1
/
5

What we do

マーケターの役割は、想像力と分析力をかけ合わせ、消費者にサービスの魅力を届けることです。価値の送り手と価値の受け手をつなぎ、売上の創出と事業の成長に貢献します。 では、どのようにしてマーケティングを成功させるのか。 作業量で勝負しない戦略の構築、生活者の注目を集めるプロモーション、消費者の心を動かすクリエイティブ。——その「すべて」です。 スマートフォンへのデバイスシフト、ステルスマーケティングによる広告への不信任、モノ消費からコト消費への心情変化……。断続的に発生するパラダイムシフトにより、クライアントの要望は多様化・複雑化しています。 こうした状況下でマーケティングを成功させるのは、簡単なことではありません。マーケターには、数字、心理学、ライティング、プログラミングと、あらゆる分野の知見を結集した高度なコンサルティング能力が求められます。 また、広告運用・SEO・アクセス解析・ランディングページ・アフィリエイト等の支援はもちろんのこと、場合によってはデジタル人材・デジタル組織の支援など、マーケティング以外の領域まで踏み込む覚悟を持たなければ、期待を超える成果を生み出すことはできないでしょう。 DIGITALIFTは、そこまでやります。事業を成長させることこそが、マーケターの使命だと考えているからです。 私たちが実現したい世界は、デジタルに閉じた話ではありません。デジタルマーケティングの専門性を武器にしつつも、役割を限定しない全方位的な支援を通じて、世の中に価値を提供していきたいと考えています。 掲げるミッションは「User Experienceをデジタル技術で最適化する」。 「DIGITALIFTさんだから、お願いしました」という声に真摯に向き合い、クライアントの「CdMO(チーフ・デジタル・マーケティング・オフィサー)」として、戦略構築から実行までをワンストップで支援します。

Why we do

少数精鋭の優秀なメンバー
オンラインでもスムーズなコミュニケーションを目指します
「広告主とエンドユーザー、双方の利益を最大化したい」——私たちの根底にあるのは、関わる全てのステークホルダーの幸福です。 一度、想像してみてください。 大切な人にプレゼントを買うとき、友だちとの旅行を計画するとき、何かを学びたいと書籍を買うとき。——そんなとき、信頼のおける情報にすぐアクセスできたら。 私たちが実現したいのは、誰もが一度は思い描いた、「必要な人に、必要な情報を、必要なタイミングで」届けられるインターネットです。 情報過多な時代だからこそ、ユーザーが「必要な情報」を「必要なタイミング」で得られる価値や意義が高まっています。現時点ではそうなっていない「スマートフォンを開けば、誰もが“いちばん欲しかった情報”にたどり着けるインターネット」を実現することに、私たちの存在意義があります。 <ミッション> User Experienceをデジタル技術で最適化する <ビジョン> カスタマーの意思決定を円滑に <CREDO> ・カスタマー(消費者/生活者)を理解する ・クライアントを理解する ・デジタル技術を理解する ・マーケティング視点で、それらを統合する力を持つ DIGITALIFTは、全社員がCREDOを体現し、ミッション・ビジョンの達成に向けて全力を尽くします。

How we do

オフィスのあちこちに緑があります
仕切りのないオープンなオフィス
DIGITALIFTは、経営戦略の構築・理解から伴走します。組織はコンサルティング部門と実行部門、それらを支援するバックオフィス部門の大きく3つで構成されており、それぞれが密に連携することで、同業他社には真似できないパフォーマンスを発揮しています。 ▼組織構成 前職で広告運用やマーケティングコンサルタントを経験していたメンバーや、事業会社での経営企画経験者、コンサルティングファームでのコンサル経験者など、異なるバックボーンを持つメンバー同士が互いに刺激し合いながら、日々の業務に取り組んでいます。 当社は20代〜40代のメンバーが在籍しており、そのうち8割が20代〜30代前半です。 年齢・性別・経歴は一切関係なく、完全なる実力主義というのが大きな特徴。20代のマネージャーが40代の部下を持つ例もあります。 ▼カルチャー クライアントの大事な予算を預かり、運用を任されることになるため、コンサル・運用のプロとして数字として結果を出すことにこだわり、日々変化する外部環境に対応できるよう業務に向き合い、成果にコミットすることを大切にしています。 カルチャーの根源には「結果を出してくれた仲間に誠実に応えたい」という思いがあります。定性的な評価では、評価者の主観でブレが生じてしまう。そのため、成果を図る際には常に数字を共通言語に語り合うことを重要視しています。 とはいえ、成果だけで人間そのものを評価することはありません。 代表の百本の口癖は、「社員の幸福にコミットすることこそが、利潤追求における最も強力なエンジンになる」。「社員全員が自律し、そして幸せに生きられるために、DIGITALIFTは存在する」という哲学に従い、メンバー全員が成果を上げるための支援をしています。