1
/
5

【株式会社アカツキ】コーポレートメンバーへのインタビュー 財務/IRチーム Kentaさん

株式会社アカツキのコーポレート部門は各事業会社を支援するため、アカツキグループの屋台骨的な役割を担っています。

具体的な仕事内容や各チームの雰囲気をお伝えするためにコーポレート部門で働いているメンバーのインタビューをご紹介します。

今回は、財務/IRチームのKentaさんです。

ご入社時期と現在所属しているチームを教えてください。

2021年に財務/IRチームに入社し、2年目です。(2023年4月現在)

前職のこととアカツキに転職した理由を教えてください。

前職は銀行で働いていました。最初の数年間は融資管理を行い、その後は外部の投資会社に出向しました。

新しい価値観を体験できた出向期間は、とても刺激的でした。同じ金融系の職場でもひとあじ違った公平さ、自由さがありました。また、働く人についても、様々なバックグラウンドを持った専門性が強い方々が集まっているように感じました。

出向を経て、また銀行業務に戻った際に、より革新的なことにチャレンジできる環境への変化を求め、転職を考えはじめました。

会社選びで意識したことは、大きく3つです。

ひとつは、これまでの金融業界で得た知識を活かし、より専門性がつけられるか。
もうひとつは成長産業であるかどうか。
最後は「どこにどう投資するか」という事業ポートフォリオの管理を考えるような仕事ができるかどうか、です。

この3つの観点に合致したのがアカツキでした。
成長している会社は、どんどん人が増え、新しいことへ挑戦し、事業も拡大していく。その変化が当時の私にとってはとても新鮮で魅力的でした。

具体的にどんな業務をしているのかと、チームの雰囲気を教えてください。

財務 / IRチームが担当している業務は大きく5つあります。

1.財務戦略(資本政策)
2.IR
3.財務系の業務(予算管理、送金、資金繰りなど)
4.投資管理(パフォーマンス管理)
5.グループ広報

その中で私はIRと投資管理を主に担っており、財務戦略も勉強中です。少し前までは財務の仕事も担当していましたが、新しいメンバーが入ったことで役割分担ができるようになりました。現在は8名のチームで業務を行っています。

財務 / IRチームの全員で何か同じ業務をするというとはないのですが、ケースによっては各業務間での連携が重要になるので、対面・Zoom・Slackなどを用いながらコミュニケーションを頻繁にとっています。

アカツキはホームページを見てもカラフルですよね。エンタメを取り扱っているので「ワクワクやクリエイティブさを大事にしてる会社」というのを打ち出していますが、チームの雰囲気は入社前に思っていたほどはキラキラしていないです(笑)。我々のチームにかかわらず、コーポレート部門は割とロジカルでスマートな、落ち着いた方が多い印象です。

それぞれの事業会社と比較すると、コーポレート部門はやや年齢層が高いという点も落ち着いたメンバーが多い理由の一つかなと思います。

どんなところが日々のモチベーションにつながりますか?

一言で言えば、経営の視点で仕事ができることです。

ゲーム・エンタメ・IP業界は市場の変化が早く、また、投資先一つとっても多くの選択肢があります。

財務 / IRチームは、ビジネスの最前線に立つ経営陣の話を聞く機会が多いのですが、市場の未来や最先端の技術の話など、新しい知識を知り、学んでいけるところにもやりがいを感じます。新たにキャッチアップした情報をIRでの表現にどのように落とし込んでいくかは日々試行錯誤しています。

また財務・IRチームがコミュニケーションするのは、金融業界の方々も多いので、ゲーム業界特有の言葉をわかりやすく翻訳してお伝えするという点で、自分の出自を活かして貢献できると思います。

大変だと感じることはありますか?

IRの領域について、時には経営陣と意見が異なることは当然あるので、提案をし、議論をすることはやりがいを感じつつも、大変さも感じます。

経営陣の伝えたい想いと、投資家の考え方や受け取り方を踏まえたIRチームの意見との間に差分がある場合は、すり合わせていくのは容易ではありません。ひとつひとつの言葉やそれに対する捉え方などは、立場やバックグラウンドによって前提となる認識が異なるため、いかにズレを生じさせず推進していけるかが大切なポイントとなります。

これからも継続したいことや今後チャレンジしたいことはありますか?

多角的な視点をもち、様々な分野でのキャッチアップを続けなければいけないと思っています。私が入社してからを振り返っただけでも、入社直後から分社化が動き出し半年で体制を整うなど、アカツキは常に変化をしています。自身の成長は、目前の変化に対応してきたその時々の積み重ねの結果になると思うので、今後も変化に対して挑戦を続けていきたいです。

また、足元では新メンバーが入ってくださり役割分担ができるようになったことで、業務が整い安定してきました。安定の次は改善に焦点をあてたいというのが今後のチャレンジです。
定常業務はより効率的にわかりやすく、余力が出てきたらまた新しいことへチャレンジするという良いサイクルを構築して行けたらと思っています。

また、事業部の方ともっと仲良くなりたいなと思っています。業務上、事業会社のメンバーと直接関わることがないため、積極的に自分からつながりを築いていきたいと思います。

どんな方にアカツキへご入社いただきたいですか?

3つあります。

1つは、変化に耐えられる、むしろ変化を楽しめる方が合うと思います。決まった業務だけじゃつまらないという方は、様々な問題が次々に現れるので楽しいですよ(笑)。

もう1つは、経営陣との距離が非常に近く、頻繁にコミュニケーションをとるので、そういう方々と接して知見を広げたいと思う人には相当チャンスがあるんじゃないかなと思います。

最後はエンタメ愛がある人ですかね。
先日、事業部のメンバーやコーポレートの違う部門のメンバーと食事に行った際はずーっと漫画の話をしていましたし、業務中に真剣に経営方針の話などをしている際も、この漫画で例えるとああいうことだよねなど、漫画のワンシーンが共通言語となってコミュニケーションが成立している場面も多いです。

かくいう私も入社してから、名作と言われる少年漫画を読むなど、今も猛スピードでインプットしているところです。

私は元々、油断したら無限に遊んでしまうほどゲームも好きです。ゲームをプレイするだけでなく、エンタメの潮流がこうだよなとか未来はこうなるかな、などと考えてるのが楽しいんです。考えること・学ぶこと・分析することが好きな方にもアカツキにご入社いただきたいですね。

=======================================

アカツキでは、共に組織を創り上げていく仲間を大募集しております!!皆さんも私たちと一緒に、世界にワクワク感動する体験を提供してみませんか?

アカツキ 中途採用 | 株式会社アカツキ(Akatsuki Inc.)
アカツキの中途採用情報を掲載しています。
https://aktsk.jp/recruit/career/akatsuki/

=======================================

株式会社アカツキ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings