1
/
5

【Renewal】社員インタビューvol.1 未経験で人材業界へ。トップセールスとなるまでの歩み。

2016年4月 中途入社
エグゼクティブサーチ事業部 シニアエグゼクティブ
添田 典孝


>まずは、前職のご経歴を教えてください。

子どもに関わる仕事がしたいと思っていたので、就職活動のときは、この会社に入る!と決めて1社だけ受けて、そこに入社しました。保育園・幼稚園向けに、遊具や机・椅子、食器、園服や、園舎設計まで総合的に手掛ける、創業100年を迎える会社でした。全国展開をしており、地元の福島店に配属されて、7年近く営業として働いていました。
元々東京に来たいと思っていたので3年でやめようかと考えていたのですが、2011年3月11日に東日本大震災が起きました。環境がガラっと変わり、子どもたちも先生たちもいる中で、残していくわけにもいかないなと、思いなおしました。 5年目頃にもう一度転職を考えたのですが、当時の店長が子育てのために転勤してしまったんです。その前の年には先輩が転勤していて、営業3人の店舗だったのが1人になってしまったため、自分が店長をやるしかなかったんですよね。(笑)
震災から5年経ったときには、保育園、幼稚園の様子も元に戻りつつあり、外から子どもたちの声が聞こえるようになってきていたんです。私自身は7年目の29歳になっていたタイミングで、先生方にも応援していただけたこともあり、転職活動を始めました。


>そうだったのですね。元々は保育系の業界だったのに、どうして人材業界のブライエッジを選ばれたのでしょうか?

転職するにあたって大手の転職サイトに登録していたのですが、やりたいと強く思うことが決まっていない中で、求人だけ送ってくる人材紹介会社にモヤモヤしたんです。内定を6社ぐらいもらっていたのですが、決めきれずにいました。
でもある時、知人からブライエッジを紹介されました。実体験から人材業界に興味もなかったのですが、半ば強引に勧められ、面接に行きました。そこで代表の諸田さんに会い、「この人と仕事をするのは面白そうだな」と思ったのが最初の印象ですね。フィーリング的なものもあるのですが、数年後諸田さんと一緒に仕事をしているようなイメージが、自然に浮かんだのも大きい要因ですね。
あと事業内容としても、ブライエッジはヘッドハンティング会社で一般的な人材紹介会社とやり方も違っていて、自分が不満に思った人材業界に入ったら、その経験をもとに違った関わり方ができるんじゃないかと思えたのもあって、入社を決めました。


>諸田さんのお人柄と、自分が人材業界を変えたいという思いから決められたんですね。入社してみて、思っていたのとギャップはありましたか?

あんまりないですね。まだ3人くらいしかいない会社だったから、社風もなにもないですし。(笑) 前職は1000人くらいいて100年続く会社で、そこから3年目で3人しかいないブライエッジに移ったんですが、元々前職では3人しかいない店舗で働いていたので、あまり違和感もなく入社することはできました。



>添田さんは現在シニアエグゼクティブという立場で、プレイングマネージャーとしてご活躍されていますよね。具体的には、どういった業務をご担当されていますか?

コンサルタントとしては、IT・Web業界のベンチャー企業様にお伺いをして、発展していく上で必要な人材のオーダーを頂いています。そのオーダーに合う人材をサーチし、お会いさせていただき、その方のキャリアを一緒に考えさせていただきます。そのキャリアのベストな選択のために、私たちがサポートさせていただいています。
マネージャーとしては、会社を良くしていく上で必要な仕組みや制度を、代表の諸田さんへ提案することが多いです。みんなが楽しく働ける環境を作っていきたいので、どんな仕組みがあればよくなるかは常々考えていますね。 あと自社面接なども行いますし、どんな人たちが来てくれたら会社が成長していくかといった、ペルソナ作りをよくしています。面接に出るリーダー陣が共通認識を持てるように、話し合うこともあります。


>添田さんはかなりシステム作りをしていらっしゃいますよね。Slackの導入をされたり、一番最近では、月1回とれる女性休暇を作ってくださったりしたと伺っています。これまで作った仕組みの中で、一番よかったのはどんなものでしょうか?

インセンティブ制度ですね。私の入社の条件としてお願いしました。(笑)
当時まだ会社はスタートアップだったので、前職と比べて年収がダウンしてしまったんですよね。福島から東京に引っ越してくることもあって、少し厳しいなというのもありました。なので内定を頂いたときにお願いをして、入社してから諸田さんと一緒に制度を作りました。


>入社の条件だったんですね!(笑)今後仕組み作りや業務を通して、どんなことをしていきたいですか?

