1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

Monthly Developer's News〈8月編〉

こんにちは。
毎月月初はCTO 伊藤より先月のコネヒト開発部を振り返ります!

先月のコネヒト開発部のTOPICS

・リリースレゴはじめました
・社内モデリングコンペを実施し、優勝者のモデルでABテストを実施

リリースレゴはじめました

ママリの開発チームでは、リリースするごとにレゴを組み立てる「リリースレゴ」という取り組みを行っています。
プロダクト開発に日々向き合っていると、自分たちの仕事が「積み重ね」の観点で少し見えづらいところがあります。そこでリリースするたびにレゴを少しずつ組み立て、ママリを改善した成果を可視化する取り組みとしてはじめました。
6月からはじめ、すでにひとつレゴが完成しました!現在は2つのサブチームがそれぞれ別のレゴに取り掛かっています。

※リリースレゴについては書籍「SCRUM BOOT CAMP THE BOOK」にサーバーエンジニア須藤が寄稿したコラムで詳しく解説されています。

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK【増補改訂版】 スクラムチームではじめるアジャイル開発 | 翔泳社
"はじめて「スクラム」をやることになったら読む本"が7年ぶりに増補改訂! 近年、より複雑化しているプロダクト開発をチームでうまく進めていく手法として、 世界中で注目されている「スクラム」。実際の開発現場にどう適用すればよいのかを、 とにかくわかりやすく解説しています。 ・理論だけで終わらない"実践"の手引き ・架空の開発現場を題材に、実際のプラクティスを詳しく解説! 増補改訂では、初版以降のスクラムのルールの変更を踏まえて、用語や説明の変更、 最近の開発現場に向けた追補など、全面的な見直しを行っています。
https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798167282

社内モデリングコンペを実施し、優勝者のモデルでABテストを実施

今期より新設したテクノロジー推進グループでは、ママリサービスのプッシュ通知の改善に取り組んでいます。取組みの一環としてメンバー全員で、プッシュ通知の開封率予測を対象とした社内モデリングコンペを実施しました。実際に、優勝者のモデルを使ってABテストを実施し、既存の選定ロジックに対して有意差が出るかの検証を行っています。

取り組みの様子は、下記ブログをご参照ください。

以上、コネヒト開発部8月の振り返りでした!

コネヒト株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more