1
/
5

What we do

オフィスビルの休憩スペース
見晴らしの良いオフィス
CO-NECT株式会社は、創業者である田口と川崎が「世の中の新しいスタンダードをつくるため」2015年に設立しました。 『やさしいテクノロジーで社会をアップデートする』をミッションに掲げ、日本の約7割の企業がBtoBの受発注をFAXや電話で行っている現状をDX化する「BtoB受発注システムCO-NECT(コネクト)」を運営しています。 【プロダクトについて】 ■BtoB受発注システムCO-NECT https://biz.conct.jp/ BtoB受発注システムCO-NECTは、受発注領域のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するサービスです。 自社で開発〜運営まで一貫して行っています。 CO-NECTは、スマートフォンでも簡単に受発注ができるシステムで、誰でもすぐに使えるぐらいユーザーフレンドリーで分かりやすいUIが特徴です。 また、CO-NECTには受注システムと発注システムがあり、それぞれにお客様がいます。 受注側はメーカーや卸事業者様で、発注側は売店や飲食店、学校、病院、結婚式場など多岐に渡ります。 受発注システムは食品業界に特化しているものが多いですが、CO-NECTではあらゆる商材に対応できるシステム作りをしています。 多くの事業者の受発注業務をデジタルシフトすることで、日本全体の業務効率化、生産性向上に貢献することを目指しています。 【受賞歴】 2020年には、日本国内における優秀かつ社会に有益なクラウドサービスとして表彰を受けました。 総務省後援「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2020」 『ニュービジネスモデル賞』受賞 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000017245.html 【メディア掲載歴】 各メディアにおいて、弊社のCO-NECTが業務DXサービスの一つとして取り上げていただいた実績もあります。よろしければご覧ください。 (主な掲載メディア) NHK、朝日新聞、日経新聞、日経MJ、東京MX、アスキー、産経新聞、BRIDGE、TechCrunchなど数多くのメディアでご紹介いただきました。 https://conct.co.jp/news-cat/media/

Why we do

受注CO-NECTをご利用いただいている「井上工具株式会社」様
受発注CO-NECTをご利用いただいている「花恋人」様
【世の中の新しいスタンダードをつくる】 CO-NECTの創業直後は、BAR好きやウイスキー好きのためのコミュニティアプリ「ハイドアウトクラブ」を運営していました。このアプリはこれまでにないコンテンツや機能を実装し、世の中にとっても新しい概念を搭載したアプリでした。 一方で、新しいコンセプトであるが故にマニアックになり、新しいスタンダードに成長することが難しいアプリでもありました。 そんな中、アプリの運営を通じて、発注事業者であるBARのオーナーや飲食店のオーナー、受注事業者である卸やメーカーの担当者と話す機会が多くなり、FAXでの受発注に手間がかかっており、面倒という声を聞き、着想を得たサービスが「CO-NECT」です。 実は、日本におけるBtoB受発注の約7割がFAXや電話といったアナログな手段で行われている、といった経産省のレポートが出ており、アナログ受発注の流通総額は約700兆円にも上ります。 この700兆円の流通を、FAXや電話ではなく、デジタルに切り替えることができたら、日本の生産性を大きく上げ、日本を元気にすることに繋がると考えています。 そして、それをCO-NECTが成し遂げることで、BtoB取引の新しいスタンダードになるのではないかと考え、事業を推進しています。 また今後はCO-NECT上に集まったデータベースをもとに需要予測をたて、BtoB取引の与信管理や物流網の最適化に繋げるといった、さらなる活用も見据えています。

How we do

フルリモート以外のスタッフ全員でオフィスの前で
受発注システムCO-NECT
CO-NECTで大事にしているバリューは次の4点です。 特に公正はCO-NECTならではの特徴で、立場に関係なくフラットに議論し、誰が言ったかではなく、成し遂げたいことは何かという逆算で意思決定できるよう社内情報をオープンにしています。 例えばslackのチャンネル。どんなチャンネルであっても社員全員がアクセスできるようにしています。 ■バリュー ・巧速:Speed & Quality スピードか質か。よく天秤にかけられるテーマですが、CO-NECTの成長には、どちらも欠かせずバランスが重要です。スピードが速くても質が犠牲になったら、クライアントに迷惑を。質を重視してスピードが遅ければ、成長が停滞する。CO-NECTはあえて、両方を重視すると宣言します。 ・進化:Update 組織として個人としてパフォーマンスを上げていくために、これまでのやり方や仕組みを常にUpdateしていくことを大事にしています。労働集約的な業務を仕組み化、そしてその仕組みをさらに変革する。CO-NECTは常に進化を志向する組織です。 ・公正:Fairness CO-NECTが掲げる公正とは、オープンでありフラットであること。そして基準を物事によって大きく変えないことです。情報を可能な限り開示し、立場にかかわらずフラットに議論をすることを推奨します。意思決定の基準は、事業や組織の全体最適に資するかで判断していきます。 ・自律:Professional 各人が自律し、成果にこだわることを重視します。事業及び組織のグロースを目指すにあたり、一人一人が試行錯誤し、自らを起点として周囲を巻き込んだ実践、そこで得た学習の共有こそが重要です。それが出来る人こそがProfessionalだと定義し、そういった集団であることを目指します。 現在はまだ20名ほどの小さな会社ですが、IT業界出身のメンバーを中心に様々なバックグラウンドをもった人材が活躍しています。 ぜひ、CO-NECTのビジョンや文化に共感いただけるようでしたら一度お会いしましょう!