目標達成できるのが当たり前の文化をつくりたいですね。そうしたら本当に強い組織になっていけると思うので。今は、いかにしてメンバーが育つかというマネジメントを大事に考えています。 まだまだ私の売上というのは社内では役割が大きいので、そこは維持しながら、メンバーに関わる時間を増やしていきたいと思います。



>なるほど、マネジメントに注力をされているんですね。

そうですね。マネジメントって本当に奥が深いと感じております。売上や目標など定量的に測れるものは、できたのか否かの判断が明確ですけれど、マネジメントには正解も終わりもないですから。特に昨年の1年は、マネジメントの難しさを実感しました。 ただ、ここが組織を強くする上で一番大切なポイントだと思います。


>では逆に、楽しさややりがいを感じるときはありますか?

楽しいのは毎日。(笑)前職では一人で動くことが多かったので、メンバーたちと一緒に仕事ができるのがともかく楽しいですね。
やりがいとしては、決定が出てクライアント企業も候補者の方も喜んでくれるときに感じます。そしてその後、私がご紹介をして入社した方が活躍をされて、今度は面接官になって再会したときは、すごく嬉しいです。企業様が本当に発展されていると実感できるのは、大きなやりがいを感じる瞬間ですね。 モノを売るわけではなく、人と人の繋がりを創る仕事なので正解とかはないのですが、色々な人たちの人生が絡み合ってそれが好転していくのを見るのは、やりがいにつながっています。


>ブライエッジでは、社員一人ひとりの自己実現を重視していると思います。添田さんの人生理念やビジョンなどを教えてください。

私自身の人生理念は、「愛・誠実・信頼」です。とくに、誠実という部分は、とても大事にしています。自分に関わった方々から、「出逢えてよかった」と思っていただける存在でいられたら嬉しいですね。
あと、子どもが好きっていうのはずっと変わっていなくて。子どもに関わるような事業をブライエッジで創りたいという思いがあります。今の子どもたちが、日本の将来を支えていく土台になるので。そんな子たちに対してより良い関わりができる事業をやってみたいですね。 ただ、タイミングとしてはもう少し先だと思っていて、まずは目の前の事業や会社を強くしていきたいです。



>ありがとうございます。添田さんから見た、ブライエッジの魅力って何でしょうか?

いい子たちが多いところですね。(笑)一緒に働いていて、そう感じることが多いです。
あと、ブライエッジのビジネスモデルって結構特殊なんですよね。代表と長くお付き合いをして、自分の仕事を通してクライアント企業の成長支援をして、それが社会貢献に繋がっていくのがブライエッジの仕事なんです。企業の代表の方と直接会って話せる仕事って一般的にはあまりないので、そこは大きな魅力だと思っています。 それに候補者の方々も自分と全く違う業界・業種なので、お会いすることで視野が広がって、高い視座を保てるんですよね。人との関わりから大きく成長させてもらえるのが、この仕事における掛け替えのない大きな財産だと思っています。


>同僚としてもお客様としても、良い方々との出逢いが得られる環境なんですね。これからもブライエッジはメンバーを増やしていくと思いますが、どんな方に入社してほしいですか?

会社の理念に共感して、会社を心から一緒に成長させていきたいと思ってくれる、責任感のある方に来てほしいですね。


>なるほど。面接においてもそういった部分を重視されていますか?

あとは、素直さというのは何においても大事だと思っています。ただ言うことを聞くって意味ではなく、言われたことを一度受け止めて自分なりにちゃんと理解した上で、やり遂げられるような素直さを持っている方がいいですね。




>お人柄の部分を一番重視されているんですね。重なる部分もあるかとは思いますが、ブライエッジで活躍する方の共通点って何でしょうか。

先ほどもお伝えした、素直さと責任感ですね。自分に課せられた使命やミッションをやり遂げるという、強い意志を持っている人。そういう人は活躍できる力がありますし、周りが助けてくれると思います。


>最後に、ブライエッジへの入社を考えている方へ、メッセージをお願いします!

どんな環境や仕事であっても、成長するもしないも自分次第です。自分がどれだけ強い思いをもって、やり切れるかどうか。ブライエッジは、本気の人を支えてくれるメンバーがたくさん集まっている環境です。
時代を創る企業、企業を創る人、新たな時代を創る企業と人の飛躍を生み出す仕事です。
少しでも気になったら、ぜひ会いに来てください。


▼詳細はこちら

ブライエッジ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings