1
/
5

What we do

オフィスは大阪北堀江の路面オフィスです。
ただ依頼内容を制作・開発するだけではなく、クライアントのビジネスをどのようにして成功させるか。ACTBE Inc. では、企業の経営課題に対して一人一人がプロとして課題の本質を問いアイデアを一から企画・設計し、事業戦略から・開発・オペレーションまで一貫して提供し続けます。
私たち「株式会社アクトビ」は、デジタル領域のプロフェッショナルとして、デザインとテクノロジーを駆使し、クライアントのDX支援、もとより経営課題の解決を行う技術者組織です。 ただ依頼内容を制作、開発するだけでなく「インターネット販売で売上を伸ばしたい」「社内業務を効率化したい」「自社のアセットを使って新規事業を創出したい」「採用を増やしたい」などのクライアントのあらゆる経営課題に対して、アイデアをいちから企画、設計し、課題の本質を問い、自分ごととして考え続けることでよりスピーディーな課題解決方法をクライアントのパートナーとして作り続けていく。 そんな組織です。 ■ 事業内容  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ - System, Design Partner 事業 DXコンサルティング ソフトウェアの企画 / 開発 /運用 UX. UIデザイン Salesforceの構築/運用/開発 - Business Development 事業 プロダクトの企画 / 開発 / 運用 - Work Design 事業 フリーランスエージェント "ACTBEWORKS" ■ 事業の展望  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 優秀な人材が集まる会社をつくり、受託事業と平行しながら新たなサービスを短いサイクルでローンチできる会社を目指しています。アクトビはこれからもサービスを開発し続けます。 ■ リンク  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ※注目の西日本ベンチャー100に選出されました。 https://www.nishinihon-venture.com/company/actbe/ ※Company Deck https://speakerdeck.com/actbeinc/actbe-inc-company-deck-fy2022

Why we do

■Vision  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 「Everyone be protagonist. / すべての人が活躍できる場を定義する」 事業をつくる。人を育てる。新しい社会の当たり前をつくる。 そうやって、個人個人が持つ得意分野を活かすことができる環境をたくさん生み出す。 “活躍”の定義は自分でできるように、選択できるように。 より多くの本質的な場をつくっていくことがわたしたちのビジョンです。 ■Mission  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 「Create Structure. / テクノロジーを軸に社会の仕組みを創る」 これまでの社会の仕組みにはデジタルはなかった。 これからの社会の仕組みにはテクノロジーが必ず必要になる。 中途半端な知識ではなく、きちんとテクノロジーを理解した人が 正しいものを、正しく作ることができれば、世の中は正しいものであふれかえるはず。 わたしたちは、そうやって内側からも、外側との協力からも社会の仕組みを 正しく創っていくことが使命です。

How we do

最初は心斎橋のマンションの一室で開発していました。
エッジの効いた優秀なメンバーが集います!
■ 事業の特徴  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 私たちの強みは、テクノロジーにおいても、ビジネスにおいてもプロ集団であること。フリーランス経験者が多く、個々のスキルの高さも特徴です。それぞれが自分のやり方で仕事をしています。先輩について学ぶというより、自分の過去の経験を活かし、自分の色で仕事を進めていくイメージです。 ■ アクトビのVALUE  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ - Act First - まず行動する 失敗の原因を探るよりも、行動したことを称賛する文化。 ソフトウェアに不具合というものは必ず存在します。 ビジネスにおいても同じです。 不具合を恐れて何もしないのではなく、行動した結果の失敗の原因追求よりも 成功したことを称賛しあえる組織であること。 そして、失敗しても成功しても、そのアクションを称賛する会社であること。 - Capture the Essence - ものごとの本質を捉える 今目の前で行っているしごとには必ず意味があります。 ただ依頼されたことをこなすしごとと、 その根底にある本質を捉えてこなすしごとでは、アウトプットの質は雲泥の差になる。 社内業務でもクライアントワークでも、 そのしごとの、その製品の、その戦略の理由を考え続けること。それは正しいのか。常に疑い続けること。 その思考が本質を捉えた製品開発力に直結します。 - Time is Quality - スピードも品質のひとつ アウトプットに100%は存在しません。 それならば、時間をかけた90%より最速で出した70%を称賛します。 そこから100%にもっていけば良い。 アウトプットに関しては、相手が待っている時間を減らすことが信頼に繋がります。 ビジネスにおいてのプロフェッショナルはスピードを重視します。 - Be Professional - 想像を超える 常に相手の期待値を探る。 そしてそれを超える成果物を提供しよう。 相手よりも深い思考で考え、時には新しい視点から創造する。 期待を上回ることができるのがプロフェッショナルです。 - Entrepreneurship - 当事者意識を持つ 目の前のしごとを自分ごととしてどれだけ考えられるか。 メンバーとしてではなく、当事者として関われるか ビジネスの主導権はいつも自分にあると考える。 つくるものの一番のファンが自分になる。やらされしごとはしない。 全員が当事者であるチームは強い。 仕事の本質とは何でしょうか。 アクトビには、「働くために働いている」ようなメンバーは存在しません。個々がプロであり、仕事の本質を理解し、高い水準で仕事をし、楽しく過ごすこと。良いものを良い環境で作りたい。その想いが、本質を捉えた製品開発につながっています。 ■ オフィス環境  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 大阪の堀江エリアにあるオフィスでは、多彩なジャンルのフリーランスを集めたパネルディスカッションや技術勉強会、確定申告関連のイベントなど、さまざまなイベントを定期的に開催しています。多くのクリエイターと出会うきっかけともなる貴重な機会です。 ■ 働き方・働く環境  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ クリエイターが働きやすい環境を軸にさまざまな働き方を実践しています。 フルリモートではありませんが、自分の裁量で在宅勤務も可能です。クリエイターが働きやすい、オープンな制度を採用しています。また、スキル向上をサポートするため、書籍購入費用を補助する制度もあります。 ■ メンバー  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ アクトビのメンバーの平均年齢は20代後半。フリーランス経験のあるメンバーも多いので、広い知識をもっているエンジニアが多いです。