてもスケールの大きい人間になりたいです。

ーそれを叶えるために今後何をしていこうと考えていますか?

この仕事は信頼関係が築けないと出来ないと思っています。その信頼を得るためにも、相手の事を考えられる人間、自分の事に目一杯にならずに余裕を持って周りに目を向けられる人間になりたいです。そうする事で信頼される人間に近づけると考えています。

また、影響を与えられる人間になるために、これまで世界や日本に影響を与えてきた人達の話を聞いたり本を読んだりして「影響力」のノウハウを学んでいきたいですね。

ー改めて、自分はなぜ採用されたとおもいますか?

「ディップに対しての熱い思いを話せたから」「自己分析がきちんと出来ていたから」この2点だと思います。作った自分ではなく本当の自分を出して話しました。あとは根性があると思ってもらえたのもあったのかな(笑)

ディップの魅力や思う事を自分の口で就活生に伝えたかった

ー現在、人事部で就活生との面談やテレアポなどの内定者アルバイトをしていますが、最後の学生生活の貴重な時間を使ってやろうと思ったのはなぜですか?

学生という立場でこんな経験ができるのは2度と出来ないと思ったからです。もともと人事の仕事にも興味があったのと、話し方や伝える力を身につけたかったのも理由の1つです。

あとはディップの魅力や思う事を自分の口で伝えたかったんですよね。私もディップの面談に惹かれたので、その面談をする立場で1人でも多くの学生さんにディップに興味を持ってもらえるように頑張っています。

ー内定者アルバイトで学べたこと、逆につらかったことなどはありますか?

何度も面談をすることで話し方や伝え方が少しは上達したと感じます。また実際に本社で働くことで入社前から会社の雰囲気が知れて良かったですね!

辛かったこととは少し違うんですけど、一度頭痛の日があって、社会人は学生とは違い簡単に休む訳にはいかないので体調管理も大切だなと痛感しました。

ーそれでは最後にディップに興味を持ってくれている方にメッセージをお願いします。

「ディップは人が良い」とよく言われていますが、本当にそれを実感する毎日です。是非「ディップの人の良さ」に触れてもらいたいです。ディップや人材業界に少しでも興味を持っている方は是非インターンや説明会に来てみてください!皆さんが今思うディップより肌で感じるディップはもっと良いものだと思います。

私自身人材業界に対してもともと全く興味がなかったのに、ディップの説明会に参加したことがこの企業に入社するきっかけになりました。皆さんも今ある固定概念で考えるのではなく実際に足を運んで実際に肌で感じることを大切に就活頑張ってください!

ディップ株式会社's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
C5e7d81f 6f48 4816 b75c 3085d4e4a650?1528601702
861e37c6 5cf2 4678 90d1 22e6580f3138?1547471220
Picture?height=40&width=40
084f262b 63e8 41c3 aaad 2ca86b0d63ef
13 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
C5e7d81f 6f48 4816 b75c 3085d4e4a650?1528601702
861e37c6 5cf2 4678 90d1 22e6580f3138?1547471220
Picture?height=40&width=40
084f262b 63e8 41c3 aaad 2ca86b0d63ef
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon