1
/
5

一度は転職を考えた3人が今もSansanで働き続ける理由とは?

みなさん、こんにちは!
Sansan株式会社のインサイドセールス部門で採用チームに所属している山崎です。

先日、『あの頃のSD』というテーマで部内交流会が行われました。
※SDとは、セールスディベロップメントの略で、インサイドセールス部門の部署名です。

インサイドセールスとしての地位や役割を先導してきたSansanですが、会社や市場の変化に伴い、組織のあり方を変えてきました。

交流会当日は入社歴の長いメンバーから当時の苦悩やSansanでのキャリアについて語り、年次やチームを問わずフランクに交流する場となりました。

比較的入社歴の浅いメンバーの参加が多い中、「先輩たちのモチベーションや仕事のやりがいの変遷が知りたい」という声があがりました。

現在転職を考えている方も入社後のキャリアパスや長く働き続けられるかどうかは、気にするポイントだとと思います。

今回は悩みながらも自らの意志でキャリアを切り開いてきた3人のメンバーのエピソードを紹介します。


Episode1:組織変遷の中で見つけた仕事のやりがい

蔭山 涼香(かげやま すずか)さん ※写真左下
2014年4月新卒入社
現在はセールスディベロップメント部SD企画グループに所属し、インサイドセールス部門のオペレーション強化や全体戦略の企画を担当。


私は創業7年目の2014年に入社しました。この頃は、インサイドセールスはまだ部署として独立しておらず数名のテレマーケティング、いわゆるテレアポをする専門チームでした。

約2年半のプレーヤーを経て、インサイドセールスとしてのスキルもつき、面白みもわかってきたところで、改めて今後の自分のキャリアについて考えるようになりました。

というのも、当時のインサイドセールスは営業部に内包され、まだフィールドセールスの教育部門としての位置づけが強く、インサイドセールスを経験したメンバーはフィールドセールスへいくのが主流でした。

そんな中で、私自身はSansanの提供価値が深まることによって個別化していくフィールドセールスではなく、まだSansanを知らない人に幅広くSansanの価値を伝えていくマーケティングにチャレンジしてみたいと感じていたんです。その時のマネージャーとの面談で自分のキャリアについての考えと、それが社内で難しいようであれば転職も考えていることを正直に伝えていました。

するとちょうどその頃、マーケティング部から見込顧客を育成することを目的としたセミナーをインサイドセールスで引き取れないかという話があったようで、そのままセミナーの企画、運営を任されることになりました。この時期は人員体制もギリギリでかなり忙しかったのですが、インサイドセールスとしての培った視点も活かしながら、やりたいと思っていた業務を任せてもらえていることにやりがいと楽しさを感じていました。

1年ほどたった頃、今度はマーケティング部が管轄していた顧客リストの管理をするリードオペレーションをインサイドセールス部門で担当するという体制変更があり、その役割を担うことを打診されました。それが現在私が所属しているインサイドセールス部門のオペレーションを担うSD企画というチームになります。

一方で、当時私が担っていたセミナー運営はマーケティング部に役割を移動させることとなり、まだまだやりたいことがあった私は「オペレーション企画って、私じゃないといけない仕事なのか?」と悩んでいました。今思うと、かなりモチベーションが下がってしまっていたのですが、ただ不思議とマーケティング部に行きたいとは思っていなかったんですよね。

改めて、自分が任された仕事はどんな役割なのか、組織にとってどんな意義があるものなのかを考えていく中で、当時からシステム系が割と得意だった私は、プレイヤー経験があるという強みを活かしてよりみんなの業務の仕組みを改善できる、これは自分の武器になるな、と思うようになりました。

何よりインサイドセールスのメンバーが増える中でオペレーション強化は必須です。向き合っていくうちに、魅力的なインサイドセールスの仕事をより面白くする、それが自分の仕事が一緒に働く仲間のためになる、というやりがいにも繋がっていきました。

今ではチームメンバーも増え、チームと組織、会社の成長にワクワクしながら業務に取り組むことができています。


Episode2:経験の中で見つけた自分のやりたいこと

清水 研人(しみず けんと)さん
2016年12月中途入社
現在はセールスディベロップメント部ADR2グループに所属し、エンタープライズ領域のインサイドセールスを担当。


入社後、新規顧客開拓がメインのSMB領域のインサイドセールスを担当していました。私が入社したタイミングでは、インサイドセールスは10名ほどで、中小企業の新規開拓がメインでした。入社して間もなく、事業の戦略として大手企業攻略に注力することになり、私は大手製造業を担当することになりました。1人で400~500社の担当企業向けにインバウンド対応だけではなく、アウトバウンドでの商談獲得も行い、戦略的に大手企業へSansan導入をすることがミッションのチームでした。

その後、新しいメンバーの育成にも携わり、常に新しいことへの挑戦ができる環境で自然と成長実感を持てていました。

チームリーダーを任されていた私はマネージャーを目指していたのですが、メンバーの教育と自分の成果へのコミットに行き詰ってしまっていました。このままじゃいけないな、と思っていた頃、新規事業開発部の設立の話があり、自ら手を挙げて異動することになりました。前向きな気持ちで異動したのですが、異動先のチームメンバーのレベルの高さに萎縮してしまい、思ったようにパフォーマンス発揮することができず、また思い悩んでしまったんです。

