1
/
5

アルバイト入社から約3年半で部長職までなった話

ーはじめに

こんにちは!人事部の熊谷です!

今回はand TRUNKに2018年にアルバイト入社し、昨年2021年には管理部の部長職にまで上り詰めた、佐藤 匠さんにアルバイトから正社員になった経緯や部長職になるに至った経緯なども含めてインタビュー形式にて語ってもらっています!

📷


ー自己紹介

【名前】佐藤 匠(さとう たくみ)

【年齢】27歳

【出身】北海道札幌市

【趣味】ゲーム

【特技】歌うこと

【好きな食べ物】焼肉

【入社日】2018年

【所属店舗】札幌本社

【職種】管理部 部長



ーまずは、入社したきっかけを教えてください。

当時は焼肉屋さんでアルバイトをしながら、ヴォーカルスクールに通うフリーターだったのですが、スクールでのイベント出演や個人でのイベントが増え、アルバイトが出来ず、収入が減ってきていました。

焼肉屋さんは夕方から深夜にかけての出勤だったので、開いている午前から夕方にかけてアルバイトを探していたところ、ニーゴ・リユースの求人を見つけ応募しました。

その時、実は私の前に採用されていたスタッフがおり、もう募集枠は埋まってしまっていたようなんですが、何とかねじ込んでもらったようで、今思えばめちゃくちゃ命拾いしたなと思います(笑)

ーアルバイトから社員になろうと思ったきっかけは何ですか?

前述でもある通り、ヴォーカルスクールに通いながら、収入を安定させるためWワークを始めたのですが、収入を安定させようとすると、日々の音楽活動の時間が無く、なんのために音楽をやって、なんのために働いているのかがわからなくなり、悩む日々が続いていました。

そんな時に、現在人事部部長の清水さんに悩みを打ち明けたところ、「社員になればいいじゃん」と言ってくださり、そこからはどんどん話が進みスクールでの活動に区切りをつけて、正社員となりました。

実は当時、清水部長や木原社長なども忙しい中で僕のステージをみにきてくださったり、飲みに連れて行ってもらったりと働いていた社員の方々が本当に良くしていただき、こんな人達と働きたいという想いも強くなったのも決め手となりましたね。


ー正社員となってからキャリアアップなどは目指していましたか?

はっきり言って考えてませんでした。

もちろんもっと給料が欲しいという気持ちはありましたが、初めての就職先で、初めての社会人経験だったので、そんなに早くキャリアアップができるなんて思ってもいませんでした。

あとは自分自身が役職がつく想像もしていませんでしたね(笑)

ー現在の業務内容はどんなことでしょうか?

現在は管理部の部長を務めています。主に商品管理とEC販売を管轄し、商品管理では各店舗のアルバイトスタッフの作業スピードや在庫量と売上げ規模を確認し、最速で売り上げにするための指示出しや、作業の相談役としてアドバイスなどをしています。EC販売では販売後のお客様対応がメインです。そのほか、当社で使用しているエクセルやスプレッドシートを用いたデータ入力の自動化などの業務改善も担っています。また、ユニット長として札幌店・広島店の管理を兼務しています。

ー佐藤さんはボーカリストとしての夢もお持ちのようですが、両立などはできていますか?

正直なところあまり出来ていないですね(笑)

仕事も楽しく、音楽はほとんど趣味みたいなものになっています(笑)

生きていくための仕事と、趣味の音楽と割り切っています。

もちろん今はSNSなどの表現や発信の場がたくさんありますので、そういったところでの活動はもちろん考えています。

現在毎週出演させていただいている広島でのラジオでは、パーソナリティーの方が僕のキャラクター付けをしてくださっていて、歌を披露する機会をいただいたりしており、本当にうれしいです。まだまだ音楽も頑張っていかなくてはと本当に思いますね。


ー部長職はアルバイトからのキャリアとしては異例だと思いますが、なるために意識したことなどありますか?

がむしゃらに走ってきたらここまで来てたという感じが強いです(笑)

強いて言えば、思ったことは必ず言うように意識しています。

and TRUNKという会社は本当に風通しが良い会社なので、若手だろうがベテランだろうが、意見すると誰かが必ず拾ってくれて、話し合える環境が当たり前のように作ってもらえます。

言うタイミングと言い方さえ間違えなければ、だれに何言ったって良いと私は思っていて、人間関係でのトラブルや仕事でのトラブルも大体、話し合いで解決できるものだと考えています。自分が良いと思ったことは会議や普段の会話でどんどん周りに発信しています。

たとえその内容が間違ったものなのであれば、違う理由が必ずセットで否定されるので、そこでいろいろな角度からの考えを吸収して、少しずつ視野が広がった実感はありますね。

なので、私の言っていることが数か月前とは180度違うなんてことも感じますね(笑)。

社員の皆さんからはもしかしたら前と言っていること違うじゃん!と思われているかもしれませんが、それは私自身が成長している証だと勝手に思っています(笑)

ー佐藤さんの立場から今後and TRUNKに入社するスタッフへ and TRUNKの魅力など教えてください。

私はand TRUNKが初めての就職先なので、他の企業さんとの違いを肌で感じたことはありませんが、やはり社内の風通しの良さだと思います。

普段の業務から、会社の部長や幹部と電話やZoomなどを通して、話をする機会が多く、そこに硬い雰囲気はあまりないです。

毎月1回全社員がZOOMをつないで、会社の理念について共有して、自分の考えを発表したりするので、誰だかわからないという社員は一人もいません。

なので、遠く離れた地域の店舗のスタッフとも初めて会ったはずなのに、そんな感じがしないということは数多くあります。離れた地域の社員同士でZOOM飲みも行ったりしています。

僕も以前同期メンバーとZOOM飲みを開催した時なんかは、札幌店・仙台店・郡山店合同で繋いでますからね(笑)

この距離感を感じないところがウチの魅力かなとは思います。

ーさいごに

今回は佐藤 匠部長にインタビュー形式でお話を聞きました。

アルバイトから現在の部長職に至るまで赤裸々に語ってもらいました。

and TRUNKでも異例の出世となり、佐藤さんもインタビューの中でも話をしていましたが、がむしゃらに頑張っていればという言葉が全てかなと思います。

将来を見据えてキャリアを考えるのも大切ではありますが、まずは目の前のことを一所懸命にやりきるという姿勢が今回の佐藤さんの出世に繋がっているのではないかなと思います。

また、「思ったことは必ず言うように意識しています」と話をしていましたが、社内の風通しが良く若手でも関係なく意見できますし、みんなで会社を良くしていきたいという気持ちが強い一方で協調性もあります。誰かが困っていたら、必ず助けてくれる仲間もいますし、切磋琢磨しながらライバルのような関係性にもなれる。

and TRUNKはこのようにキャリア関係なく、若手でもチャンスを掴める環境です。

「やりたい気持ちはあるけど…」「キャリアアップして経験値を積みたい!」などやる気溢れる人材をand TRUNKは常に求めています。やりがいのある仕事やキャリア思考の人にはピッタリの会社です。少しでも気になった方はHPやWantedlyでand TRUNKについて書いてあるので覗いてみてくださいね!

アンドトランク株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from アンドトランク株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?