1
/
5
経営企画
Mid-career
on 2021-11-25 194 views

SaaS最前線でデータドリブンに成長戦略を描く、事業・経営企画メンバー募集

freee 株式会社

freee 株式会社 members View more

  • McKinsey & Company にて、IT・テクノロジー・製造業界を中心とした多数のプロジェクトを担当。その後、Googleにて日本の中小企業向けマーケティング、及びGoogleマップのパートナーシップ・ビジネス開発に従事。2013年7月より freee株式会社にCOOとして参画。現在はCFOを務める。

    東京大学工学部卒、同大学院工学系研究科 化学システム工学専攻を修了。大学院では、JAXAにおいて次世代のハイブリッドロケット推進薬の研究開発を行う。

  • 東京大学法学部を卒業、㈱野村総合研究所にて主に情報通信業界の企業向けのコンサルティングや経産省・総務省などの官庁の政策調査に従事。
    中小企業に向けたマーケティング支援のプロジェクトや、中小企業のIT化の促進をテーマとした研究発表を通じて、スモールビジネスのテクノロジー活用に問題意識を持ち、freee 株式会社に参画。
    現在は、財務及び政策提言を担当。Fintech協会及び電子決済等代行事業者協会理事。

  • freeeにてビジネス職全域の採用を責任者として担当しております。

    キャリアサマリー
    営業として8年間キャリアを構築し、新規開拓からの提案型営業、既存顧客へアップセル及びサービス営業の両方を経験。
    その後はIT業界に特化した人材コンサルタントとしてヘッドハンティング事業に従事していました。
    2017年より外資系IT企業のリクルーティングを経験し、2019年よりfreeeにジョイン。

    2019年:セールス領域(ERPコンサルタント、カスタマーサクセスコンサルタント、パートナーセールス等)
    2020年:ビジネス職全域

What we do

  • 年次関係なくフラットに議論し会える風土があります。
  • 開放的なフリースペースで社内の懇親会を定期的に開催しています。

freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションのもと、2012年に設立。以来、クラウド型会計ソフトを皮切りに、人事労務や会社設立支援と、スモールビジネスのバックオフィス業務を効率化するクラウドサービスを開発・提供しています。

しかし、freeeの目指す世界は、まだ始まったばかり。今後は、クラウドの力を最大限に活用したスモールビジネスのためのプラットフォームを目指し、これまでにない新しい価値とビジネスを創出していきます。

▼freee 株式会社
https://corp.freee.co.jp/

■組織として目指すこと
ムーブメントで世界を変える

■先例をつくり、未来をつくる
事業を進めていくに際し、freeeは常に新しい挑戦を続け、前例や慣行にとらわれず、組織戦略やオペーレーション、財務や人事など事業運営のさまざまな分野において先駆けとなり、未来をつくる存在となります。

■世界レベルのクオリティー
freeeはユーザーに最高のクオリティのサービスを提供し続けるべく、常に自分たちの提供するサービスの価値を世界レベルでベンチマークします。グローバルな投資家から出資を受けるなど広い視野のもと切磋琢磨し、技術とサービスの質を磨いていきます。

■成長を信じること
freee の成長はメンバーの成長によって実現されます。無限の可能性を持つひとりひとりのメンバーが常に新しい自分と出会い成長できるよう、組織としてのサポートに力を入れています。

Why we do

  • スモールビジネスこそ、最高の自己表現でイキイキと働いている人達が多く、イノベーションの源泉だと考えています。弊社はそんなスモールビジネスがもっとカッコ良い世界を創ろうとしてます!
  • 社内にはソファーがあったりビーズクッションがあったり…うまくリフレッシュしながら働けるようになっています。

日本は先進国7か国の中で労働生産性が最下位と言われています。
国内の99%が中小企業であるにもかかわらず、生産性が大企業の半分未満であるためです。

freeeはこの中小企業の労働生産性を変えるため、スモールビジネスの働き方を変えるプラットフォームを構築します。

会計や人事労務をはじめとしたあらゆる業務の電子化・自動化はもちろん、政府や銀行とAPI連携しAIによる信用スコアリングの算出によるオファータイプの融資を実現、またオンライン上での新規取引先拡大や取引までシームレスに可能にします。

プラットフォームだからこそ銀行よりも豊富な企業のリアルタイムな経営状況や企業間ネットワーク情報、そしてfreeeを運用することによって実業務から生まれる学習データにより、さらに2,3歩先のサービスのリリースを実現します。

経理や労務に明るくなくても使いやすいUIUXによって使われる、そしてfreeeを使いつづけることで業務効率化から収益改善までを現実にするパラダイムシフトを起こし、業界をけん引する企業としてより強固なプラットフォームを構築していきます。

How we do

  • ドリンクや小腹がすいた時のおやつはフリー!自然と交流やディスカッションが生まれるオフィスです
  • ちょっとしたミーティングや自席から気分を変えて作業をするときなどに使えるスペース、通称"ファミレス席"。

freeeではより快適にクリエイティブな仕事ができるよう福利厚生や社内人事制度などこだわりを持って設計しています。

■つばめっ子(子育て支援)クラブ
ベビーシッターサービスの利用料補助を始め、キッズデーの開催等、子育て中のメンバーをさまざまにサポート。

■フリードリンク
社内コミュニケーション活性化のため、ドリンク(コーヒー / ジュース / お茶等)は全てtake freee!

