1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

月額1,980円で始めるアートのある暮らし
お客様のInstagram投稿
■現代アートのサブスクリプションCasie 私たちCasie(かしえ)は月額1,980円からアートのある豊かな暮らしをお届けしています。サービス開始から2年が経過し、4,000名を超えるユーザーの皆様にご利用いただいてます。 ■アートの民主化に挑戦し、未来の市場を切り拓く Casieのミッションがこれです。美術や芸術に対する興味関心が割と高い日本人ですが、アート作品をライフスタイルに導入するまでには高い壁が存在しています。この壁を優しく解体し、作品流通のチャンスを創ります。 ■「体験」を通して暮らしの幸福度を高める 私たちがお届けしているのは“絵画”ではありません。「自宅でアートを愛でる体験」です。無機質にモノだけを届けるのではなく、作家の想いが詰まったストーリーやアートを基本の「キ」から学んでいただける学習コンテンツも同梱されています。お客様の暮らしが豊かになる体験を継続的にお届けしています。 ▼Webサービス「現代アートのサブスクリプション」 https://casie.jp/

Why we do

Casie3F執務室スペース
創業者の藤本(左)と大好きな画家だった父(右)
美大や芸大を卒業しても、アートのお仕事に携われる人はほんの一握りです。大学の先生たちは「絵の描き方」を教えても「絵の売り方」を教えてくれません。 日本には絵を描くことが大好きな若き芸術家がなんと80万人もいます。しかしその93%が絵で生計を立てていくことができず、才能があっても諦めて一般的なお仕事に就職します。 才能があるにも関わらず、プロモーションやマーケティングなど、「売り方」が分からず苦しんでいる画家があまりに多いのです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 創業者(藤本)の父も売れない画家の一人として毎日、アトリエに閉じ篭って創作活動を続けていました。家族のために、時には自分の創作方針とは違う受託仕事をこなして何とか生計をたてていました。 貯金を崩して個展を開いても、作品は全く売れず。それでも画家として成功することを目指した父の姿を見て藤本は心の底からカッコイイと尊敬していました。 しかし父は病に倒れ、34歳という若さでこの世を去りました。父の作品をもっと沢山の人に観てもらうチャンスをつくることができれば、もっと面白い人生だったかもしれない。 そんな父のように、画家として才能を毎日磨く未来の巨匠がこの日本には沢山いることを知り、彼らの才能を世に広める画期的なサービスをやりたい!そう心に決めてこの事業が誕生しました。 私たちCasie(かしえ)は売上高の35%〜60%を毎月、所属アーティストに還元しています。彼らが経済的理由で画家としての活動を諦めてしまわないように。「アーティストを全力でエンパワーメントしていく!」

How we do

いつぞやの集合写真
Casieに作品を預ける画家Shigaさん
■ 家族を大切にするチームです 一番近くであなたのことを応援している人を大切にしてほしい。その想いがとても強いチームです。 ■ 仲間を大切にするチームです 一緒に働くメンバーの雰囲気が悪いと毎日がネガティブですよね!?Casieはそんなことありません、是非その目で確かめに来て下さい。 ■ アートやファッションが大好きなチームです アートに精通している必要はありません。ただ単純に「好き」であればWelcomeです。 ■ 個性を面白がって大切にするチームです 人の個性を否定するのはナンセンスです。その個性を最大限に活かして活躍できるフィールドを一緒に探しましょう!そしたら毎日が面白くて仕方ないはず。