1
/
5

ベンチャー企業が思うベンチャーに向いている人とは?

こんにちは!株式会社ワン・オー・ワンです。

WANTEDLY を見ていると急成長ベンチャー!とかよく目にしますよね。特に就職活動をしている学生さんは就職するならベンチャーにするかそれとも大企業にするか悩み所だと思います。「なんとなく雰囲気は違うと聞いたことはあるけど、、」「どちらの方が向いているんだろう」と頭を抱えていることでしょう。そこで!ベンチャー企業であるワン・オー・ワンが「ベンチャーに向いている人の特徴」を教えちゃいます!最後まで読んでくださると嬉しいです。

そもそもベンチャー企業とは?

ベンチャー企業とは、独自性の高いアイディアをもとに新しい形態の製品やサービスを展開している企業のことです。ほとんどが小中規模ですが、資本金や創業年数をもとにした基準はなく、一般的には、「ビジネスモデルが新しい」「小規模である」「若年層が多い」といった特徴を持つ企業が多いです。この他の特徴を2点に絞って解説します!

ベンチャー起業は成長ステージによって4つに分類される

ベンチャー企業は以下の4つのステージに分類されます。

  • シード
  • アーリー
  • ミドル(エクスパンションとも呼ばれる)
  • レイター

シードとはまだ起業前の段階のことです。ベースとなるコンセプトやアイディアはあるものの製品やサービスとして確立はされていない状態にあります。そして次の段階はアーリーと呼ばれ、起業してまもない段階にある起業のことを指します。会社や製品に対しての認知度はまだまだ低く、事業発展に伴い多額の資金が必要な踏ん張りどころの時期ですね。

ミドルとは、事業が軌道に乗り始め、成長に向けて本格的に進めていく時期にあります。製品やサービスの充実や拡大を目指してさらなる設備投資や人材の確保が必要になります。また、この時期から黒字化し始めることから民間金融機関からの融資を受けやすくなり、資金も集めやすくなっています。

最後のステージはレイターと呼ばれ、ビジネルモデルや経営が安定しIPO(新規上場)やM &A(企業の合併や買収)を意識し始める段階です。資金調達の面から見ても、融資を最も受けやすいステージにあり、さらなる事業拡大が大いに見込めるでしょう。ちなみに弊社はこの時期にいます!

大企業までに成長するとメガベンチャーと呼ばれる

メガベンチャーとはベンチャー企業から大手企業へと成長した企業のことです。つまり、ベンチャー企業と大企業の両方を兼ね備えた企業と言えますね。特に、インターネットやスマートフォンなどの急速な普及により、その需要に適応したIT関連やコミュニケーションツール、電子機器を主な事業として展開してきた企業が多く見られます。例としてはApple、楽天、ヤフーなどが挙げられます。

ベンチャーに向いている人

ベンチャー企業の概要を理解したところで、ベンチャーに向いている人の特徴を紹介します!

高収入を得たい人

ベンチャー企業では、日本の一般企業に多い年功序列といった慣習は薄い傾向にあります。基本的には仕事の成果がそのまま給料に反映されるので、仕事を頑張ってお給料バリバリ稼ぐぞ!!と言った人には合っています。また、ベンチャー企業の多くは小中規模であることから、成果を出せば認められやすく、昇格や年収の増加に繋がりやすいと言えるでしょう。

裁量権を持って業務に取り組みたい人

一般企業では、若い社員が重要な仕事を任される事は極めて少なく、先輩社員のサポートなどが主な業務になります。しかしベンチャー企業は実力主義の文化が根強いので年齢や社会人経験の長さなどに関係なく、大きな仕事を任されます。それによって責任やプレッシャーも大きく感じられますが、それ以上に裁量権も多くやりがいを感じられる事でしょう!

ベンチャーに向いていない人

上記とは反対に、ベンチャーに向いていない人の特徴にはどんなものがあるのでしょうか。2つに絞って解説していきます。

充実した研修が受けたい人

せっかく社会人になるんだしマナーをしっかりと身につけておきたい、会社のことについて最初からしっかりと知っておきたいという人は要注意です。ベンチャー企業の中には研修が制度として確立されていないという企業も多く、研修を受けずに仕事をしていくなかで覚えていくということが基本になります。「まずは研修で社会人の基礎を教わりたい」という人は大手企業の方が向いているかも知れません。

仕事に対して受け身の人

ベンチャー企業ではまだ新しい事業を多く扱うので、設定されたゴールを達成するために何が最適なのかを常に考えて主体性を持って業務に励むことが強く求められます。上司から次の業務指示を待って、出たらそれに従うというだけでは成果はほとんど得られません。ある程度整った業務こなしたいという人はと大手企業向きと言えるでしょう。

ベンチャー企業で求められる人材

それではベンチャー企業ではどのような人材が求められるのでしょうか。ここでは3つピックアップして解説していきます!

向上心が高い人

ます1つ目は高い向上心を持つ人材です。ベンチャーではまだ一般的には広まっていない考えをもとに事業展開を行っていくので、何にも出来上がっていない所からのスタートになります。事業展開していく際に様々な目標を立てますが、その目標を確実に達成して次の目標に向けて行動する。失敗したら改善に向けて試行錯誤するという姿勢が非常に重要です。高い向上心を持ち、「どんな難しい業務もこなしてみせます」くらいのガッツを持って仕事に励むことができるくらいの人が重宝されます。

変化に対応出来る高い柔軟性

2つ目は高い柔軟性を持つ人材です。特に成長しているベンチャー企業は成長スピードが速いため、企業目標の変化それに伴う業務内容の変化も著しいです。さらに一人当たりに与えられる業務の種類や量も一般的な企業よりも多いことが現実です。そのため、業務で身につけたスキルを他業務で活かすことが難しいというケースも多いでしょう。新しい業務がいつ割り当てられても、それぞれの業務にあったスキルを素早く身につけて、企業発展に貢献する人材が求められるでしょう。

自己管理能力

3つ目は自己管理能力が高い人材です。多くにベンチャー企業は成長過程にあるため様々な業務が発生します。いくら部署が分かれているとは言え、全く異なる系統の業務を任されることもしばしば。そんな状況でもそれぞれもの業務を期日までに正確にこなし、企業に貢献できる人材は重宝されます。また、ベンチャー企業での勤務では定時出社が難しいことも多いです。そのような生活が不規則になりがちな職場でも公私共に充実できるようにワーク・ライフ・バランスを整える高い自己管理能力が必要となるでしょう。

おわりに

ベンチャー企業がどういったものなのか、イメージは掴めたでしょうか。ワン・オー・ワンでも様々な業務外発生していて、全メンバーで職務内容関係なく突っ走っています!!(ちなみに社長である二階堂さんは営業からエンジニア業務までなんでもこなしています笑)

最後まで読んでいただきありがとうございます!少しでも弊社に興味を持っていただけた方は「話を聞いてみる」、「エントリー」をお待ちしています。

株式会社ワン・オー・ワン's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more