1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

柔軟な働き方を実現! フレックスタイム制について本音を聞いてみた。

今回の記事ではWe will accounting associates株式会社(以下、We Will AA)で業務コンサルタントとして活躍している黒野さんに、業務内容やフレックスタイム制の働き方についてインタビューさせていただきました。

―黒野さん本日はよろしくお願いいたします。

よろしくお願いします。


―はじめに、黒野さんの経歴について簡単に教えてください!

静岡県磐田市出身で、We Will AAには2020年1月にジョインしました。
静岡大学を卒業後、新卒で地元の磐田信用金庫(現:浜松いわた信用金庫)に4年ほど勤めた後、ジブラルタ生命保険株式会社に転職し、保険の代理店に向けたコンサルティングの仕事をしていたところ、弊社杉浦に出会い、ご縁があってWe Will AAに入社しました。


―ずっと地元の静岡県で働かれているんですね。次に現在の業務内容、ミッションについて教えて下さい。

バックオフィス業務を効率化し、ムダを減らすことで労働生産性を高め、中小企業の成長を支えていくことが私たちのミッションです。

主な業務内容は、日々のバックオフィス業務のサポートとfreeeなど会計ソフトの導入コンサルティングです。常に6〜8社の経理業務支援を行っていますが、We Will AAでは、ただ経理や事務などの業務を代行するだけでなく、業務代行を通してバックオフィスの課題解決・業務改善まで担当しています。

他のコンサル会社は客観的な視点を入れることを大事にしているところが多いですが、私たちはクライアントの中に入り込むことを大切にしています。現場のことを深く知ることで、より効果的な改善提案につながると考えているからです。


―We will AAはコアタイムを設けない完全フレックスタイム制を導入しているとお伺いしました。黒野さんの働き方を1日の流れに沿って、教えて下さい。

We Will AAの社員は、オフィス、自社が運営しているコワーキングスペース、自宅であればどこで働いても構いません。私の場合自宅からオフィスまで車で40分以上かかるので、クライアント先との用事がなければ、自宅で仕事をすることもあります。

【黒野さんの1日】

朝 保育園に子供を送る
9:30〜10:30 メール、Slackチェック
10:30〜12:00 リモートでSaaS導入のコンサルティング
12:00〜13:00 お昼休憩
13:00〜16:30 担当している企業の経理業務代行、問い合わせに対応
保育園にお迎えに行く
子供をお風呂に入れたり、夕食を家族と一緒に食べる
19:30〜21:00 経理作業
21:00すぎ 子供を寝かしつけながら一緒に寝る

午前中はSaaSの導入支援などリモートで業務をすることが多いですね。浜松の企業に限らず、東京や長崎などの会社も担当しています。午後は、各企業で担当している業務を消化します。ガントチャートという工程管理のシステムで期日を確認しながら、請求書の作成など経理作業をしています。

オフィスに出社する日は基本的に9時〜18時まで働いています。社内会議がある日は、次のビジネスにつながるようなプロジェクトについて社員と打ち合わせをしたり、それぞれの社員が担当している案件や業務に関して、情報やノウハウを共有することで業務の改善や効率化に繋げています。また、クライアント先に実際に行かなければならない作業がある場合は、オフィスに訪問してそこのスタッフと一緒に仕事をする場合もあります。

―時間の縛りがないことで、子供の保育園の送り迎えや家の用事などにも柔軟に対応できるんですね!黒野さん自身、前職と比較した際に働き方・働きやすさなどで違いを感じましたか?

フレックスを導入していることで、オフィシャルに自由度の高さを認めてもらって働けるのはいいなと思います。前職の信用金庫の時は、朝は支店の掃除から始まり、上司が帰るまで自分も帰れないみたいな環境でした。今は違うと思いますけど(笑)

私の場合は、仕事とプライベートの切り替えがうまくできているので、自由にできる今の環境の方が働きやすいです。個人的には、まだまだ改善できる部分があると考えているので、社員みんながより働きやすい環境作りを進めていきたいと思います。

▼当社が運営するオープンイノベーションコワーキングスペース「Garage for Startups」でのMTGの様子


―社員の自律性を大切にしているWe will AAですが、どんな人が向いていると思いますか?

自分でやり切れる人、目の前のものに対して逃げずに解決策を考えられる人はこの仕事に向いていると思います。前職では、自社の保険をどれだけ売れるかが重要で、その会社のものを売るためだけに働いている感じがしました。今は、クライアントのためになんでもできる。自分たちの働きによって円滑に事務を回すことで価値を提供でき、売らなければいけない商品もないから変なフィルターもなく、フラットに仕事ができるところが楽しいです。

一方で目に見えない価値を提供しなければならない点は大変で、自分がどう動くかによって変わってくる部分が大きいため、プレッシャーもあります。しかし、自分でやり切らないといけないからこそ、それがダイレクトに売上などに直結するところにやりがいと面白さを感じます。

言われたことだけをやっている現状を脱したい人、価値を提供するという部分に共感している人はぜひWe Will AAでチャレンジして欲しいです。


―なるほど、真に価値のあることを考え、向き合う姿勢がWe will AAで必要とされているのですね。最後に黒野さんの今後の目標をお聞かせください。

会社としては、これからどんどん採用して人を増やすことで、会社の規模を大きくするフェーズです。社員が増えることで、さらに多くの会社をサポートでき、そこで情報収集とノウハウを蓄積することで、将来的には中小企業の労働生産性の向上を目指して事務プラットフォームを作りたいと考えています。

価値のある仕事を続けながら、家族との時間も大切にしたいと思っています。仕事も家庭もどちらも充実させる働き方ができるような仕組みをWe Will AAで作っていきたいです。

―これからも御社の仕事を通じて、思いきり成長していける中小企業が増えていくことを大いに期待しています。黒野さん本日はお忙しい中、貴重な話をありがとうございました。

ありがとうございました!


いかがでしたか?
黒野さんのお話から、時間や場所に縛られないフレキシブルな働き方や仕事のやりがいについて理解を深めていただけたら幸いです。


現在、一緒に働く仲間を募集しています!

We will AAでは「We will trust.We will change.We will innovate.」というミッションを掲げ、SaaSサービスを活用して中小企業のバックオフィスの業務改善を支援しています。

私たちは社員の自律性を重視し、自分の人生、仕事の進め方を自己設計できる環境づくりに努めています。この記事を読んで少しでも共感くださった皆様、是非We Will AAで一緒に働きませんか?

あなたからのご応募をお待ちしております!

▼当社の求人詳細はコチラ

アカウントマネージャー
浜松勤務|バックオフィスから企業の支援をするコンサルタントWANTED!
私たちは、「小企業に最高のオペレーションサービスを低価格で」をモットーに、SaaSサービスを活用して中小企業のバックオフィスの業務改善を支援しています。 経理や業務管理・人材管理といったバックオフィス領域で、社内に悩みを抱えている中小企業様からアウトソースを受け、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスによって業務設計から仕組化までをサポートしています。   ■業務改善コンサルティング freee、money forward、Salesforce、Smart HR、Holmes等のSaasサービス導入を通じた業務改善コンサルティングサービス ■バックオフィスのBPO リモートによるバックオフィスオペレーションのBPOサービスを基本とし、オンサイトでの現場作業にも対応 ■問題解決の専門コーディネート 顧客の問題解決のための専門家コーディネートサービス等
We will accounting associates株式会社
We will accounting associates株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more