1
/
5

人とのつながりが私のやりがい!SES 営業の魅力!

こんにちは!人財推進本部の伊達です。

BTM の主軸事業の一つである SES 事業。
「SES(System Engineering Service)」とは、
お客様先で システム開発などを行うために、エンジニアを派遣し、
技術提供を行うサービスのことです。

今回は、大阪 SES 営業の藤田さんにお話を伺いました!
東京での営業経験もある藤田さんならではの視点で、
SES 営業の魅力を語っていただきましたので、
是非最後までお付き合いください!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
-SES 営業のやりがいや魅力を教えてください。

まず、同じ SES 営業でも地域差があることに面白さを感じています。
東京は企業数が圧倒的に多いので、お客様とエンジニアのマッチングがうまくいけば、
どんどん契約を取っていくことが出来るので、
営業として数字を突き詰めたい方には向いている環境かなと思います。

大阪は企業数が東京に劣る分、1 つのお客様と⾧く付き合っていくことが多く、
一度契約を結んだら、その契約が切れた後も違う案件をご紹介いただくことが多いんですね。
そのため、お客様との信頼関係がいかに築けているかがポイントになります。
「またお願いね」と、声を掛けてもらう度にやりがいを感じます。

-SES 営業をやっていて良かったなと思うことがあれば教えてください。

契約が終了したお客様や、退職したエンジニアの方から、
私個人に連絡をいただくことがあって、
そこから新たな契約につながることももちろんありがたいのですが、
私のことを覚えていてくれるのは、純粋に嬉しいと感じますね。

会社という枠を超えても懇意にしていただけるのは、
日々の大変な事や、辛いことも越えていく原動力になっています!




-お客様とのやり取りの中で、印象深いエピソードがあれば教えてください。

大阪での営業活動はお客様と本当に深く関わるので、
お客様先の一社員のように接していただくことがあります。

他社の営業担当者に、自社の事業計画は教えないことが当たり前ですが、
予算や人員計画などの様々な情報を開示してくれた上で、
将来の契約の話につなげてくれたことがあり、
信頼されていることを実感しましたし、
自分もその誠意に応えなければ、と背筋が伸びる思いでしたね。

-どんな方が BTM の SES 営業に向いていると思いますか。

お客様とエンジニアの方の橋渡し役なので、
相手を尊重できる方が向いているかなと思います。
ただ、自分の考えが全く無くて良いということではなくて、
伝えるべきことは、きちんと言わなければいけないので
臨機応変に対応する力が必要かなと思います。

SES 営業全体に言えることなのですが、「モノ」を売るわけではないので、
相手を思いやる気持ちが大切だと強く感じます。

-これから挑戦していきたいことがあれば教えてください。

この春から大阪 SES 営業のグループ⾧になったので、
メンバーの育成に力を入れていきたいですね!

私は今日お話ししたような営業スタイルですが、
営業にも様々なスタイルがあって、
どれが正解ということはないと思うので、
メンバー個々人にあった営業スタイルを伸ばしていきたいと考えています。

個々が自分の能力を最大限発揮して、
それが営業成績にも反映されるようなグループ作りができればと思います。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

いつも相手の目線に立って、
「その人のために」という一心で業務を続けてこられた藤田さん。
これからはメンバー育成という新たな挑戦も始まります!

人と人とのつながりを大切にし、
相手の喜びが自分の喜びや、やりがいにつながる方や、
相手との信頼関係を構築するためのコミュニケーション能力に自信のある方、
SES 営業に、挑戦してみたい、興味を持った方は、
是非一度お話を聞きに来てみてください!

株式会社BTM's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more