その時、上司との面談の中で、自分はどうなりたいのか?を問われ、うまくこたえることができなかったことを今でも覚えています。
インサイドセールスに戻り、改めて自己と向き合いながら業務に専念する中で、インサイドセールスとしてチームづくりに携わりたいと思うようになりました。メンバーも入社当初の約10倍、現在では80名ほどの組織になりました。常に変化をするSansanでは、正解はありません。答えがないからこそ、自分で考え、新しい組織のカタチを模索し、挑戦することができます。正直、思うような結果を出せないときは転職を考えたこともありました。でも、今の自分が変わらなければ環境を変えても同じ結果になってしまうと思い、踏みとどまりました。Sansanでは、自分が変わること、そして組織を変えていくことを求められます。逃げの転職ではなく、自分と組織に向き合い、個人の成長とともに組織・事業の成長へ貢献していきたいと思っています。


Episode3:5年経験しても色褪せないインサイドセールスの魅力

豊永 雄貴(とよなが ゆうき)さん
2015年9月中途入社
現在はセールスディベロップメント部SDR2グループに所属し、SMB領域の既存顧客のインサイドセールスを担当。

私は2015年9月に入社しました。転職活動中、何社か内定もらった企業があったのですが、あんまりワクワクしなかったんです。その時親身になってくれていたエージェント会社の方にベンチャー企業でおすすめの会社はないか?と相談したところ、「ここの会社の人に会った方がいい!」と真っ先に紹介された会社がSansanでした。「名刺管理か、興味ないな~」くらいに思っていたのですが、信頼していたエージェントの方がそんなにおすすめするなら、と選考を受けてみたのがきっかけです。

入社後1年くらいはミッションドリブンな組織に魅了され、とにかく目の前の業務や目標を達成することに必死でした。

そんな私も入社3年が経った頃、新メンバーのサポートとプレイヤー業務のコントロールができず、当時の上司との意見の食い違いから前向きな気持ちになれない時期がありました。その上司から「私が期待していることを、あなたはやりきれていない」と言われ、すごく悔しい思いをしたのを覚えています。転換期となったのは同じ上司から新サービスの推進リーダーを任されたタイミングだと思います。施策が成功し、上司に感謝を伝えた際「今の働きぶりを見て誇りに思う」と言っていただきました。「期待していることをやりきれていない」の裏側には、「あなたに期待している」が隠されていることに気づいたんです。

一つのきっかけにしかすぎませんが、自分が周りのメンバーや組織に与えられる影響を再認識できました。上司の期待に応えるという話ではなく、組織を動かしていく、そういう期待だったんだと思います。捉え方が変わったことで、プレイヤー業務にも活き、成果にも現れるようになりました。

入社当初はインサイドセールスに対してあまりポジティブな印象を持っていなかったのですが、電話はあくまでも手段であり、Sansanの価値を世の中へ伝える、気づきを与える役割と今は認識していますし、電話だけで世界が広がっていくことに楽しさを感じています。インサイドセールスに対する楽しさは今も変わらず、気づいたら5年続いていました。



いかがでしたでしょうか?

Sansanは2021年、「ビジネスインフラになる」というビジョンを掲げました。

みなさんの生活に電気や水道、ガスが不可欠なように、ビジネスにおいて私たちSansanもなくてはならない存在になることを本気で目指しています。Sansanが提供する価値は名刺管理にとどまらず、あらゆる出会いからイノベーションを生み出していきます。

インサイドセールス組織も常に変化を求められます。「変化のある環境で自分の成長に向き合いたい」「自ら道を創りたい」そんな仲間を積極的に採用しています。

ご興味をお持ちいただけましたらぜひ当社の会社説明会へお越しください。

会社説明会では実際の現場メンバーが主導でフランクに質問できる場です。
みなさまのご参加をお待ちしております。


▼募集要項

インサイドセールス
市場開拓の最前線を走るインサイドセールスで働きたい方Wanted!
クラウド名刺管理サービス「Sansan」 名刺アプリ「Eight」 「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、クラウド名刺管理サービス「Sansan」および名刺アプリ「Eight」を開発・提供しています。名刺管理を起点としたビジネスプラットフォームとして活用できるサービスを国内外で提供しています。 ◆ 名刺管理から、働き方を変える「Sansan」https://jp.sansan.com/ Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって名刺情報を正確にデータ化します。高度なAI技術により、企業内の人脈を管理・共有することが可能になるほか、社内の連携を促進する機能や顧客データを統合・リッチ化する機能を備え、ビジネスのはじまりを後押しする「ビジネスプラットフォーム」です。 ◆ 名刺アプリ「Eight」https://8card.net/ Eightは、名刺を起点としたビジネスネットワークです。名刺を正確にデータ化して、スマートフォンアプリで管理することができます。登録したユーザー間で情報発信ができる「フィード」、チャットのようにコミュニケーションが取れる「メッセージ」、名刺だけでは伝えることができない経歴やスキルを伝える「プロフィール」といった機能を利用し、ビジネスにおけるコミュニケーションツールとして活用されています。2019年8月時点で、250万人を超えるユーザーに利用されています。 ◆ Data Strategy & Operation Center R&Dチームについて(https://jp.corp-sansan.com/dsoc/) 2013年より文書画像解析のスペシャリストが専門的な研究を行うR&Dチームをオペレーション部内に創設。OCRに加え、事業のグローバル展開も見越した言語に依存しない独自の画像解析エンジンや、名刺に対する認知に対して機械学習を用いて読み取りを効率化・自動化する研究開発をスタートしました。現在のR&Dチームは、サービスを通じて世の中に価値を届けることをミッションとしています。画像処理・機械学習のスペシャリストやデータサイエンティストなど十数名が在籍し、名刺をもとにした人脈のデータベースの活用という前例のない未知の領域に挑んでいます。
Sansan株式会社


▼こちらの記事もおすすめ

Sansan株式会社's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings