1
/
5

UPBOND創業、これからのお話|#1-2 代表インタビュー

こんにちは。UPBOND採用担当の田中です。

社内インタビュー第一弾の続きとして、代表の水岡にUPBOND創業の背景を聞き、記事にしてみました。

代表水岡のプロフィール、学生時代、中国での起業時代のお話は下記のリンクを確認してみてくださいね!




今回はカフェにてインタビュー


新しいマーケティングの概念を作る

-- CRM、マーケティング領域を選んだ理由って何でしょうか?

最終的にやりたいことを実現するためには、CRMも、マーケティングも行っていかないといけないな、と思ったのと、僕自身がエンジニアリングもマーケティングコンサルも経験があったので親和性があったからですね。

僕がやりたいことって、ソーシャルCRMという概念でして、個人が個人情報を保管してどこまで情報を公開するかを選べる世界なんです。日本にはまだない考え方で、中国では台頭してきていて、アメリカではZapierが近い概念を持った事業を行っています。

個人に紐づく情報を企業は受け取ることで、クッキーのような匿名性のあるデータではなくもっと具体性の高いデータを手に入れることができ、1to1により近いマーケティングを行えることで、消費者は自身の趣味嗜好にあった情報を得ることができ、企業はより近い距離でユーザーとコミュニケーションが取れる社会を作っていきたいんです。

ただ、今言ったことを実現するためにはいくつかハードルがあって、

  • toCメーカーがDXを進め、オンラインでの販売網を確立していること
  • 一定以上のマーケティングデータの収集
  • 事業を推進するためにUPBONDを良いチームにする

があると思ってます。

それらを実現するために、まずはCRM、マーケティング・コンサルティングを行い、僕たちのビジョンに共感してくださる企業さまを増やしていかないといけないと思っているんですよ。

まだまだこれからですが、少しずつ賛同いただける企業さまが増えてきておりまして、それに合わせて資金調達、組織拡大を行っています。


-- 直近の戦略も教えていただけますか?

  • ソーシャルCRMという考え方を基にtoCメーカーさま向けにマーケティング・コンサルティングを行っていく
  • 不動産業界や卸業界向けのマーケティングプラットフォームの構築
  • Saasへの付加価値創造

の3つです。

マーケティング・コンサルティングを行っていくのは先程言った背景がありまして少しずつお客様が増えている状況です。マーケティングプラットフォームの構築に関しては、今目下取り組んでいる形になります。私達のビジョンにより近い取り組みとして企業さまと協業しながら取り組んでおります。Saasへの付加価値創造ですが、CRM、MAの概念とつなぐことで、様々なSaasツールに付加価値を付けていきたいと思っています。



-- なるほど。色々お話しいただけたのですが、人事として気になる、”良いチームにする”というところは具体的に水岡さんにとって良いチームってなんでしょうか?

会社としての方向性に共感しつつ、みんなが違う良いところを持っているチームだと思ってます。

僕自身もマネジメントや教育ができないので、それを補う人が社内にいて助け合うことが自然にできる組織って非常に強いと思うんですよ。僕自身前を向いて突き進むことはできるんですが、やはり組織を大きくしていくにはそれだけじゃだめで。ビジョンに共感して、何かしらの個性がある方が集まっている組織をここから5年で作っていきたいです。良いチームができたら、その時点で僕たちのビジョンはかなり達成に近づいていると思うので。


-- なるほど、メンバーを大切にしている水岡さんならではですね。水岡さんにとってメンバーってどういう存在ですか?

必要不可欠な存在だと思っています。同時に、自分に足りてなくて、いちばん大事な存在です。

今いるメンバーたちもかなり優秀な方が集まってきているのですが、僕たちがやろうとしていることって今のメンバーだけでは成し遂げられないほど大きなエネルギーが必要なんですよ。今までの中国での起業もそうですが、僕一人で突っ走って考えやビジョンの共有ができていなかった。だから当時拡大ができなかったと思っているんです。


-- そういうことを言っちゃうところも水岡さんっぽいですね。今のメンバー、これから入ってくれるメンバーに大切にしてほしい考え方はありますか?

そうですね。アクションファーストは意識してほしいです。チャレンジし続けてほしいんですよ。思ったことは挑戦してほしくて、もし失敗したら学んで次に活かしてほしいんですよ。そうやって僕も成長してきたので。

石橋を叩いて渡る、渡らないと判断していたら遅くて、石橋をダッシュで渡っちゃうような方ですね。笑

僕自身の経験上、アクションしないとわからないことってたくさんあったんですよ。だからアクションファーストで何事にもチャレンジしてほしいですし、僕もこれからもチャレンジしていきます。

あとは、筋を通すこと。ビジネスってどんなに突き詰めても人と人が関わるので、自分なりの考えで筋を通すことができる人であり続けることが非常に大事かなと思っています。


-- 確かにその2つはスタートアップで働く上で大事ですね。ちなみに、水岡さんが思うスタートアップで働くことへの魅力って何でしょうか?

月次ですが、0から1を作り出すこと、1を10にすることを経験できることですね。

こういう考えなかったな。ということを社会に対して広めることって非常に意義のあることだと思っていて。新しい価値を世の中に対して提供できるということは、新しい雇用の機会を創出していることにもつながるので。

それ以外は、、、ずっとベンチャー、スタートアップにいるので逆に思い浮かばないですね。笑


-- 笑。 最後に一言頂けますと嬉しいです。

はい、これから採用はかなり力を入れていこうと思っています。一年で倍以上の方に参画いただき、突き進んでいきます。

社会に対してインパクトを残したい、少しでもUPBONDに興味がある、という方がいましたら、お話できればと思ってます!


-- ありがとうございました!

こちらで代表インタビューは以上になります。

今後は他のメンバーにスポットを当てたインタビュー記事を定期的に掲載していこうと思っていますので、次回も楽しみにしていてください!

少しでもUPBONDに興味がある方がいましたら、是非エントリーしてみてくださいね!

株式会社UPBOND's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more