1
/
5

What we do

CtoCプラットフォームの提供、アプリ/システム開発
当社プラットフォームを活用したアプリ一例
【人をつなぐ「場」をつくる】 C2Cが提供しているのは、人と人をつなぐ「場」です。 そんな「場」を作るために、CtoCに特化した ●アプリ開発 ●プラットフォーム設計 ●コンテンツマーケティング・分析 ●サービス運用・コンサルティング を展開し、DXを推進しています。 私たちが作っているのは、「サービスを提供する人」と「サービスを受ける人」をつなぐさまざまな"CtoCアプリ"です。私たちがつなぐのは、たとえばこんな人たちです。 ●ネイリスト予約アプリ「Nailie」:https://nailie.jp 「子供が保育園に行っている間だけ働けるママネイリスト」と「明日のバイト前に近くでネイルをしたいカスタマー」をつなぐ。 ●訪問型リラクゼーションアプリ「 HOGUGU」:https://hogugu.com 「副業で店舗以外でも働きたいセラピスト」と「出来るだけコスパ良く施術を受けたい利用者」をつなぐ。 ●学生と社長を食事会でつなぐ就活アプリ「社長メシ」:https://shachomeshi.com/ 「社長と直接会って就職先を決めたい学生」と「想いに共感した学生を採用したい社長」をつなぐ。 ●飲食店仕込みを食品工場に受発注できるアプリ「シコメル」:https://shikomel.com 「セントラルキッチンとしてメニューの仕込みが作れる食品工場」と「仕込みにかかる時間や人件費を削減したいレストラン」をつなぐ。 など… 受注数、収益とも順調に成長しており、2026年までに開発アプリ100件超の事業規模とIPOを目指しています。 ▼YouTube「マッチングプラットフォームの最先端を探る」 https://www.youtube.com/channel/UCVOfPdO6pQ7JY58UOPi1WxA

Why we do

「開発」「ファイナンス」「マーケティング」の3つの分野でクライアントを強力にサポートし、CtoCマッチング事業のDXを推進。
【サービス提供者の価値が正しく評価される世の中へ】 各業界で働き方改革やビジネスモデルの転換が叫ばれる今、業界のDX化(合理化)を進めるサービスは業界のジャンルを問わず注目を集めています。 多重な下請け構造を持つ業界や、仕事の変動量が多く平均の稼働率が低い業界など、発注やサービス提供の仕組みを見直すことで、合理化や効率化を図れる業界がまだまだ存在します。 私たちはその開発実績と知見を活かしたビジネス設計、フェーズに応じたグロースコンサルティング、ファイナンスサポートを行い、課題を抱える様々なビジネス領域の仕組みづくりを多角的にサポートしたいと考えています。

How we do

ダイレクトマッチングビジネスはECビジネスのような購買者のみを意識したワンサイドのサービスとは異なり、商材となるサービス提供者サイドも意識したシステム設計やマーケティング、開発を求められます。 C2Cの開発は、サイトやアプリの構築・運営費用をC2Cが一部負担し、システム構築後の運用で得られる利益をクライアントとシェアする共同運用型(=レベニューシェアモデル)を採用しており、クライアントのことは共にサービスを育てる「パートナー」と呼んでいます。 アプリ開発だけで完結しないサービス自体の企画運営をパートナーと伴走して行い、双方の知見を最大限に活かした開発設計、マーケティングから資金調達、PR活動に至るまでビジネス全体をサポートします。 こうした方針のもと、国籍・性別・経歴など多種多様なメンバーがその専門スキル、豊富な知見を活かし、パートナー企業と共に業界のDXに挑んでいます。