■weekly 1on1
マネージャーとメンバーが1対1で向き合う時間。
毎週30分、働き方やキャリアプランをいっしょに考えていきます。

■書籍費フリー
業務に必要な書籍は自由に購入OK!フロアに図書館スペースも併設しているので、必要な本は自由に借りることも可能です。

■選べる仕事環境とツール
PCはお好きなものをお選びいただけます。オフィスの様々なところにモニター・電源も併設されてるので、カフェスペースなど自由に場所を変えて仕事するメンバーも。

■TGIF
月1回、雇用形態に関係なく、全員集合してリフレッシュの交流会あり!美味しいご飯とリラックスの時間を毎回みんな楽しみにしています。

As a new team member

2019年末に東証マザーズに上場し2021年3月にはARR100億円の達成や上場後の資金調達を実現し、同4月には電子契約サービス「NINJA SIGN」を提供するサイトビジット社のグループジョインを完了しました。このように既存事業・新規事業ともに成長を続けております。
◆SaaS事業におけるKPIの重要性
SaaS企業にとって、会社の健全性や成長性の判断、経営の意思決定には「SaaS KPI」が大きな役割を果たしています。「SaaS KPI」を測定・分析することで、現状をしっかりと把握し、先の先を見通したうえで的確な施策を打つことが可能になります。弊社では投資家に向けた決算説明資料にもこの「SaaS KPI」を開示していますし、もちろん社内でも最重要指標の一つになっています。弊社の事業・経営企画を担うSaaS Navigatorチームでは、この「SaaS KPIの分析」と「分析に必要な基盤構築」を一気通貫で行っております。
◆分析に必要な基盤構築
KPI算出・分析を行う大前提として、信頼できるデータが格納されていることが前提になります。よく耳にする話として「分析は実施したがそもそものデータの確からしさがない」「各事業にデータの保守を任せたが定義が違うので統合できない」といったものがあります。弊社では分析を行うSaaS Navigatorチームが、課金基盤開発に対するアドバイザリーやプロジェクトマネジメントから、グループジョイン会社を含む事業全体のオペレーションの構築・統合までを実行しており、事業の変化をスムーズに分析まで繋げています。
◆SaaS KPI 分析の面白さとやりがい
SaaS事業の面白さはストックビジネスがゆえの予見可能性の高さであり、そこに偶然ではない科学を起こせるところにあると思います。ことSaaS KPI分析とは、そのKPIの変化要因を、無限に近い切り口の中から仮設を立て分析を繰り返し、データドリブンに未来を紐解くことである、考えています。また、その分析を実現するためには会社自体や各事業の方向性についての理解だけではなく、お客様の特性やプロダクトについて深い理解を持つことで初めて実現するとも思います。SaaS Navigatorチームでは、オペレーション構築から携わっているからこそ、分析に必要な切り口の実現方法を把握することが可能であり、複雑な内容でも結果の確からしさに自信を持ってアウトプットを行っています。分析結果はCEO、CFOを始めとした経営層に対して、定期的にプレゼンテーションを実施しており、事業計画への反映や、投資家とのコミュニケーションのファクトとして活用されるなど、事業へのインパクトを肌で感じることが出来ています。
◆チームの未来
今後も非連続的な成長を目指しておりますが、そこにはこのSaaS Navigatorチームの出す示唆が経営判断の材料として非常に大きなインパクトを与えると自負しております。このチームのアウトプットを一層増やしていくことで、グループジョインや新プロダクトリリースを含めた足元の大きな事業変化を早期に吸収して、より先の未来をよりクリアに見通し、弊社を日本のSaaS事業のBest Practiceまで持ち上げたいと考えています。勘ではなく、真にデータドリブンに事業の成長を描く。そんな経営の羅針盤たるfreeeのSaaS Navigatorを中核として共に加速させていく、そしてその中で一緒に成長していける方のご応募をお待ちしております。

財務担当として、下記のような業務をお任せしたいと思っています
◆SaaS KPI 分析
全社経営戦略の検討に向けたSaaS事業KPIのモデリング・定量的分析
分析を基にした事業戦略の策定、及び経営層への提言・意思決定材料提供
分析基盤構築
拡大する組織・事業に対応する管理会計フローの制度設計
全社の業務オペレーションの保守・改善
新規事業におけるオペレーションの新規構築
グループジョインした会社との業務統合設計
課金基盤開発に対するアドバイザリーやプロジェクトマネジメント
◆必須要件
未経験でも新たなことに興味をもち、チャレンジできる人
物事の本質を捉える論理的思考力
自らオーナーシップをもってPDCAを回し、業務を進められること
データの取得、前処理に必要なプログラミングスキル (SQL等)の実務経験、または高い学習意欲
財務会計、管理会計に基礎的な理解がある方
当社のビジョン、事業へ共感いただける方
◆歓迎要件
戦略・業務コンサルティング、投資銀行、経営企画職での職務経験
FP&A(Financial Planning & Analysis)部署での勤務経験
プロジェクトマネジメント経験
多様な部門との折衝・交渉の経験がある人

Highlighted stories

【2020最新版】freeeの成長を支え続ける社員のストーリーまとめ
財務は成長速度のペースメーカー ──予算を通した組織づくりのために
freeeのインフラ基盤を整える仕事を担ってきた。一貫した技術力への向上心
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
freee 株式会社
  • Founded on 2012/07
  • 481 members
  • CEO can code /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル9F
  • SaaS最前線でデータドリブンに成長戦略を描く、事業・経営企画メンバー募集
    freee 株式会社