This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

様々なバックグラウンドを持ったメンバーが、『20代が輝く社会を作る』を理念実現に向けて日々業務に当たっています。
株式会社アウスタ 経営理念: 『20代が輝く社会を創る』 2005年創業以来、一貫して”20代”に特化して事業を進めてきた第16期目の人材開発企業です。 現在は全国5拠点で事業展開中です。 これまでの地道な歩みを認めていただき、10年前の2010年には埼玉県より『埼玉ヤングキャリアサポーター』の認定をいただきました。 平成から令和、そして2020年東京オリンピックと日本が変化と盛り上がりを見せている今、私たちアウスタは新たな方向へと事業戦略をシフト致します。 それは「日本一の上京支援企業」。 ただ東京への若者を上京させるだけでは意味がありません。 東京でビジネス力、ゼロイチ力ー無から有を生み出す力を育てる環境をアウスタが提供します。 その取り組みの先には20代若者が...... ・雇用を生み出し地方創生に貢献する ・スケール感の大きいビジネスで経済貢献をする ・海外事業に取り組み世界と日本の架け橋になる 面白い未来が待っているはずです。 このビジョンに共鳴し、ともに20代が輝く社会を創るメンバーをWANTEDしています!

Why we do

アウスタ代表であり事業投資家でもある玉貫。20代若者へのコンサルティングを行います。
【創業秘話】(代表コラムVOL.1より) アウスタ誕生の物語は、2005年春に大学卒業目前の22歳の若者が、当時都内にあった代表玉貫が経営していた会社に飛び込み営業をしてきたところから始まります。 話しを聞くとその若者は「人材サービス事業を生涯の仕事にしたい」という想いを持ちながら、毎日新規開拓営業で自分を磨き、「実力があれば起業、なければ就職」という人生の選択を自分に課していました。 その覚悟を決めた心構えと行動力を持つ彼に、私は”ある提案”をしてみました。 「君の夢が本物なら資金を調達するのを手伝ってあげよう。 そのかわり世の中のためになる事業に限るのが一番の条件だ」 と。 彼はこの提案の翌日には就職内定先に断りの謝罪を入れて起業家になる事を決意したと私に告げてきました。 私は約束通り会社立ち上げ資金を有志を集って用意し、2005年7月7日に産声を上げたのが弊社の成り立ちです。 ーーー 我々アウスタが若者のゼロイチ(無から有を生み出す)の志から立ち上がった企業です。 今後アウスタは全国の若者のゼロイチを推進していき、起業家事業家輩出に取り組んでいきます。 そのために2020年は全国7エリアでのゼロイチトップライブを開催し、無から有を生み出す素晴らしさ・楽しさを伝えていきます。 そして目指すのは【日本中のやる気のある若者の3人に1人が関わるような企業】です。 https://www.wantedly.com/companies/austar/post_articles/174149 このゼロイチに取り組むのは、決して我々のエゴではなく今の日本・若者に強く求められている方向性だからです。 ・就活市場の”売り手市場化”(就きたい仕事につくための教育の必要性) ・生産年齢人口(15歳~64歳)の減少 ・人口の一都集中(三大都市圏で東京以外は転出超過) こういった大きな課題を課題視するだけで終わるのか、それとも具体的な行動をするのか、この両者には大きな違いが生まれます。 ゼロイチといっても大袈裟なことではありません。 行動すること(ゼロからイチ、一歩踏み出す)で未来は変わると信じて、日本中の若者にメッセージをして参ります。

How we do

率直性を持った社員同士がコミュニケーションを図れるように取り組んでいます。
北海道函館市にて行った地方創生セミナー「ゼロイチハコダテ」の集合写真。2020年アウスタは全国7エリアで”ゼロイチ”=無から有を生み出すことの楽しさ・素晴らしさを伝える機会提供をして参ります。
【アウスタ七ヶ条】 一、 若者がチャレンジできる事業を創造する ニ、 常に世のため若者のためを考え、誠心誠意仕事をする 三、 比較・見栄・嫉妬・傲慢を排除し、感謝・謙虚さを心掛ける 四、 同士を自分のことのように応援できる利他の精神を実践する 五、 他人を批判するより、自らがチャレンジャー・手本であり続ける 六、 若者に希望を照らすのは己の自己変革に他ならない 七、 理念に仲間は集まり、実践で会社は世の公器になる ーーー 私たちアウスタの行動指針です。 若者を変える、社会を変える、日本を変える、その前に自分を変革していくこと。 仕事を創るという意識を忘れないことなど、基本的なことかもしれませんが、その基礎基本こそ大事にするのが私たちのスタイルです。