1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

オンラインでも伝わる熱気!社員総会で行われたスローガン発表や表彰などをレポート!

2020年3月8日、and TRUNKのオンライン社員総会が開催されました。例年は全国の店舗から札幌本社に集まり社員合宿という形式で行われる社員総会ですが、コロナ禍での開催ということでZOOMを使ったオンライン形式となりました。開催の模様をレポートします!

社員総会の流れ

社員総会は下記のタイムテーブルで執り行われました。

①各部署の成果報告と感想

②ice TRUNK

③各店舗7期スローガン発表+最優秀スローガン発表

⑤全社スローガン発表

⑥年間表彰式

今回は②〜⑤を中心にお届けします。

ice TRUNKとは?

ice TRUNKは毎月テーマを定め、合致しそうな社員を全店舗から投票し最多得票者を選ぶというもの。

「高額査定を必ずしてそうな人」といった真面目なテーマから「川で溺れたときに絶対助けてくれなそうな人」といったジョーク的なテーマまで、ランダムに毎月設定されます。

見事最多得票となった社員には「日々頑張ってくれている仲間たちに熱い気持ちをキンキンに冷えたアイスで」ということで、ハーゲンダッツのギフト券が贈られます。

今回受賞の皆さまおめでとうございます。ヒートアップした心と体をハーゲンダッツで癒してくださいね!

各店舗七期スローガン発表

and TRUNK全6店舗がそれぞれの七期にかける意気込みをスローガンにして発表しました。特に目立ったのが昨年入社の社員たちの高いモチベーションと勢い。店長をあえて置かずに若手だけで運営している店舗も増えている中で、心強さを感じるスローガン発表となりました。

郡山店「ツナグ」

年齢層が非常に幅広く個性的なスタッフが揃った郡山店。七期は「ツナグ」をテーマにさらなる成長を誓いました。

・お客様の思い出の品を次の方へツナグ

・and TRUNK ism を体現し、次の人材へismをツナグ

・お客様の「満足」を会社の利益、認知度にツナグ

これら3本柱を胸に、団結して進んでいきます。

高崎店「絶対買う」

昨年新卒で入社した木村による発表。木村は普段から数字に対する意識が非常に高い事を評価されています。店舗の黒字化を当面の目標とする中で「絶対買う」がスローガンとなりました。

「買うことへの執着」「商材への情熱」「喜ばれる接客」

上記は買取を成功させるための手段であり、最終的には買うことでand TRUNKが掲げる『満足買取』が成立する

上記を熱く語っていただきました。管理職不在の店舗なので、今後社員二人の一層の成長に期待です。

静岡店「全部簡単」

オープンして半年の静岡店は業務体制の構築や若手・アルバイトスタッフの教育が課題でした。やったことがない業務が発生した時の抵抗感、それを「全部簡単」というスローガンで解消します。

着手スピードがアップすることで生産性が向上する。そのためにまずはやってみる。やってみれば慣れてきてミスも減る。触ったことがないようなオーディオであっても、いじってみれば理解できる。

「全部簡単」には難しく考えずにまずはトライしようという思いが詰まっています。全店舗の中でも比較的業績が好調な静岡店のさらなる躍進に期待です。

札幌店「さらなる一歩」

目標としていた買取点数や成約率を下回る結果となった札幌店。七期は攻めの姿勢でお客様に一歩踏み込もうという思いを込めたスローガンです。

・さらに1点のお品物を出していただく為の雰囲気作り

・不成約への後追い

・現役のお客様への継続したコミュニケーション

上記のような働きかけをお客様に行っていくことが、札幌店の「さらなる一歩」です。某ボクシングマンガをモチーフにしたポスターは、六期の己を見つめ直し、七期はこれまでの己を超えるというメッセージが込められています。

仙台店「FAMILY 25mission」

コア店舗の一つである仙台店はチームとしてのさらなる強いつながりとスピード感のある業務の実現に向けたスローガンを打ち出しました。

チームの結びつけを深めファミリーとして戦っていく。映画ワ○ル○ス○ー○のようなチームをイメージして、困難を乗り越えていきたい

との思いが「FAMILY 25mission」には込められています。東北エリアの拠点として強い意志と推進力に期待です。

長野店「新呼吸 その買取で新しい呼吸を」

長野店は店舗として新しく、さらに配属されている社員も2020年入社で管理職を置いていません。他店舗の発表と異なり倉科と越の2名でコント形式のスローガン発表となりました。

どんなものにも価値がある。積極的に声かけをし買取点数を増やすことで「客点数へとつながる」「不用品に物としての価値が生まれる」「片付けがお金になる」。これこそが満足買取であり、不用品が呼吸を始めるように新しい価値を生み出す。

こういった思いで生まれたのが「新呼吸 その買取で新しい呼吸を」というスローガンです。鬼○の刃をモチーフにしたポスターも完成度が高く、大ウケの発表となりました。

最優秀スローガンは長野店「新呼吸 その買取で新しい呼吸を」

七期の最優秀店舗スローガンは幹部の採点投票により長野店に決まりました!長野店は若い社員に勢いがあり、特に今回メインでプレゼンターを務めた倉科と越はand TRUNKのコア部分への理解度が深く、成長スピードが著しいことで注目の社員です。

全社スローガン発表「負けない」

幹部全員で話し合い決定した七期の全社スローガンが木原社長から発表されました。「負けない」というスローガンには、コロナ禍による社会情勢、売り上げ、事業展開など、様々な逆風に立ち向かう強い意志が込められています。

もともと「背水の陣」や「抗う」という案が上がっていましたが、よりシンプルで伝わりやすいスローガンをということで「負けない」に決まりました。社会情勢が変化を続ける中で、勝ちに行くことよりも負けずに適者生存を目指すことが重要というロジックも背景にあります。

六期年間表彰式

社員総会の最後は六期活躍したメンバーの表彰式です。今回設けられた賞は5つ。それぞれ賞の選考基準とともに受賞者を発表します。

新人賞

6期入社の社員から買取点数や成約率、6期の貢献度と7期の期待度を考慮して評価された社員に贈られる

菅野誠(郡山)、倉科大聖(長野)

年間MVP

全社での買取点数や成約率などの数字の最優秀社員に贈られる

高橋克也(静岡)

ベストオブダーウィンフィンチ

今期から新しく新設した賞で、年間で一番評価できる改善案を出した人に贈られる

菅野誠(郡山)

特別賞

六期特別に設けられ、特別に評価したい社員に贈られる

坂牛(本社)

BEST of and TRUNK

and TRUNKの理念を社内で最も体現した社員に贈られる

倉科大聖(長野)

受賞者のみなさんおめでとうございます。特に倉科大聖(長野)、菅野誠(郡山)は複数の賞を受賞する快挙となりました!

4月の記事では受賞者インタビューをお届けする予定です。1年間and TRUNKでどのように働いてきたのか、どのような思いを持って働いているのか、リアルな声を深掘りしますのでご期待ください!

and TRUNK株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more